sora tob sakana presents「天体の音楽会 Vol.2」@Zepp Tokyo

sora tob sakana presents「天体の音楽会 Vol.2」 @Zepp Tokyo  スタンディング¥4,500,2F指定席 ¥5,500

sora tob sakana band set / Tempalay / YURiKA / PAELLAS / フィロソフィーのダンス JYOCHO / パンダみっく(オープニングアクト)
DÉ DÉ MOUSE / DJピエール中野(凛として時雨)

・パシフィコ横浜では私立恵比寿中学のファンクラブイベントが開催されていたが涙をのんでこちらを選択。尺は物足りなかったが、凝縮された良いステージを見せてもらった。

sora tob sakana は年に数回のバンドセットでの登場。音は格好いいが、その音圧にヴォーカルが聞こえづらい部分があり、調整はしてくれるもののなかなか難しいなと。PA卓前で聴いていれば良いのだろうけど。ニューアルバムからは「knock!knock!」に加え「WALK」も披露、そうした新曲がセットリストに馴染むところが素晴らしい。良く踊れて良く歌う、好調そうで何より。メジャー1stアルバムは3/13リリース。これもエビ中(と同じか。 →【Amazon.co.jp限定】sora tob sakana/World Fragment Tour (初回生産限定盤) (3枚組)(ブロマイド付)



・開演時間には間に合わず、オープニングアクトは見られず。  PAELLAS を途中から。聞いたことあるぞ?なんでだろう…。やっている音楽は好みだが、セットリストとしてバラバラで統一感なかったのでイメージがあんまりつかなかった。

YURiKA はアニソンの人だけあって、初見の客相手が堂に入っていた。自己紹介しつつ、なぜ今回この場に呼ばれたのか、を丁寧に説明。わかりやすい。かつ自身のプロモーションもしっかり。ツイッターではオサカナちゃんからのメッセージを掲載し、一緒に撮った写真もアップ、と、営業上手。完璧だわ。

JYOCHO はきれいな残響系、というか残響系が格好いいとするなら、きれいにまとまっている感あり。ギターはすごいなと素直に思った。

フィロソフィーのダンス  MCなし、ロックバンドが気を使って感謝の意を表明するのに対してそれもなし。それでいいんだと思う。良い曲ばかり、ステージ狭しと動きまくる。やっぱり良い。衣装がばらばらなのは多様性かなんかを示しているのかしらんが、これだけはいつも気になるんだよな…。

Tempalay  カーネーション の直枝さんがこの世代だったらこういうバンドやってたんじゃないかな、と思うような感じだった。しかし音圧凄い。そこまでがんがんやる必要あんのかな、とも思うが、音自体は好み。

・転換をDJ入れてつなぐ、しかも2人も呼んで交互に、という豪華なスタイル。 DÉ DÉ MOUSE 好きだし、転換暇でなくて良いしありがたいし盛り上げてくれていいのだが、長丁場なのでチルアウト系でいいんだよ、とも思いもした。

主催・企画・制作:ポニーキャニオン、ジ・ズー、協力:ワーナー ブラザーズ ジャパン


サカナクション SAKANAQUARIUM2018-2019 “魚図鑑ゼミナール”@神奈川県民ホール

サカナクション SAKANAQUARIUM2018-2019 “魚図鑑ゼミナール”@神奈川県民ホール ¥6,800 → サカナクション公式サイト|NF member



・平日だが開演が18:30という凶悪な時間設定。音出しか撤収で制限があるのだろうか。都内勤務の社会人にはなかなか厳しい時間である。まぁそれを納得してチケットとったわけだけれど。

・構成は、昨年ライブハウスで見たものと同じ。 → サカナクション SAKANAQUARIUM2018 Sakanazukan Seminar VISUAL LIVE SESSION @EX THEATER ROPPONGI 5th Anniversary なので、いつもと同じく最高!という以外に感想はない。2013年にリリースされた『sakanaction』以来6年間アルバムの新譜発売がなく、でも定期的にツアーを行い、客も動員できるサカナクションは素晴らしい。新曲ほど昭和感漂う雰囲気なのは平成も終わる年に心配がないでもないが。あ、レーザー眩しすぎたので、次はサングラス持って行きたいかな…。

・早めに公演日程出るのもファンにとってはありがたい。この公演もチケット買ってカード引き落としがあったのは昨年の6月である。まあ当日行けるように万難排す必要はあるけれど。そして次のツアーも既に購入し11月に決済が済んでいるのであった。6.1chサラウンドツアー、楽しみ。




amiinA 2nd one man live『Falconia 〜touch on the horizon〜』 @ マイナビBLITZ赤坂

amiinA 2nd one man live『Falconia 〜touch on the horizon〜』 @ マイナビBLITZ赤坂 ¥4,000 → amiinA



・本や本棚イメージのセットに映像を投影する形。最後の写真撮影でポージングが頭の上でピースサインで、なんかこれ、エビ中みたいな感じになってたけど、そう考えると本の世界のイメージも昨年のエビ中夏ツアーはそうだったなと。まあ私立恵比寿中学の場合は設定は冒頭だけで後はぐだぐだなのだが、amiinAは徹頭徹尾、しっかりしていて凄い。

・開始こそ15分ほど押したが、その後はバンドのライブを軽く凌駕する映像を載せたスケール感のあるライブが展開。MCほ殆ど挟まず繋いでいく。また、幕間の構成は素晴らしかった。背景になっている本のセットを上手側から半分折りたたんでいくと、ステージ後方で生バンド(NETWORKS)が控えており、インストゥルメンタル演奏で場を盛り上げつつ、衣装替えしたメンバーが再登場してセッションする、という流れ。このまま生バンド演奏が続くのかと期待したらそうではなかったのは残念も、その後も同様にDJタイム(Serph)や再び他のバンド(THE CHERRY COKE$)とバリエーションを見せた。他に校庭カメラガールドライとのセッションに、DJタイムではamiが卓をいじり、アンコール直後ではmiyuが弾き語りをすると盛りだくさんなショウだった。amiinAはビジネススキームも含めて面白い。

・一方で客層は、BLITZでこんな雑だったのあんまり見ないな、というくらいに、厄介な感じ。身内で盛り上がる感、それが無関係な人たちにとっては全然面白くないという残念さで、ステージ上のアーティストには全く貢献せず、邪魔。これだと新規や女の子のお客さんはつきづらいだろうなぁ。前のほうでモッシュ、サーフ、リフト、ダイブなんてやってるのが結構年食った人たちで、というか基本年齢高い客が多くて、ああこれが現実なのかと。連れは、年末見たときは印象残らなかったけどそれは喉の調子の問題だったのねとamiinAちゃんたちは頑張っていたと言い、NETWORKSバックで全編やったら楽しそうと感想述べつつも、この客層じゃあもう見たくないって意見だったので、まぁ、そうなるわな。難しいね。

主催:amiinA、後援:TOKYO FM、制作協力:DISK GARAGE


私立恵比寿中学「曇天」先行配信開始



・今年が10周年となる私立恵比寿中学(エビ中)、3月13日発売予定の5thアルバム『MUSiC』から、「BUZZER BEATER」に続く先行配信となったのは、吉澤嘉代子作詞・作曲、野村陽一郎編曲の「曇天」。吉澤嘉代子は「面皰」「日記」に続く作品提供、野村陽一郎は「響」「自由へ道連れ」「朝顔」に続く参加となる。この面子なので佳曲であるのは当然。聴けばこれは名曲だった。同世代の女子に推薦。



・先週に発表されたショートバージョンのPVはアニメによるもので、アンニュイな雰囲気で背伸びした歌詞の内容は過去にないもの。ただし、 大人っぽい歌詞というのはエビ中としては、であって、大学生相当の女子としては等身大であるのだろう。

・ヴァージニティ、というと語弊があるが、純粋さというべきか、偶像と成長の狭間で齟齬を覚える女子の話であり、それはアイドルのあり方の投影にも見える。

・純粋で退屈な映画が好きなあなたと寄り添うのはこの世で一番優しい場所、だったのだけれど、あなたが見ているのは過去の偶像としての、青春に閉じ込めたピン留めした私であって、今の私は映していないし見てもいない、のではないかという、不安、気づき。心がここにはなさそうな相手の、口先だけの言葉を、信じたいけど、そこに自分はいないし、未来もない。それに気づいてしまった、魔法の解けた自分への哀しさ。

・正確には、魔法が解ける、というのではなく、おまじないが効かなくなる、なので、目がさめるのではなくて、薄々わかっていて、でもそれを気付かないようにしていたことが誤魔化せなくなった、というのがリアル。ケセラセラ、という言葉自体が、なるようになる、というポジティブな宿命論である以上に、そんな言葉は原語には文法的に存在しない、ということも鑑みるとなかなかな皮肉である。

曇天 - 私立恵比寿中学



私立恵比寿中学&Negicco エビネギ3 〜エビネギ1の、ようなもの。〜 @新潟県民会館 大ホール

私立恵比寿中学&Negicco エビネギ3 〜エビネギ1の、ようなもの。〜 @新潟県民会館 大ホール  全席指定¥7,500

・2017年1月の大宮エビネギ1を踏襲する形のセットとリストで展開したのが新潟エビネギ3。冒頭はレキシ池ちゃん曲の交換でエビ中による「ねぇバーディア」とNegiccoによる「頑張ってる途中」でスタート。エビ中単体楽曲はすべて『エビクラシー』以前の、2016年までの8人体制時点での持ち歌で構成されていたのは人によっては深読みしている様子。

・シャッフルユニットでやったのが「熟女になっても」と「アイドルばかり聴かないで」というパンチのある楽曲。さらに、アンコール前に「圧倒的なスタイル」と「永遠に中学生」を持ってきて「ベイビィ・エビネギ・ポップ!」まで続けて本編締め、27曲2時間半でもしかしてアンコールはないの?と一瞬思ったがもちろんそんなことはなく。出てきたエビ中は「光のシュプール」を魅せる。そこにネギが「感情電車」。これは絶品。いまのNegiccoにはこの手の楽曲が向いているのではないか。そしてオーラスは全員で「愛は光」、素晴らしい。

・今回のエビ中は微妙なセットリストで、「チャイム!」「踊るガリ勉中学生」「もっと走れっ!!」「パクチー」をやるってどんな企画やねん、との思いはあり、さらに重低音がうるさく閉口したものの、両者とも良い楽曲が多く、そして雰囲気も良く、素敵なイベントだった。 そして帰りは新潟駅までの臨時バスが会館目の前から出てとても便利。ありがたかった。

・主催:スターダストプロモーション/EHクリエイターズ、企画:AOI Pro./d.d.d、制作:SDR/H.I.P./ハーロック






私立恵比寿中学&Negicco エビネギ2〜バンドで一緒に仲良く演ろうね〜 @Zepp Tokyo

私立恵比寿中学&Negicco エビネギ2〜バンドで一緒に仲良く演ろうね〜 @Zepp Tokyo ¥7,500 1drink¥500

・2017年1月、8人時代だったエビ中とNegiccoがジョイントしたライブ、エビネギが再び。今回はZeppでバンド入り。バンドセットでエビ中観れるのは嬉しい。ただし美怜ちゃん療養中で一人欠けるのは残念だけれど。ぽーちゃん好調で何より。しかし今日は真山さんが引っ張った感あり。バンドセットに強い。ネギはぽんちゃ大変なところでナオちゃんがしっかり。いい状態に戻ることを望みつつ。

・交互に二、三曲づつやるスタイル。冒頭は「ベイビィ・エビネギ・ポップ!」の音楽抜きなトーキー版映像から、「圧倒的なスタイル」と「永遠に中学生」という強制肩組み楽曲でスタート。2017年エビネギのアンコールから繋がる感じ。アンコールでは池ちゃん曲を取り替えて、というのも2017年同様。

・「カリプソ娘に花束を」の次が「ほぼブラジル」とか、 シャッフル曲がりったんに歌ってほしいとNegiccoが言っていた「ともだちがいない!」から「イッショウトモダチ」など、コンセプトの縛りで曲が絞られすぎな感じはしなくもなかったが、 あっという間の2時間半。物足りない感あるのは凄い。

・最後は企画曲で締め。「ベイビィ・エビネギ・ポップ!」はイントロあたりの「ベイビィ・ポータブル・ロック」感がサビでは一気に抜けるのは面白い。

・ドリンク代500円、アルコールの販売なし。正直ソフトドリンクでワンコインはぼってるよなあ。下戸の人はいつも思ってるんだろうけど。 物販は外で、クレジットカードがエビ中だと1万円以上のところ、今回は金額制限なし。ペンライトを購入、一本2000円。 ロッカーは中のものを300円で。外ロッカーの盗難話は聞きますがさすがに場内は信用してますが…。

・主催:スターダストプロモーション/EHクリエイターズ、企画:AOI Pro./d.d.d、制作:SDR/H.I.P./ハーロック




高野寛 デビュー30周年記念ライブ「Spectra Special」@日本橋三井ホール

高野寛 デビュー30周年記念ライブ「Spectra Special」@日本橋三井ホール 高野寛 _ Hiroshi Takano official site _HAAS SS席¥8,000 +1drink¥500


Spectra ~30th Alltime & Collaboration Best~

[共演]鈴木正人(b) / 坂田学(ds) / 斉藤哲也(key) / 田中拡邦(g) [ゲスト]高橋幸宏 / 野宮真貴 / 浜崎貴司 / 原田郁子 / 他 他

・楽しいフェス、という感じだった。バンドメンバーの他にゲストも登場。宮沢和史も追加されての3時間の豪華なイベント。その分、細かく区切られる感じの構成ではあったが、楽しませてもらった。

・ 盛り上がったのは 「虹の都へ」や「ベステン ダンク」をやった最後の枠だろうが、 あとは「中央線」だろうか。浜ちゃんもそうだがミヤも、バンドのフロントマンとはこうあるべき、というアクトを見せてくれた。 一方、野宮さんのところで「Winter's Tale」をやった時点で、ああ、田島さんは来ないのか、という若干のがっかり感も。

・ イベント的なライブになったので、通常のライブのような全体の一体感とは遠かった。一曲一曲を区切っていくライブアクトは昔のバンドスタイル風で、シームレスに繋がっていくいまどきな感じとは違うが、客層見たらそれでいいのかもなとも。ソロ名義な分どうしてもシンガー高野寛をフィーチャーすることになり、ギタリスト高野寛は脇に置かれてしまうのは仕方ないが残念でもあり。しかし往年とさほど変わらぬ歌声を聴けるというのは凄いと思った。


<< | 2/17PAGES | >>

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM