【オススメ】 磯谷友紀/ながたんと青と−いちかの料理帖−


ながたんと青と-いちかの料理帖-(1) (KC KISS)

■【オススメ】 戦後の京都、主を失くした料亭を 洋食の料理人となった娘が夫となる 者とともに立て直す話。

1951年春に始まる話。舞台は京都。 ヒロインは東山にある料亭が実家。 ただし彼女はいまホテルの厨房に勤めている。 そこは依然として進駐軍が接収している状態。 蹴上の都ホテルがモデルになるのだろう。


34歳の彼女は長女だが、結婚直後に夫は出征し戦死。 父はなくなり、料亭は精彩を欠き、 その立地と佇まいから大阪にホテルを持つ 一族に政略結婚を持ちかけられる。 が、その結婚を受けるはずだった次女は 料理人と駆け落ちしてしまう。 そこで、34歳のヒロインが、まだ19歳で学生の 先方の三男と結婚することになる。


京都舞台のいけずな話。料理長など周辺の 人物も相当だが、ヒロイン自身も、 ずけずけとものを言う大阪人に凝り固まった考えを 常に指摘される。 伝統や歴史なんてものは後から作れないので 大事にされがちなものの、本来すべての物事は 更新されていくべきもので、ただ残すだけ、残っているだけの ものは、邪魔でしかないと思っているので 個人的には京都には何の興味もないので、 この作品の話の流れには何となしに溜飲を下げる感はある。 まぁそんな意図では描かれていないだろし、 寧ろ今の日本の状況こそここで描かれる 京都の料亭に当てはまるだろうと言われればそのとおりと思うが。


冒頭から設定ががらがら変わっていく展開は巧く、 その後は料亭が新しい旦那の方針によって変わっていき、 背後には彼の実家の考えがあるのかないのか、 そこに、女性料理人しかも洋食を作るヒロインの 先進性がどう嵌っていくのか。 怒涛の展開がありつつ、物語の中軸は 年の差夫婦の話であるはずなので、 今後どうなるか楽しみな要素がたくさん。 本作の場合は、19歳の婿が飄々としたなりで ありながらブルドーザー的に突っ走っていく 役割で、そういう人物のいる作品はパワフルで面白い。


【データ】
磯谷友紀 (いそやゆき)
ながたんと青と−いちかの料理帖−
【発行元/発売元】講談社 (2018/7/13) ※電子版で購入
■評価→ A(絶品) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→ ながたんと青と-いちかの料理帖-(1) (KC KISS)
昭和26年、京都。歴史ある料亭の長女・いち日(34歳)は、夫を戦争で亡くし、調理師としてホテルに勤めている。料亭「桑乃木」は経営破たん寸前で、資金を提供してもらうため、大阪の有力者の家の三男・周(19歳)を婿として迎えることに。その結婚相手のはずだったいち日の妹は、結婚を嫌がって料理人と駆け落ちしてしまう。15歳も年下の婿を迎えることになったいち日――。年の差夫婦が織りなす、旨し麗し恋物語!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 磯谷友紀/あかねのハネ
【オススメ】磯谷友紀/ぼくの夜に星の出る
【オススメ】 磯谷友紀/海とドリトル
磯谷友紀/屋根裏の魔女
磯谷友紀/本屋の森のあかり

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 戸田誠二/憑依師


憑依師 1 (ホーム社書籍扱コミックス)

■【オススメ】死者が生前やり残した未練を期間限定で 叶えてあげる、という役割の死神を描く。 心に響く良い話。強くオススメ。

青年は母子家庭でネグレクトされた境遇で、 友達もおらずひったくりに走り、挙げ句 クスリをやってハイになったところで 交通事故で亡くなった。 そんな彼は、死神から、死者の霊魂を 自分の体に憑依させ、一時現世に戻り 死者の願いを叶える「憑依師」に なることを強制されるのだった。


生前の心残りを叶えたい人物が次々登場する 形の連作。エピソードの主役は回代わりで、 大きなストーリーの主人公は固定で、 という組み合わせで綴る作品は その丁寧な作りゆえに良質であることが 保証されている。


心残りのある死者と、遺された側との 最後の交流は心温まる。一方で、 それを通して憑依師である青年が、 生前に出来なかった経験をしていくことで 変わっていく流れもある。 この手の話は往々にして死神側を ドライにしがちなところを、 人間味のある設定としたことで話に厚みと深みが加わった。


そして、必ずしも心残りがあるわけではなさそうな、 悪い意味で未練がなさそうな人物のエピソードもあり、 そこで憑依師の主人公が悪戦苦闘し汗を流す 展開は哀しくも切なく、胸が熱くなる。


5エピソードで200ページ超と読み応え十分。 いやらしくない感じで人情味のあふれる話となっていて オススメ。


【データ】
戸田誠二 (とだせいじ)
憑依師
【発行元/発売元】集英社 (2018/6/29) 【レーベル】ヤングジャンプコミックス ※電子版で購入
■評価→ A(絶品) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→ 憑依師 1 (ホーム社書籍扱コミックス)
異世界に衝撃のキャラクターが誕生! 生きる意味を問うLIFEファンタジー 生きる気力も無く、罪を犯し死んだ青年クロカワ。死神に「地獄行き」を告げられるが、それを拒絶したクロカワはもう一つの選択肢、「憑依師」を命じられる。思い半ばで死んだ人の魂を自分に憑依させ、現世に戻り願いを叶える「憑依師」。さまざまな死者の願いと向き合う中で、無気力だったクロカワにも変化があわられる… 「憑依師」に託された役割とは――?


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 戸田誠二/美咲ケ丘ite

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 仔鹿リナ/八百森のエリー


八百森のエリー(1) (モーニングコミックス)

■【オススメ】 職業もの、舞台は仲卸。知識がゼロという 人間を用意せずに描いていくスタイルは 真摯であり面白い。

講談社の6誌が読める 「コミックDAYS」に登録、 久々に『モーニング』を読んで、そういえば 未レビューであったことに気づいたのでご紹介。


国立大学に入り教授と作った新種の米は 市販もされて人気になりつつある状況。 彼女には農業試験場の研究室に就職すると 思われていたが、大学には農業するために 入ったのだという主人公。 青果流通を繋ぐ仲卸に就職することに決めていた。


この大卒の彼と、一方で金髪リーゼントの高卒の青年とが 大手仲卸の新入社員となるお話。いまどき仲卸? という疑問もあるが、そのことも一巻では「 取引数量最小化の原理 」 を引いてきちんと 説明されている。


入社前のアルバイト時に早々にトラブルに巻き込まれ、 その対処方法を考えるという機転を見せる展開から 魅せる。この作品のよいところは、「何の知識もない 人間を放り込んで無知ゆえの失敗をおかし 回りに迷惑をかけつつ成長する」という パターン化した物語作りを踏襲していない点。 もちろん職種にまつわる知識は乏しいが、 農家育ちで野菜への知識も愛もある人間である。 そして最初のトラブルも自身に起因するものでは全くない。 これが普通の話であり普通の職場だろう。


エピソードは多いが、しかし 話は一巻時点ではさほど大きく広がってはいかない。 主人公の交流から自然に拡大してはいるものの、 その行動範囲に従い徐々にであって、 ゆっくりと話が広がっていく分、読み手も理解がしやすい。


職業ものとして新たに生まれた佳作。今後も楽しみ。 続刊発売済→ 八百森のエリー(2) (モーニングコミックス)


【データ】
仔鹿リナ (こじかりな)
八百森のエリー
【発行元/発売元】講談社 (2018/1/23) 【レーベル】モーニングKC 【発行日】2018(平成30)年1月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→ 八百森のエリー(1) (モーニングコミックス)

野菜に人生捧げられますか!あなたと野菜を繋ぐお仕事、青果流通のど真ん中、それが【仲卸】。仲卸業の基本は「必要な商品を」「必要な数量」「必要な場所に」「必要な時間に」届けること。「八百森青果」の新入社員、エリー(卯月瑛利)と、のりたま(大虎倫珠)が畑からあなたのテーブルへすべての野菜を届けます!


■当サイトの月間オススメはこちらから


【オススメ】 ヨネダコウ/Op−オプ−夜明至の色のない日々


Op−オプ−夜明至の色のない日々(1) (イブニングコミックス)

■【オススメ】ハードボイルドな保険調査員(オプ)もの。 バディ役の設定がユニークで秀逸。

特殊な案件を引き受ける保険調査員が主人公。 持ちかけられるのはモラルリスク案件。 保険会社に保険金の支払い責任がない「無責」 であると証明できれば成功報酬も上乗せされる。 だが主人公は無私無欲、情けもなければ狡さもなく、 計算も忖度もしない。なのでうまく儲けることはできない反面、 周囲の人に信用されていく。


彼だけでも充分面白くなりそうな話だが、 そこに追加の人物あり。 彼の前職は刑事らしく、 現職の人間とも繋がりがあり、 その人物から高校生の少年の世話を頼まれる。 少年は彼にはぞんざいな態度をとるが、 それは彼が特殊だから。 共感覚をもった少年には人の感情に色がついて見えるが、 主人公だけは無色に見え、それが気味悪いのだと。 つまり主人公は嘘をつかないし怒りもしない。 ように見える。


痛覚がない主人公と、共感覚を持つ尊属殺人の 加害者である少年とのバディもの。 事件の推理を絡めつつ、旧友とのサドマゾ的 漫才なやりとりの魅力もあり、その辺は BL的な誘い水でもあり。 主人公の子供は亡くなっており、 生きていたら少年と同い年である、という 話も出てきて材料山盛り。 その上で、普通に依頼された事件の 真相を解明していくエピソードが展開される。


非常に上手い。これだけうまければ、 エピソードを巻またぎするまでもなく、 一巻を読んだ者は続刊を買いたくなる。


【データ】
ヨネダコウ
Op−オプ−夜明至の色のない日々
【発行元/発売元】講談社 (2018/1/23) 【レーベル】イブニングKC 【発行日】2018(平成30)年1月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→Op−オプ−夜明至の色のない日々(1) (イブニングコミックス)

夜明至(よあけいたる)、バツイチやもめの38歳。職業、フリーの保険調査員。ある日彼のもとに持ち込まれた2つの依頼。それは「銃暴発事故の保険調査」と「ワケアリ少年・玄(くろ)を預かること」。玄は初対面から夜明に嫌悪感を示し、予期せぬ同居は最悪の幕開けに…。思うように調査も進まぬ中、玄の“一言”が事態を一変させる。夜明にとって玄の存在は光明となるのか――?保険調査で「嘘」を暴く新感覚ミステリー、開幕!



■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 山口つばさ/ブルーピリオド


ブルーピリオド(1) (アフタヌーンコミックス)

■【オススメ】熱い美術もの。 スポーツ漫画のノウハウで他ジャンルを描く のは一つの正解。

遊び歩いて飲んだりタバコを吸ったりするような 金髪のDQN高校生、だが彼は成績優秀、 人懐っこく誰かを否定したりすることもしない。 ただし、ひとりだけ、幼馴染の(注記:2巻を読むと高校で知り合った様子) 同級生の 美少女・・・ならぬ女装っ子だけとは 口喧嘩する仲だった。


といっても別にLGBT話が始まるわけではない。 この女装っ子が美術部で、選択授業をとっていたことから 課題が頭にひっかかる。

「俺にとってテストの点を増やすのも 人付き合いを円滑にするのも/ノルマをクリアする 楽しさに近い」
ただ、
「クリアする為のコストは人より多くかけている/ そしてそれが結果になっているだけのことなのに/ みんなが俺を褒めるたび虚しくなる/この手ごたえの なさはなんなんだ」
そして、日本代表が勝って盛り上がるが、 その感動は誰のものか。他人の努力で酒を飲むのか。
「これは俺の感動じゃない」


では自分の感動はなにか。ということで、 自分の思いを美術の課題に乗せて表現することにする。

「好きなものを好きっていうのって/怖いんだな・・・」
でもそれが伝わったとき、彼はとても嬉しかった。 美術は文字じゃない言語である。その表現の広さに、 彼は自分がやりたいことがここにあるのではないかと思ったのだった。


この作品は、手ごたえのなかった努力家の天才に、 歯ごたえのある自分向きの素材が見つかる話。 彼を掻き立てる先輩がいて、それ以上に、 うまく意欲をかりたてる先生がいる。 メンターがいないと何事も始まらないので、 環境は大事。 先生の

「頑張れない子は/好きなことがない子でしたよ」
という言葉は強烈。
「好きなことに人生の一番大きなウエイトを 置くのって普通のことじゃないでしょうか?」


家計の状況から私立大学は無理、そんな主人公が 美大を目指す、つまりは芸大一択。ある種の無理ゲー。 でも頭がよく成績に結びつけるだけのセンスがあり、 つまり勉強や上達する術を知っている。 要するに、才能あるもののスポーツ漫画のような 構図になっているところが面白い。


そして家の問題も、彼がどう説得しようかと考えあぐねている 間に両親は進路相談の紙を見て、でも頭ごなしに否定せず、 息子の本気度に母親も覚悟を決める、 という展開になっており、それを主人公との対話シーンなしに 済ませているところは上手い。(注記:2巻を読むと若干母親からの 絡みがあり、んー?そういうシーンを作るのかぁと若干の違和感。 相談してくれなかったのが寂しかった、的なまとめにしてさっくり切り上げてはいたが・・・)


美術やってた人なんかにはどう思われるのかわからないが、 外野の人間が読むにはこれはとても面白い。 なんでもできる人がうまくできない、 けどそこが面白い、ということに突き当たったという 幸せなお話である。 続刊発売済→ブルーピリオド(2) (アフタヌーンコミックス)


【データ】
山口つばさ (やまぐちつばさ)
ブルーピリオド
【発行元/発売元】講談社 (2017/12/22) 【レーベル】アフタヌーンKC 【発行日】2018(平成30)年1月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→ ブルーピリオド(1) (アフタヌーンコミックス)

成績優秀かつスクールカースト上位の充実した毎日を送りつつ、どこか空虚な焦燥感を感じて生きる高校生・矢口八虎(やぐち やとら)は、ある日、一枚の絵に心奪われる。その衝撃は八虎を駆り立て、美しくも厳しい美術の世界へ身を投じていく。美術のノウハウうんちく満載、美大を目指して青春を燃やすスポ根受験物語、八虎と仲間たちは「好きなこと」を支えに未来を目指す!



■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 小玉ユキ/ちいさこの庭


ちいさこの庭 (フラワーコミックスα)

■【オススメ】小さな妖精との交流譚。 珠玉の一作。幸せな結末に泣く。

ちいさこ、という森に棲むといわれる 小人というか妖精にまつわるお話。 新居の中庭に、そのちいさこはいた。 ただし親子4人でそれが見えるのは、 妹だけだった。


これで、中庭を潰す、潰さない、 という話が展開されるのが第一話。 なお、ちいさこは、言葉を喋れるし、 人里に住んで長い者は文字も読める。 つまり、見える人間とはコミュニケーションがとれる。 一方で子供は児童文学で ちいさこを描いた人気シリーズがあり、 それでちいさこのことを知っているのだった。


一話目はプロローグ。二話目では、 ちいさこの見える条件を明確に定義。 子供なら見えるわけではない。 人間は恋をするとちいさこが見えなくなってしまう、 そして一度見えなくなるとそれっきり、なのだと。 つまり、恋していない人間にしか見えない、と。 二話目はその設定を使った人間側のお話。


三話目は人間とちいさこの間での恋愛めいた交流を 描くが、四話目は時代を遡り、武士のいる頃を 一話目と同じちいさこを中心に綴る。ただし 夫婦なのに妻にはなぜかちいさこが見える、 という仕掛けを作り、話を展開する。


その四話も泣ける話だが、さらには最終話で 児童小説の著者のエピソードとなり、 小説はこの人物が 自分の体験したことを元に描いているのだ、 と明かされる。ここで、 「人間の中で我々ちいさこの姿が見える者は 恋を知らぬ者か死を迎えようとしている者 どちらかしかいない」と定義される。 なんか最後になって後付設定出てきたぞ、 という話もないではないが、いや、 この設定でもってクロージングに向かう エピソードは、素敵で素晴らしく、 四話目でうるうるとしてきた目を 決壊させるにふさわしい出来映えである。


【データ】
小玉ユキ (こだまゆき)
ちいさこの庭
【初出情報】flowers(2017年〜2018年) 【発行元/発売元】小学館 (2018/2/9) 【レーベル】flowersフラワーコミックスα 【発行日】2018(平成30)年2月14日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品)
■購入:
amazon→ ちいさこの庭 (フラワーコミックスα)
ちいさこ"と人が紡ぐ、大人のための童話
森に棲むといわれる“ちいさこ"たち。絵本好きな少女、恋愛小説家と編集者、引きこもりの男子中学生……生きる時代も性別も立場も違う人間たちが“ちいさこ"に出会い−−?“ちいさこ"と人間の不思議な体験が詰まったファンタジックオムニバス。


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 小玉ユキ/月影ベイベ
【オススメ】 小玉ユキ/坂道のアポロン

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 田村由美/ミステリと言う勿れ


ミステリと言う勿れ(1) (フラワーコミックス)

■【オススメ】皆が絶賛するのも尤もな一風変わった 推理もの。小学館作品なので電子版リリースに タイムラグがあり話題に乗り遅れるのがもどかしい。

小学館のコミックスは概ね電子版のリリースが 紙書籍版の発売より遅れたタイミングとなることが多い。 それが利益最大化になっているのならビジネスとして 正しいと思うが、書店優遇ということであれば ユーザー見えてないので大丈夫かと心配する。 まあいずれ街の書店が消滅すればリリースタイミングの 調整なんてのは過去の遺物になるのだろうが、 おかげで漫画は電子版のみで購入する ことにしている者としては小学館の漫画は買いづらい。 紙書籍の新刊リストでチェックしたときには、 まだ電子版で買えないので。最近は電子版発売時期が決まっており 予約も受け付けているのでボタン押しておけばいいことではあるのだが。 漫画の売上で電子版が紙版を越えたというデータが出たこともあり、 小学館も講談社同様、同発に踏み切ったほうがいいのではなかろうか。


という長い前フリは、本作が話題になっているなかで、 横目に見ながら、電子版はまだなのね、と思っていたからである。 2〜3週間もタイムラグあると、買い漏れするんですよ。 話題になっているときに即座に買い物かごに入れられないのは 機会損失である。特にこういう傑作については 出版社が足を引っ張ってどうする、と思いもする。


本作はユニークな推理ものである。主人公は一人暮らしの青年。 彼は人の心情を読むのに長けている。そんな人物が本領を発揮するのは、 警察にて、容疑者として取り調べを受ける場面。 冷静に自分の状況を判断しつつ、警察官それぞれの性格を見抜き、適切な アドバイスも授けつつ、自ら真相を見出そうとするのだった。


探偵という立ち位置ではなく、捜査する側ではなくされる側として 話が始まったのはなかなかに秀逸。内容としてはアームチェア・ディテクティブ、安楽椅子探偵ものに近く、主人公が推測したことを マシンガンのようにくっちゃべるというものであるが、 それをどう漫画に載せるか、という技術は素晴らしい。 人を入れ代わり立ち代わり配置できる取り調べという環境を うまく使い、絵としても飽きさせない空間を仕立てている。


でもこの設定だと続きものとしてどうするのか? と思っていると、件の取り調べで知り合った刑事が 主人公のもとへ訪ねてくる。なるほど探偵ものめいてくるのか、 と思いきや、彼はこれをスルー。しかし彼自身が事件に巻き込まれる 形で第二話は展開されていく。


まぁ、事件がないと推理ものには ならないので、探偵ものは奴が来ると事件が起こる状態になりがち だがそれを踏襲せざるを得ないのは致し方ないか。 とはいえ、面白いのは彼は事件の全貌が見えない中で、 わかる部分から読み解いていくから、であり、 そこが全貌を把握することありきの世の推理ものの成り立ちと 違うからだろう。


そして。主人公の発言には含蓄がある。これを、 ブログやらツイッターやらの発言のように 中軸に据えた作品とするのではなくて、 主人公に流れで語らせるものにとどめて 作品自体はより大きな構造を用意してその中の入れ子としているところが 上手い。主張の激しいキャラクターを、 フィクションの中に溶け込ませる仕組みが素晴らしい。 フィクションで大事なのは、セリフよりも、物語。 主張よりも、流れ。 全体として伝わってほしい何かがないのであれば、 作品として作る意味がない。 作品を作るということは、作品でなければ伝えられない何かがあるべき、 というかそうでなければ作品は作り上げることができないし、 そうでない作品は作品として面白いと感じてもらえない。 そんな当たり前のことを改めてしみじみと感じる逸品。


【データ】
田村由美 (たむらゆみ)
ミステリと言う勿れ
【初出】flowers(2017年、2018年) 【発行元/発売元】小学館 (2018/1/10) 【レーベル】flowersフラワーコミックスα 【発行日】2018(平成30)年1月15日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→ ミステリと言う勿れ(1) (フラワーコミックス)

話題沸騰★青年・久能整!ついに登場!!
『BASARA』『7SEEDS』の田村由美、超ひさびさの新シリーズがついに始動!! その主人公は、たった一人の青年! しかも謎めいた、天然パーマの久能 整(くのう ととのう)なのです!!
解決解読青年・久能 整、颯爽登場の第一巻!!
冬のある、カレー日和。アパートの部屋で大学生・整がタマネギをザク切りしていると・・・警察官がやってきて・・・!?
突然任意同行された整に、近隣で起こった殺人事件の容疑がかけられる。 しかもその被害者は、整の同級生で・・・。 次々に容疑を裏付ける証拠を突きつけられた整はいったいどうなる・・・???
新感覚ストーリー「ミステリと言う勿れ」、注目の第一巻です!!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 田村由美/ボクが泥棒になった理由
【オススメ】 田村由美/猫mix幻奇譚とらじ

■当サイトの月間オススメはこちらから

<< | 2/26PAGES | >>

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM