【オススメ】 こがたくう/宇宙のプロフィル


宇宙のプロフィル (ヤンマガKCスペシャル)

■【オススメ】 最近あまりないSF風味のファンタジー短編集。

短編5編を収録した作品集。すべてがスペースファンタジー的。 最近では珍しいテイストのもので、読んでいて嬉しくなってくる。 とはいえハッピーな話ばかりではない。


「エルキドの巨木」は好奇心のある主人公が、誰も見ていないところを目指す話。 なおこの作品の人間は、ふつうの人間ではない特徴ももっている。 それがきちんと活かされる展開であるのは素晴らしい。


「京子の夢」夢のなかで宇宙人と意識がシンクロする、という話。 その宇宙人は居住できる惑星を求めてさまよっている。 でその結末は、というところだが、なるほど、そこに着地ね、と感心。


「ハッピーエンド」は「11人いる!」のような話。宇宙船のクルーの話だが二転三転。転がし方は見事だが、そこで止めないで欲しかった。


「小さな彗星」老博士が宇宙クルーズ船で外を眺めている。 その理由は、というところだが、時間軸を分断して話をつなぎ合わせる 手法をとっているので、最後に、ああそういう話なのかと気づく。 上手な語り口である。


「地球最期の日」誰かを待つためにデータ化、ロボット化した人の話。 そこに別の人物を投入して描くところがこの手の話としてはユニーク。

ということで全編、作り込んだお話で、才能とセンスを感じる。 ハードとソフト、双方に設定が必要な分、この手の作品は手間暇がかかる。 その労力に見合うだけのリターンを得て欲しいな、と思う才能である。


【データ】
こがたくう
宇宙のプロフィル
【発行元/発売元】講談社 【発行日】2016(平成28)年7月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品)
■購入:
amazon→宇宙のプロフィル (ヤンマガKCスペシャル)

島本京子、16歳。彼女は10年間「奇妙な夢」を見続けていた。それは、新天地を求め宇宙を彷徨う、巨大宇宙船の乗組員として生きる夢。現実と夢、交わらぬはずの2つの人生が交錯する時、思いもよらぬ奇跡が起こる--『京子の夢』他、若き天才が稀有な想像力で紡ぐ、最高傑作5編を収録。


■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 たな/ごはんのおとも


ごはんのおとも

■【オススメ】これは絶賛なのがわかる。 電子版で買ったが紙書籍で買いたい一冊。

レビューは絶賛、2巻も今月発売(ごはんのおとも 2 )ということだが電子版が廉価であったので購入。読んでみると、なるほど、人気も納得の内容だった。


物語としては、たいした話はない。ごはんをめぐる、ほっこりする話。それが連作短編として、登場人物が連関して綴られる。


絵はオノナツメ的、雰囲気は羽海野チカ的。amazonの否定的なレビューでもあったが、それは確かに思うところ。しかし、だからといってそれは二番煎じだからだめだ、というのは短絡的だろう。魅力なのは、人情味。その暖かさは、フルカラーで描かれる色合いのよさ、コマ割しながらもそのコマを自在に跨ぐ絵と吹き出しのレイアウト。絵本のような 構成が見事である。


レシピはレシピというほどのものではなく寧ろ「深夜食堂」のほうが参考になるのではないかという程度の、本当にごはんのおとも程度のレベル。だから、実用性を期待したらがっかりするだろう。本作の魅力はそこにはない。


人情もののマンガとして、物語自体は特筆すべきものはない。もたいまさこさんが帯の推奨人に使われているように、雰囲気ものと思って読むのが良い。ただ、それを本の形としてここまで作り上げた作品はそうはない。本作の賞賛すべき点は、著者と編集者出版社とのコラボレーションにあるのだろう。


電子版で読んだがこれはお値段は高くなるものの紙書籍をおすすめする。というわけで私も紙書籍を買い直しました。


【データ】
たな
ごはんのおとも
【発行元/発売元】実業之日本社 【レーベル】実業之日本社 【発行日】2015年3月20日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→ごはんのおとも

これさえあれば、何杯だって食べられる。 わが友、ごはんの友。
●たまごの黄身のしょうゆづけ×独身男子 ●しそみその焼きおむすび×女子大生 ●なすの浅漬け×おばあちゃん ●セロリのじゃこ炒め×おじいちゃん ●とりそぼろ×料理人……
路地裏の料理店「ひとくちや」にあつまる人たちを、 心まであたためる8つのレシピ。
もたいまさこさんも微笑! しあわせの笑みがこぼれる物語と美味しいレシピの あったかフルカラーコミック。



■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 犬上すくね/蛇沢課長のM嬢


蛇沢課長のM嬢 1 (サンデーGXコミックス)

■【オススメ】有能な営業マンが実はマゾ、それで ご主人様としてロックオンされてしまったヒロインのお話。

就業時間間近の受付にやってくるのはやり手である蛇沢課長。 彼はバラの花束を持って受付嬢に向かい「今、このバラの花束で、 私の顔を二度ほどぶってくれないか。」と言うのだった。


というのが読み切り版の冒頭。ちなみに連載版は舞台となる会社は変わらないが ヒロインが受付嬢から同じ部署の部下に変わっている。受付嬢だと やりとりの場が固定化されて展開の幅が極端に狭められるから、だろうか。


話の肝は、丸顔童顔のヒロインがなぜか女王様としてロックオンされてしまい、 普通の恋愛がしたいのにと当惑するところにある。で、本人は両親のような朗らかな夫婦が理想と思っているのだが、しかし実際は親も・・・というオチも早々に示されており、 つまりは彼女は課長が言うとおり、自分の秘めたる類まれなる才能に気づいていないだけ、ということなのだろう。とはいえ本人も課長の反応をみてゾクゾクし始め、 自身の気質に気づきつつある、ような、ないような。


課長がマゾっ気を満たすたびに営業成績が伸びる、という設定は、 そのために周囲が皆ヒロインに女王様としての役割を期待する方向に働いており、 こんな綺麗にはまるSF設定がありうるんだ、と感心する。 成績を残すことしか考えていなかった課長が、自身のMっ気を自覚したことで 人間らしくなったというのも面白い。


しかし、一番面白かったのは、あとがきの話。猫雑誌から本作の出張版を描いてほしい、って依頼があったという。・・・なんですかソレ・・・で巻末にしっかり収録。巻頭には読み切りプロトタイプ版、巻末にはあとがき記載の他雑誌スピンオフ版と掲載された単行本の構成は見事。満足感の高い一冊。満足っていうか満腹ですかね・・・。


【データ】
犬上すくね (いぬがみすくね)
蛇沢課長のM嬢
【初出情報】月刊サンデーGX 【発行元/発売元】小学館 【レーベル】サンデーGXコミックス 【発行日】2016(平成28)年9月21日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→蛇沢課長のM嬢 1 (サンデーGXコミックス)
このバラの花束で私を殴ってくれないか?
ごく普通のOL・美々子の上司である蛇沢課長は超エリート人間だが、ドM。 そんな蛇沢になぜかご主人様認定されてしまった美々子の、汗と涙と蔑みの視線に満ちた社会人ライフをご覧あれ。
犬上すくねの最高傑作との呼び声も高いSMラブコメ、開幕です!!


■当サイトの著者他作品レビュー
犬上すくね/バターナッツ!
【オススメ】 犬上すくね/明日もコトコト
犬上すくね/アパルトめいと
【オススメ】 犬上すくね/あいカギ
【オススメ】 犬上すくね/エンジェル高校

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 岩本ナオ/金の国水の国


金の国 水の国 (フラワーコミックススペシャル)

■【オススメ】いがみ合う2国で男女が出会う、 素敵だがリアリスティックなお伽話。

戦争した2国が「A国は国で一番美しい娘をB国に嫁にやり」「B国は国で一番賢い若者をA国に婿にやりなさい」ということでA、Bそれぞれが条件を履行することになる話。


冒頭の神話チックなプロローグ、神様の仲裁ってのはなんなのか?と 思うが、それはそれとして。A国王は「B国寄りに住む妾の末娘にでもくれてやれ」、B国の族長は「A国との境にある町の学者の倅にでも与えておきなさい」 という態度。 それでもって送ったのは A国はネコ、B国は犬という具合。舐めきった話ではあるが、 ヘタな者が送られてくるよりは。とはいえそれぞれを確かめたい、会ってみたいとする勢力もあり、犬やネコを見せるわけにもいかないと結婚相手は困惑する。


当然話は、この犬やネコを遣わされた者同士の恋物語、ということになる。散歩の最中で2人は出会う。A国は商業国家で裕福。ただし、水資源が不足している。B国は水は豊富も失策続きで貧しい。 結婚相手とされた者は、国の王や国家に対して見方がシビア。 現実が見えているB国の青年は思う。国交を開け。俺に長い水路を作らせろ。仕事をよこせ、と。


A国も国王は戦争派だが王女たちは反戦派で、担ぎあげている大臣もいる。国王にしてもかつてB国と交流しようとして今は腰抜け扱いされている王の名を継いでおりそれを邪魔に感じての行動という側面がある。B国でも件の青年の親は弁が立ち族長をうまく取り回す。有能なもの、抵抗勢力がきちんといる、ということが前提の話にはなっている。


物語として転がすために、ヒロインが聡明な美女というわけではないところが著者作品らしいところ。心根は優しいがそれゆえに色々考え逡巡する。その横で他の人物はすいすいと思考を進めて最善の道を選んでゆく。少女漫画らしい構成である。それは、ヒロインがじっくり考えて結論を出すという行程を描くものでもある。他方、政争を描く作品でもあり、B国の夫が命を狙われる展開を描きアクション、サスペンス面も付加されている。


実に綺麗に仕上がった一品。一巻完結とはいえ300ページ近い大容量、読み応えはばっちり。キャラクターの設定、とくに彼らが何を気にしているのか、の設定が巧い。これは確かに絶品でした。


【データ】
岩本ナオ (いわもとなお)
金の国水の国
【初出情報】flowers(2014年〜2016年) 【発行元/発売元】小学館 【レーベル】FLOWER COMICSα SPECIAL 【発行日】2016(平成28)年7月13日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品)
■購入:
amazon→金の国 水の国 (フラワーコミックススペシャル)

昔々、隣り合う仲の悪い国がありました。 毎日毎日、つまらないことでいがみ合い、 とうとう犬のうんこの片づけの件で戦争になってしまい 慌てて仲裁に入った神様は2つの国の族長に言いました。 A国は国で一番美しい娘をB国に嫁にやり B国は国で一番賢い若者をA国に婿にやりなさい――― そんな中、A国の姫・サーラはB国の青年と偶然出会い…!? 「町でうわさの天狗の子」の岩本ナオが292Pのボリュームで贈る、おとぎ嫁婿ものがたり。


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 岩本ナオ/雨無村役場産業課兼観光係
【オススメ】 岩本ナオ/町でうわさの天狗の子

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 草川為/世界で一番悪い魔女


世界で一番悪い魔女 1 (花とゆめCOMICS)

■【オススメ】 学者と魔女のバディもの旅物語。 それぞれの人物に課す条件のつけかたが面白い。

空から人が降ってくる。 それを魔法で助けたところ、 「君も俺を狙う魔女か」と問われる魔法使い。 追手のいる相手に、事情もわからず首を突っ込みたくはない、 といったのだが、観察史上最大級の個体のひとつである 魔角類を彼女が連れていることから男の目は輝き、 魔女は行きがかり上、彼を助けざるを得なくなる。


研究を横取りしようとする魔法使いから 逃れて目的地へ旅をする教授と、 そのボディガードをする大魔女の話。 ロードものでバディもの、それでもって男女もの。 なのだが大魔女は同業殺しで悪名高く300年は生きているという設定。 教授は教授で彼の研究結果は 魔法使いの勢力図をひっくり返す大発見らしい。


魔法使いの使い魔が竜でなくて魔角獣であるというのは ビジュアル的にユニーク。 教授はもともと有名人なうえに、彼の発見は魔法使いのなかで周知のものとなり様々な者に狙われるという設定なのにその発見が何かを 明示しないまま話を進める強引さ。 大魔女は実は16歳、それでもって 魔法は一日3回まで、自身の悪名が維持されることを望んでいる。 この両者が組むことで1+1=2以上になるという 設定もそうだが、教授の探究心の深さが面白い。


うーん、やっぱり草川為作品は面白いな。 しかし電子版出るの待ってたらそのまま買いそびれて しまっていた・・・。今回キャンペーン価格で買いました。


【データ】
草川為 (くさかわなり)
世界で一番悪い魔女
【発行元/発売元】白泉社 【レーベル】花とゆめCOMICS 【発行日】2016(平成28)年8月1日発行 ※キャンペーン版。紙書籍は2015年8月発売 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→世界で一番悪い魔女 1 (花とゆめCOMICS)
同業殺しで悪名高い300歳の大魔女だが、実年齢16歳など謎が多い魔女・クインタ。悪名をさらに高めるため、研究成果を巡り魔法使いに狙われる若き天才教授のボディガードを引き受けることに。だが教授がクインタの秘密に興味を示し…!?秘密を隠したいクインタと暴きたい教授。賢者の図書館をめざし、恋の駆け引き絡む2人の旅が始まる――!! 偽りと、欲深き好奇心の物語、第1巻!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 草川為/僕の棺で晩餐を
【オススメ】 草川為/八潮と三雲
【オススメ】 草川為/龍の花わずらい

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 中川貴賀/リメインバッド


リメインバッド (アフタヌーンKC)

■【オススメ】悪徳警官か昔ながらの刑事ものかと 思わせて見事なツイストをかけてくる、 連続殺人犯探しの物語。正直反則技だが、 この構成は見事。絶品。

警察署で容疑者を蹴り上げる刑事が主人公。 まずいですよ、という同僚に「あいつは階段で転んだ」 としてその同僚を証人に数えあげる。 「日ごろからサイテーな奴だがどうとう暴力で自供を 強要するようになったか」と言う者もあったが、 実際は供述も調書も終わったあと。幼女を強姦して 殺害した犯人に改めて自供させた際にとった行動 なのだった。「部下殺し」ともアダ名される彼が、新聞で報道されている連続殺人事件の捜査に加えられることになる。


癖のある刑事の話に見えるがこれはミスディレクション。 それが上手く効いている。事件は捜査一課の妻も 被害者となっており、しかし異例なことに関係者ながら 夫は捜査に加わっていた。彼が真犯人を見つけることを マスコミも期待している。そんな状態でなぜ主人公は 捜査に呼ばれたのか。主人公は何かを知っているのか。


そう思いながら読みすすめると、主人公と同調して 動く者がおり、事件の真相を暴いていく。その暴き方が 巧い。前編で作った話を中編で覆し、後編でさらなる ツイストをかける。後編のツイストはさすがに 無理のある展開なので犯人探しの推理もの同様、 序盤の描写に隠蔽とフェイクがあるわけなのだが、 そうした仕掛けに目が行かないような構成となっている。 主人公を所轄から捜査一課に異動する刑事としており、 彼がミッシング・ピースを探し、埋め、説明する 役割を担うことで話が巧妙に構築されている。


単行本一巻で緊張感のある話に仕上がった。 この構成は見事の一言。


【データ】
中川貴賀 (なかがわたかのり)
リメインバッド
【発行元/発売元】講談社 【発行日】2016(平成28)年8月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品)
■購入:
amazon→リメインバッド (アフタヌーンKC)
都下で発生した奇妙な連続殺人事件。被害者の一人は、検挙率トップクラスのエリート刑事の奥さんだった。警視庁の管理官は異例の差配として当のエリート刑事・渡慎治を捜査に加えるが、捜査は行き詰まる。そこで管轄の警察署から呼ばれたのは「部下殺し」と呼ばれ、同僚からも忌み嫌われている巡査部長・土生旺輔。彼の捜査は執拗を極め、陰湿だが的確だ。


■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 馬場翁、輝竜司、かかし朝浩/蜘蛛ですが、なにか?


蜘蛛ですが、なにか? (1) (カドカワコミックス・エース)

■【オススメ】 コミカライズ作品らしいが、これはマンガで読んだほうが面白さ倍増だろう。作画家さんは大変だろうが。

主人公が目覚めるところから話が始まる。学校にいていきなり激痛に襲われたことは覚えている。しかし、声が出ない。体もおかしい。 でも痛みはない。そして彼女は殻を破って出てきたところにいるのは巨大な蜘蛛軍団、気持ち悪いと思ったが、いや、自分自身も蜘蛛なのだった。


とんでも転生もの。虫を擬人化するのではなく虫は虫そのままに、心情だけが人間というスタイルで描いたのが正解。虫というかモンスターものだが、虫が嫌いな人はちょっと気持ち悪いかもしれない。


全くなんの情報もないままサバイバルを迫られる不条理サスペンスもの、なのだがそれをコメディタッチで描くところが凄い。主人公はパニックに陥りはするが生存本能のほうが強く、自分でなんとかしようとする。彼女ひとりしかいない話なので当然の展開ではあるが。


そしてスキルやレベルがぽぽぽん!とポップアップされる感じで自身に見える、というゲーム感覚。まさに不条理ゲームもののパロディである。そしてコミカライズ後にポケモンGOがリリースされるという追い風!彼女がレベルアップしながら迷宮世界を生き残る様はぜひ続きも読みたいと思わせる。


というかこれ、 九井諒子/ダンジョン飯 の同工異曲でもあるのだな。


【データ】
原作=馬場翁(ばばおきな)、キャラクターデザイン=輝竜司 (きりゅうつかさ)、漫画=かかし朝浩(かかしあさひろ)
蜘蛛ですが、なにか?
【発行元/発売元】KADOKAWA 【レーベル】角川コミックス・エース 【発行日】2016(平成28)年7月9日初版発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 蜘蛛ですが、なにか? (1) (カドカワコミックス・エース)
女子高生だった私が目覚めると…何故か異世界で「蜘蛛」に転生していた! 種族底辺の蜘蛛として迷い込んだ先は毒ガエル・大蛇・果ては龍も跋扈する最悪ダンジョン!?メンタル最強女子が生き抜く迷宮生存戦略!!


■当サイトの著者他作品レビュー
かかし朝浩/暴れん坊少納言

■当サイトの月間オススメはこちらから

<< | 2/22PAGES | >>

search this site.

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW



fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
LDK(エル・ディー・ケー)
MONOQLO(モノクロ)
家電批評
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM