神宮外苑花火大会

神宮外苑花火大会 東日本大震災・熊本地震復興チャリティー 〜日本を元気にする花火〜 @明治神宮外苑 軟式球場

前日の土曜日は雷雨の影響でたまがわ花火大会は中止。順延なし。 鶴見川花火大会は開始5分で終了したが、 雷とのコラボレーション動画があげられており一定のネタには なった様子。いや、多摩川河川敷では落雷でけが人出てるのでシャレではすみませんが。

そんな雨続きの東京で日曜も危惧したものの、 神宮は奇跡的に雨が一滴も降らずに開催終了。 軟式球場は芝生の上に座って見るスタイル。 だが食べ物買おうと人待ちの長いところに並んでいたら これがなかなか列が進まず。ただおかげで 岡崎体育とゴールデンボンバーを割りとじっくり見ることができたという。 どちらも、屋根のない野外フェス向けではない、というか 屋内のほうが百倍楽しく見られる気がしましたが。

ところで花火。1時間、間近で見られて色鮮やか。 爆発するような金の泡のような花火は、ビール会社が 協賛したらいいんじゃないかと思いつつ、 花火はじまるとビール屋は屋台速攻閉めてましたな。 しかし日本の花火は同じものの繰り返しなので、 ぼけっとビール飲んで見るくらいじゃないと飽きてくるのが正直なところ。 外国の花火だと音楽の載せて、といった構成で見せるようだけれど、 日本はなんか技術一本やりで、これだけで 客を惹きつけられるのはいつまでだろう、と思ったりするが、 いやそれで300年くらいもっているのか。


清龍酒造の蔵元見学ツアー

清龍酒造の蔵元見学ツアー

ということで 、蔵元見学コース、という名の利き酒会に行ってきた。3,000円也。居酒屋に行って、そういえば蔵元見学ないのかなという話題になり、あれだよ、WBSで見た盛り上がる飲み会がここだよ、と話がつながり、では、ということで予約をしてみた。

初めての参加ということで先方からはうちの利き酒会は普通のものと違ってうるさい感じですが大丈夫ですか、と心配されたが、テレビで見てます、というとああじゃあ大丈夫ですねと安心されたご様子。はい、覚悟して行きました。

大宮から宇都宮方面へ3駅の蓮田駅下車で東武系列の朝日バスに乗り停留所4つめ。ちなみにバスは同じ目的の人で混雑するのでタクシーという手もあるかも。自家用車?ドライバーさんが可哀想なのでそれはどうかな・・・。

初回は登録必要。そこで白い紙の会員証カードをもらいます。これは、居酒屋清龍にもっていくと升酒一杯サービスしてもらえるそうな。保持してから一年経過して再び蔵元見学コースに参加すると黒いラミネートのカードに変えてもらえるとのこと。ちなみに特典は紙のカードと変わらないそうな。

受付時にウコンの力を用意している。準備いいな、くれるのか、と思ったら売り物だった。すごいな。前にカクヤスのイベントで飲み会前に皆に配布されて、そんなイベント初めてだわ、と笑ったが、以降もそんなイベントには出会っていない。

で、最初の挨拶から、潰れる人が毎回出ていると。潰れたら記念撮影すると。それを笑わせながら話していく。ここの社長が、エンターテイナー。話が上手い。前半の蔵元見学は、社長の力で持っている。いや、凄いよ、よくぞここまで、という話術。鍛錬の結果なのか、もともとなのか。ところで見学内容自体は正直どうということはない。まぁ、後半の飲み会のおまけなのだろう。本当に作っているところまで入れるわけではない。当たり前だ、食品作ってるんだから。

見学コースというか飲み会は土日平日と週4回ほど開催。日によって微妙に内容が違うらしい。土曜は焼酎のハナタレが出るんだそうな。アルコール度数70度。これを目当てて来る常連さんが多いんだと。WEBサイト見ている限りでは初心者には違いがわかりませんが。

内容はどうだったかというと、会場がまず寒かった。酒のんで熱くなるから、ってつもりなのかもしれんが徐々に冷やしてくれないかなと少々思った。酒は居酒屋で出てくる利き酒セットと同じか?量がたっぷり。全部飲むと二合半だか三合だかになるという。会が進むと追加メニューが次々。お酒は・・・大吟醸は気に入ったけれど、他はまぁ別に、という感じ。なんだろう、いっぺんに出されると、これ美味い!となりづらいし、なんか出さなくてもいいお酒もあったように感じて、近くに席のお客さんも「別に買って帰りたい酒はないかなぁ」みたいな話をしていたのに同感だった。食事は量は十分だが味は葬儀なんかのときに食べる精進落しの仕出しって感じ。要するに、美味くはない。追加で600円払うと季節の一品料理もあったらしいが。

そんな感じで、まぁ、3,000円払ったらもっと美味いもの喰って飲めるところはいくらでもあると思う。そもそも清龍さんの居酒屋行ったほうがいい。一方で、この会は面白かった。というか、すごかった。キング・オブ・利き酒会である。エビ中をキング・オブ・学芸会と呼ぶような、そんな意味合いで。生演奏つきで社員が煽る、飲みが進んで皆手拍子だの掛け声だの。会場が熱くなる。たしかに冷房効かせたほうがいいってのはわかった。下手なライブより盛り上がった。まぁ酒飲み集めて酒飲ますと最強って話にすぎないんですが。ちなみに最凶とか最狂にもなりがちなので要注意。

しかし、酔うなとか自分のペースでとか言っている割に、新しい酒が来るので杯あけろ、という矛盾。まぁ酒飲みが来ているので一つ二つくらいはすぐあくだろう、って話なんだろうが、まぁこれはオーバーペースになる人いるよ。ちょっとした地獄を垣間見たい人にはオススメします。自分が地獄つれてかれないようにね。

ってか色々書いてからこんなのあるの気づいた。リンク張るだけで良かったかも。 清龍酒造の蔵元見学はパラダイス - デイリーポータルZ:@nifty


清龍 吉祥寺店

● 清龍 吉祥寺店

ももクロ帰り に味スタから急行バスが出ていたので武蔵境と吉祥寺と悩みつつ吉祥寺行きへ。せっかくなので駅前で気になっていた 清龍 吉祥寺店 に向かった。

蔵元直営の居酒屋で池袋にもあるのだが、訪れるのは初めて。 升酒180円からと値付けはクレイジー。さすが直営店。 利き酒セットが5杯で780円、これが結構な量で飲みごたえあり。

雰囲気としては、テンアライドの天狗あたりに近いかな。ってデュワーズの ハイボールなんかあるからじゃないかって気もしますが、いや、 お安くて量があって美味しくて、という点で共通していると思います。

いやあ今度は酒造のツアーに行きたい!まえにWBSかなんかでもやっていたように思いますが。 → ツアーご案内|清龍酒造


アートアクアリウム2017「芸妓・舞妓ナイト」


アートアクアリウム 2017 〜江戸・金魚の涼〜 &ナイトアクアリウム @日本橋三井ホール(コレド室町1)  ナイトアクアリウム・スペシャルイベント「芸妓・舞妓ナイト」

開催前日に気づいて前売り券を慌てて購入。21:30入場開始で22:00と22:45から 藝妓さん舞妓さんのステージあり、23:30退場という2時間のイベントもの。 2,500円で1ドリンクチケットつき、ビール小瓶やモヒートはそのまま交換可で、 他のカクテルに使う場合は500円引きになる、と。
IMG_3145.JPG
度々訪れていて、まぁ、別に代わり映えはしないのだが、しかし 代替イベントはないので、もはや夏の風物詩として伺う状況。 夜だとドリンクあり持ち込み可なのは嬉しい。よくわかってる。
IMG_3176.JPG
そしてまたインスタ映えするんだこれが。素人が撮っても綺麗。 素晴らしい企画です。


こんなの売ってるのね。アートアクアリウム プリズリウムF18 リュウキンミックスver.

丸鶴

【板橋区飲食店探訪】
● 丸鶴
いろんな意味で有名なお店。店内はがちゃがちゃ。
チャーシューチャーハン ¥850
出てきた瞬間の 量は少なめに見えるがそれは見せかけ。チャーシューたっぷりで、 チャーハン食べてるのではなくチャーシュー食べる感じ。 そのサービス精神があだに。 味が濃くて単調に思えて食べるのがしんどくなってくる。 なお チャーハンはしっとり系だが美味いのでシンプルなチャーハンのほうが正解かも。
ちなみにレバニラは、もやししっかり、レバーは硬くなく、箸が進むお味でした

タニーチャ

タニーチャ

西麻布から愛宕に移ってきたお店。 時間かかる、という話を聞いたので覚悟していたが確かに3時間かかった。 まぁ水天宮のキオキータで4時間って経験があるのでまぁ・・・。

個室、テーブル、カウンターとあるが店は小さいし音はツーツー。 時間はかかるが味は素晴らしい。ただし、メインに至るときには2時間を ゆうに超えており、しかもメインが味も濃いので、これ、量は半分でいいんじゃないか、 と思うようなお年頃。この店は来る人絶対若い者同士ではないと 思うのでこの量は要らないんじゃないかなぁ。まぁ別のコース選ぶとかアラカルトにすりゃいいんだろうけど。

最初に出てきた突き出しのようなスナックはどこぞのおかきのような微妙なカビ臭さがあったのでそんなもの出さなきゃいいのにと思った次第。 スタッフサイドの雰囲気が微妙な感じだったのは偶々なのだろう、と信じたい。

もつ焼 碁ゑん,そば処 田中屋

■北区・板橋飲食店めぐり。■
そば処 田中屋
別に食べログにも情報はある ですよ。清水町の、曙商店街にあるお店。 11時〜15時、17時〜20時30分で木曜定休。
この店を何で意識したかというと、 NHK「サラメシ」 。近所である 西が丘のナショナルトレーニングセンター に密着した取材で対象者がここでカレーそばを食していたのだった。
というわけでカレーそばを食べに行った・・・つもりだったが、 結局食べたのは季節限定なのだろうが桜えびのみぞれ蕎麦。 これはなかなか絶品でした。ここのお蕎麦は白く極細。 ざるそばのつゆというかかえしはちと甘かったが、 みぞれそばだとちょうどよい塩梅。 今度は夜に飲みにきてアテを試してみたい。

海鮮大衆酒場ル うなり
どんな店名やねん、と思うが 王子に新たな歴史を刻む爛ジュアル寿司酒場“ 「海鮮大衆酒場ル うなり」というポテンシャル - フードスタジアム フードスタジアム という記事を読んで気になっていた。 場所はなかなか素敵な バーBros. の隣。元はオイスターとか出してた店の後ではなかろうか。 で、王子の店にしては、狭い。間口狭い店の多い十条なみ。 テーブルなんか手狭で、しかもメニューは置き場所がないんだけど状態になる。 面白いのはテーブルにキンミヤ焼酎一本がどんとあって、 サワーなどはセルフでついで会計時に精算というシステム。ホッピーでも 中を頼む必要がないということ。魚中心のメニューは面白く、 刺し身は分厚く切ってあって、そういうのを喜ぶ人には良さそう。 味は諸々悪くはないが酒飲み向けの濃い味付け。で、 コストパフォーマンスという点ではどうだろう。 寿司の具を載せたいなり寿司はアイディアは確かにユニークだし インスタグラム映えもしそうだが、所詮はそういう志の料理屋でしかないともいえる。 個人的には隣のBros.の料理のほうが好みかも・・・。

もつ焼 碁ゑん(ごえん)
十条銀座、っていうか仲通り商店街か。向かいの「千曲川」が中国人経営の「カジュアルレストラン」 というよくわからん店に変わったと思いきや既に「 ベトナムレストラン ノンラー 」という店に転換していた。なんか最近中国系の方は日本で中華以外の料理をやりがちだが、 基本的に自国の料理を提供しないと客はついてこないような気がします。まぁベトナム料理店に 本当にベトナム人シェフがいるかは分かりませんが。
それはそれとして。その向かい。うなぎの寝床のようなカウンター店、だが2階もあるらしい。 まぁ1階は見る限り毎度埋まっている。そんな店に閉店間近にふらっと。 食べて飲んだ後だったのだが、いや、それでも十分いや十二分に美味しかった。 酒も、気が効いた出し方をしてくれる。焼き物は素材も焼き加減も上出来。 いやあ、埼玉屋いくならこの店のほうが、居心地もいいし美味い。 埼玉屋さんはエンターテイメント好きの方にはオススメしますが、コストパフォーマンスは 悪くないものの、まぁ店主が吹くほどの店ではない。


<< | 2/3PAGES | >>

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM