ボマーン/悪のボスと猫。


悪のボスと猫。 (アクションコミックス)

■どうということもないが、 見開き2ページ、ノンバーバル、という点で これ外国で売ってもいけるんじゃなかろうか。 ・・・でも開きは逆か(となると1ページ4コマものの ほうがより向いているのかも)

悪の組織のボスって、猫飼ってそうだよね、よく飼ってる気がする、 みたいなところから発想されたマンガ。というか、それだけ。 そこがいい!とまでは思わなかったが、このアイディアは良いと思う。


2ページもののショートショート。 ボスはニヒルだが、ククク、フハハ、という笑いしか発しない。 そんな彼は部屋で猫を飼っており、その猫は当然のように 猫らしく傍若無人。それを見ながら、ボスはどんな状況でも愛おしく 笑うのだった。


ええ話やん、というか、まぁ、悪のボスだって人間だよね、というか、 まぁ大抵は悪の組織のほうが人情味あって温かいものだったりはします。 いや、リアルな世界のはどうか知らんけど、それでも、長く続いている 老舗組織ってそういう感じなので、代々続いているところはマフィアでも なんでもそういうファミリーっぽい雰囲気はありそう。


一方でネコマンガとしてみると猫あるあるネタはまぁ普通。よくあるもの。 でも猫のかわいさが、マンガらしい可愛らしさとリアルさとがミックスされていて、 妙に生々しい。いやあ、著者は芸達者というか、いろんな絵が描けるのね。


ボスが子煩悩ならぬ猫煩悩っぷりを発揮しつつも、 ダンディさニヒルさは維持しており威厳を維持している。 この手の話はギャグが行き過ぎて キャラクターも崩壊していくことが多々見られるが、 フラットなキャラクターをフラットなまま維持しないと 作品世界が崩壊してしまう。 きちんと線引できている作品は読んでいて安心する。


【データ】
ボマーン
悪のボスと猫。
【初出情報】(Web掲載以外)漫画アクション(2016年〜2017年)、月刊アクション(2016年〜2017年) 【発行元/発売元】双葉社 (2017/2/28) 【レーベル】ACTION COMICS 【発行日】2016(平成28)年2月28日第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準)
■購入:
amazon→悪のボスと猫。 (アクションコミックス)
ツイッターで累計15万RT、300万ビューの大人気ショートギャグがついにコミックスに。悪の組織のボスって、よく猫飼ってる気がする…という2ページ漫画。そんな「いかにも」な悪のボスと猫たち(そしてボスの部下や、ボスの命を狙うスナイパーたち)の日常。ツイッター版の描き直しを含め、描き下ろしイラスト満載でたっぷりお楽しみ下さい!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 ボマーン/ケイくんとアヤメさんがルームシェア
ボマーン/ほほかベーカリー
【オススメ】 ボマーン/ヒントでみんと!
■当サイトの月間オススメはこちらから

2017-03-10


●2017年3月10日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

小学館 ビッグ コミックス〔スペシャル〕 BLUE GIANT 10 (ビッグコミックススペシャル) 石塚真一

★(電子版同発) 小学館 ビッグ コミックス 恋は雨上がりのように 7 (ビッグコミックス) 眉月じゅん

★(電子版同発) マッグガーデン ブレイドコミックス 魔法使いの嫁 7 (コミックブレイド) ヤマザキコレ

小学館 ビッグ コミックス トーキョーエイリアンブラザーズ 3 (ビッグコミックス) 真造圭伍

小学館 ビッグ コミックス〔スペシャル〕 8月のゴースト (ビッグコミックススペシャル) 降本孟

小学館 ゲッサン少年サンデーコミックス マチネとソワレ 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス) 大須賀めぐみ

☆(電子版同発も同価格) 小学館 ビッグ コミックス あかねのハネ 1 (ビッグコミックス) 磯谷友紀

小学館 ビッグ コミックス カブちゃん 1 (ビッグコミックス) 鍬形ゆり

☆(電子版同発も同価格) 小学館 ビッグ コミックス 人狼執事の物騒な日課 1 (ビッグコミックス) 村岡恵

小学館 ビッグ コミックス〔スペシャル〕 バイオレンスアクション 1 (ビッグコミックススペシャル) 浅井蓮次/沢田新

小学館 ビッグ コミックス〔スペシャル〕 BLUE GIANT SUPREME 1 (ビッグコミックススペシャル) 石塚真一

小学館 ビッグ コミックス〔スペシャル〕 本命はポニーテール 1 (ビッグコミックススペシャル) 結城さくや

マッグガーデン ブレイドコミックス 終わりのち、アサナギ暮らし。 1 (BLADE COMICS) 森野きこり

マッグガーデン ブレイドコミックス 竜の七国とみなしごのファナ 1 (BLADE COMICS) 田中清久

●マンガは電子書籍で買うことにしているので購入は専らネット書店で、ということなる。買い方だが、こういうブログをやっていることもあり、というかそもそもそういう買い方をしようと思ったのでレビューブログも始めたのだが、新刊リストを見ながらチェックしてカートに放り込む。ネット書店が日ごとに用意している新着ページが一番便利、なのだが、紙書籍なら通用したやり方が電子書籍だとあまり機能しない。一日に500件、という日が週に1度2度登場するのである。なんでか、といえば、100円程度で販売している分冊ものや、旧作の電子化が一挙にアップされること、さらに既発の作品がキャンペーン価格になって再発扱いで取り扱われる、セットものも掲載される、などのせいである。このリストを常時使う人のことを考えれば、せめてキャンペーン価格での再発扱いはリストから外すべきだろう、と思うのだが。バーゲン価格になる前に買っている者も多いので不愉快でもあるし、そもそも電子版として純粋な新刊でないのであればノイズでしかない。こうしたことを、出版社側も考えていないのだろうし、書店側も考えていないのだろう。客に適切な情報を提供する、ということがすっ飛んでいる。まぁ、それでいいと思ってるならしょうがないんだけどね。とりあえず満足度や推奨意向は極めて低いのは確かです。

2017-03-09


●2017年3月9日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

★(電子版同発) 講談社 週刊少年マガジンKC バウンダー 最強の少年 項羽(1) (週刊少年マガジンコミックス) 大山タクミ

★(電子版同発) 講談社 週刊少年マガジンKC うそつきは初恋のはじまり(1) (講談社コミックス) 西島黎

★(電子版同発) 講談社 週刊少年マガジンKC 女神のまつげ(1) (講談社コミックス) 駿河比呂

★(電子版同発) 講談社 週刊少年マガジンKC とりぴき(1) (講談社コミックス) 久世蘭

★(電子版同発) 新潮社 バンチコミックス 三成さんは京都を許さない 1: -琵琶湖ノ水ヲ止メヨ- (BUNCH COMICS) さかなこうじ

新潮社 バンチコミックス SHOW BY ROCK!! BUD VIRGIN LOGIC ひみつの因果律量法則!アイレーンちゃん様 1 (BUNCH COMICS) ちゅー太/株式会社サンリオ

★(電子版同発) 日本文芸社 ニチブン・コミックス にゃん組長(1) (ニチブンコミックス) 杉作

★(電子版同発) 日本文芸社 コミックヘヴン とうげる!ヨツワちゃん (ニチブンコミックス) 苺野しずく


2017-03-08


●2017年3月8日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

★(電子版同発) 秋田書店 少年チャンピオン・コミックス 栄冠はオレに輝け!! 1 (少年チャンピオン・コミックス)(2) 山本真太朗

祥伝社 フィールコミックス カラスのいとし京都めし 1 (Feelコミックス) 魚田南

祥伝社 フィールコミックス FC SWING 13月のゆうれい 2 (Feelコミックス FC SWING)高野雀

祥伝社 フィールコミックス FC SWING 地獄のガールフレンド 3 (Feelコミックス FC SWING) 鳥飼茜

★(電子版同発) マッグガーデン エデンコミックス にがくてあまい 13 番外編 (マッグガーデンコミックス EDENシリーズ)番外編(完) 小林ユミヲ

★(電子版同発) 秋田書店 少年チャンピオン・コミックス 実は私は 22 (少年チャンピオン・コミックス)(完) 増田英二


● 水曜日のカンパネラ 日本武道館公演〜八角宇宙〜 @日本武道館 ¥4,888-
とうとう水カンが武道館。今回も安定の10分押しスタート。 しかし正直言って前回の中野サンプラザ よりも更に水カンの良さが薄れたように思うライブだった。
四方八方どこからでも見やすいよう、 アリーナ中央にしつらえたステージはよく考えた末なのだろう。 しかしそれとバーターで今回はコムアイはステージから動かず。 今までの魅力は縦横無尽に客席も使ってパフォーマンスする ところだったと思うのだが、それを封印してしまった。
そして、中央にステージを作ったためか、スクリーンはなし。 生身の人間を見るには、武道館はちと広い。それを覆す場面は、 一部のみだった。ダンサーを多く出しても、 そうした演出が効くのは宝塚劇場のようにキャパ2,000が限界。 いや、八方に広がる武道館なら14,471とされるキャパを8で割って 2千未満になるから妥当なのだ、というのかもしれないが。
客席も使ったハプニング的な演出を廃するのであれば、 エレクトリカル・サーカス的な方向を目指すのが良いと思うのだが、 それも中途半端だったのが残念。まぁお金かかるか。
宙吊り中に「ラー」の曲がかからないハプニングや、 カレーメシくん登場の場面が一番面白かったというのは 問題なのでは。そしてMCが魅力なのに今回はほぼMCなし。 勿体無い。
ところで、なんか取材も入っていたみたいだけれど、 松岡正剛氏を撮るみたいな企画を有料の客入れている 現場でやるセンスはどうなんだろう・・・。
あ、献血させたいんなら、オールナイトイベントなんかどうですかね、 朝方に血抜いてから帰ってもらうとか。

2017-03-07


●2017年3月7日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

☆(電子版3/13) 講談社 KCxITAN 親愛なるA嬢へのミステリー(1) (KCx) モリエサトシ

★(電子版同発) 講談社 アフタヌーンKC ブタイゼミ(1) (アフタヌーンKC) みかわ絵子

★(電子版同発) 芳文社 まんがタイムコミックス 課長と私のおかず道(1) (まんがタイムコミックス) 梨尾


2017-03-06


●2017年3月6日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

★(電子版同発) 講談社 ヤングマガジンKC ネオンさん(1) (ヤンマガKCスペシャル) 村田ひろゆき
● 日本橋に住んでいた頃、シティカードの優待で見つけて行ったのが 東京駅八重洲口前にあるバー、コードネーム ミクソロジーだった。 雰囲気良く度々通ったが赤坂店が出来た頃に 日本橋から引っ越したので足が遠のいて久しかった。
オーナーの南雲さんはNHKの「美の壺」やフリーペーパーの 『メトロミニッツ』などで拝見し頑張っているなぁ凄いなぁと 思っていたが昨年は六本木に出店、さらに今年は銀座にも出すと。 やり手ですな・・・。
今回は久々に日本橋の店へ。でも趣向を変えて、 同じビルにあるミクソロジーラボラトリーへ。 ここは入り口がダミーであるという・・・入り方は、まぁ、 お店にお尋ね頂くとして。こちらはラウンジのような雰囲気。
その中で、久々なのでウイスキーではなく、 日本酒のような升で出てくるウオッカや トムヤムクーラーなどユニークなカクテルをオーダー。 これがユニークなだけでなくて味も決まっている。 普通のカクテルは一つの味を形作ってぴしっと決める ものだが、このお店の場合はそこに変化を設けようとしている。 そこを面白いと思い美味しいと思える人にはオススメ。

【オススメ】 阿弥陀しずく/からっぽダンス


からっぽダンス 1 (Feelコミックス FC SWING)

■【オススメ】好きになった相手が結婚することを知った不器用な女性が、 年下でストーカー気質の男性と付き合うことになる。

既に完結した作品(からっぽダンス 4 (フィールコミックスFCswing))ですがレビュー漏れだったので今さらですがご紹介。 先輩に呼び出された男性が二人でラーメン屋に、 というところから話が始まる作品は著者が著者だけにBLなのか? と思うわけだが、そうではなく、その店に女性がやってきたことで話が動きはじめる。


先輩は女の子と付き合っても長続きせず振られてばかり。 女心がわからないうえにストーカー気質があるらしい。 ところでそんな彼の職業は、警察官であるという。


一方の女性はクールに見えるがこちらはこの十年ほど 男性とおつきあいもしておらず、いま派遣で勤めている会社 で気になる男性にアプローチしようとしたところで その人が結婚寸前であると知る。しかもそのことは周知のことで 気づかなかったのは自分くらい。そんな彼女に彼はアプローチするのだった。


ああ、失恋直後の人にアプローチするのは正しいよね、と 思いつつ。割れ鍋に綴じ蓋なのか、微妙にすれ違いつつ、 ストレートな物言いをする二人は案外とよいコンビに見える。 加えて彼女はアイドルファン。行きがかり上、 彼女は彼をコンサートに連れて行く、という展開で、 なんだこの話?普通の作劇と全然違うぞ?と思い始める。 このズレ具合が素敵。


オーソドックスな恋愛マンガであれば二人の関係だけに フォーカスしがちだが、そういう話はもう既にありふれている。 そんななかで本作のように 生活のディテールが描きこまれている作品は、 ひと味ちがう面白さを感じさせる。


話の作り方としては狂言回し的に存在する後輩の男性の存在が オカシイというか都合が良すぎるのだけれど、まぁ、それはそれとして。 ドルヲタ話としては ひうらさとる/ホタルノヒカリ SP というのもあるのだけれど、あれはちょっと深いところに行き過ぎて なんだかわからない話になってきているので・・・。物語の展開上、 限界ってのはあるよね・・・。


【データ】
阿弥陀しずく (あみだしずく)
からっぽダンス
【初出情報】FEEL YOUNG(2014年) 【発行元/発売元】祥伝社 (2015/1/24) 【発行日】2015(平成27)年1月24日発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→からっぽダンス 1 (Feelコミックス FC SWING)

久我慎一郎(くがしんいちろう)24歳、警察官。惚れちまったらストーカー。惚れる→追いかけ回す→フラれるの3連コンボを繰り返すストーカー警官・久我が出会ったのは片想いに破れたばかりの美人OL・月島(つきしま)さん。さっそく近づきデートに誘ってみたら、彼女に連れて行かれたのは女だらけの東京ドーム。そして爆音と共に始まったのは男性アイドルのコンサートで──!? ストーカー警官(ポリス)と! ドルオタ残念美人の! じれっじれのラブコメ!! 同時発売ほのぼのBL新定番まんが『こんなはずでは』との連動小話も掲載!



■当サイトの月間オススメはこちらから

<< | 3/1179PAGES | >>

search this site.

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW



fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
LDK(エル・ディー・ケー)
MONOQLO(モノクロ)
家電批評
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM