メノタ/奥さまはドードー鳥


奥さまはドードー鳥 (クロフネコミックス)

■題名どおり、ドードー鳥と結婚した 旦那さんの話。ワンアイディアの出落ち設定だが、 そのナンセンスな設定を掘り下げたところに可愛らしさがある。 とことんやると活路が生まれる好例。

人と鳥が併存する世界の話。鳥は普通に言葉を話す。 互いをパートナーに選べ、街は大きな森のなかにある時代。 天使が伴侶という人もいる。主人公も、奥さんは ドードー鳥であるという。…絶滅種では…。


プリンも食うしチキンも食う、と。食事も作ってくれる。 いや、どうやって?みたいなこともあるのだが、 そこはそれとして。話を先に展開したエピソードもあるが、 寧ろ本作の面白さは過去にさかのぼって描くものにある。


人と鳥が結婚して仲良く暮らしているエピソード、 というのは出落ち感漂うだけに、 過去に戻ってふたりの出会いの場面を描く話は なるほどという納得感があった。 無茶な内容ほど、掘り下げたほうが面白みが出る。


可愛らしい一品。2017年作品ですが著者の新作( 果ての星通信 ) が 面白かったのであわせてご紹介。


【データ】
メノタ
奥さまはドードー鳥
【発行元/発売元】 リブレ (2017/3/23) ※電子版で購入
■評価→ C(標準)
■購入:
amazon→ 奥さまはドードー鳥 (クロフネコミックス)
私・高橋夏彦の奥さんは、ドードー鳥。そんな妻・ももねちゃん(19才)との毎日を描いたほっこり系ラブコメディ。Twitter&pixivでファン続出のももねちゃんが大量描き下ろしを加えてコミックスに! この物語は、人間と鳥が普通にカップルになれちゃうちょっと不思議な世界の、ごく普通の新婚さんのお話です。


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 メノタ/果ての星通信

■当サイトの月間オススメはこちらから

多田由美/レッド・ベルベット


レッド・ベルベット(1) (ワイドKC)

■親や環境に左右される少年の話を、アメリカナイズされた舞台 で描く。映画を見ているかのような流れる構成は見事。

まだ幼い少年の母が亡くなる場面から話が始まる。父は母にまつわるものをすべて封印してしまう。一方で少年は母のケーキのレシピを探し求める。幼馴染の隣家の少年は、悪い連中の窃盗の手引きに使われている。母親は入院中で父親との仲は険悪。ただしそれが双方を思うがゆえの親子の葛藤、歪みでもある。


親子の関係がこじれるなか、治安がさして良くない環境に少年たちが左右される悲劇。それをアメリカ舞台で描く話。80年代から90年代にオシャレとして流行った、描く話は別にオシャレでもなんでもないのだが纏った空気感は確かにオシャレに見えた作品を今あらためて読むような感じ。こだわりのある題材で十年一日な作品を描くことは別に悪いことと思わない。とはいえ新しさは感じないが、古臭さを覚えることもないので別に良いのだろう。


映画のカット割のように一コマづつカメラワークが変わる構成は、流れができて読んでいて心地よい。テクニックとしては申し分なく、一方で話がどうしても明るくはない。あとがきを読めばそれはパーソナルでプライベートなことに表現したいことがあるからとわかる。あとは読者がそれを受け入れるかどうか。環境から抜け出せない子供の話、というのは切実な問題ではあるのだけれど、それをフィクションとして、漫画として読みたいかどうかはまた別の話。


【データ】
多田由美
レッド・ベルベット
【発行元/発売元】 講談社 (2019/4/23) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ レッド・ベルベット(1) (ワイドKC)
多田由美史上最長の連載作、待望の単行本化!亡き母が残したケーキ店のレシピを集めるアール。窃盗団と関わり、抜け出すことのできないランディ。ロサンゼルスを舞台に、問題を抱えながら支え合い、明日に希望を求める二人。きっとなんとかなるよ。


■当サイトの月間オススメはこちらから

士郎正宗、青心社、片理誠、たくま朋正/BLACK MAGIC GHOST DRIVE


BLACK MAGIC GHOST DRIVE 1 (集英社ホームコミックス)

■アイディアのあるサイバーパンク設定だが 色々読みづらい。キャッチーだけど雑な リブートもの。

近未来設定。ハードも進展している時代。 ヒロインは致命的な病気にかかっていたが医療用 ナノマシンで救われる。ただしその手術は 想定通りのものではなく主治医だった父は以来失踪。 ヒロイン自身も電子回路にアクセスできるという 特質を持ってしまった。 この特殊な能力を知る政府は彼女をマークしていたが、 別の組織も彼女を狙って荒っぽいアプローチをかけてくる。


必要な設定をどどんと提示して、で、そういうことなので、 と話を転がしていくスタイル。説明されないよりは親切だが、 背景の提示の仕方としてはスマートではない。 絵も魅力的なのかあるいは見づらいのか雑なのか、 SFは本来、読者にとって現実でないもの、理解しがたいものを 提示するものなので、見やすい描写とするに越したことはないと 思うのだが。


擬態ありサイバーパンクもの、今となっては別に目新しさはなく、 その点でキャラクターで見せていく話として生まれかえるほか ない。サイバー世界に潜りつつ、アクション展開も付け加えたのは 読みやすい気もするが、話が進めば逆に厄介になるような。


【データ】
原作=士郎正宗、原作協力=青心社、設定協力=片理誠、作画=たくま朋正
BLACK MAGIC GHOST DRIVE
【発行元/発売元】 集英社 (2019/4/19) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★
■購入:
amazon→ BLACK MAGIC GHOST DRIVE 1 (集英社ホームコミックス)
西暦2100年――ごく普通の高校2年・結衣坂梓はかつての医療事故で脳をナノマシンに汚染され、それ以降「様々な電子回路に瞬時にアクセスできる」という特殊な能力を有していた。 白昼の学園を突如襲うテロリスト。身辺を内偵していた警視庁特務課の助けを得て逃げる梓の前に、自律人型戦車M-66が立ち塞がる!


■当サイトの著者他作品レビュー
たくま朋正/コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー
たくま朋正/FRAME SABER

■当サイトの月間オススメはこちらから

村田椰融/妻、小学生になる。


妻、小学生になる。 1巻 (芳文社コミックス)

■記憶を持ったまま転生した小学生が、 元妻、元母として夫と娘の前に現れる。

男やもめの中年の家、同居の二十代の娘は在宅ワーク、 父の買ってきたコンビニ弁当をふたりで食べる生活。 そこに玄関のチャイムを鳴らして訪れたのは 見知らぬ小学生の女の子。しかし彼女は「ただいま」と言った。


彼女は、亡くなった男の妻、娘の母、の生まれ変わり。 前世の記憶が戻ったのだという。 生活が気になりいろいろ助言しにきたが、 本当は見ることができたかったはずの姿を見ることができて 嬉しい、と。そうして彼女はちょくちょく、元家族のもとを訪れることになる。


そうした転生ものであり疑似家族ものでもあるコメディ。 元夫はすんなり受け入れてしまうところが凄い。何者だこの人…。 娘も就職活動を始め、夫も職場での態度が明るくなるなど、 家族環境は改善。夫も娘も飲み込みが早い分、展開は早いが、 その分この後どうするの感は漂う。


夫は会社で若い女子に興味を持たれており、その延長線で 元妻との関係も疑われる。そこは元妻が機転をきかすが、 社会的に危うい状況であることに変わりはない。 が、話はそこから元妻の現在の状況、小学生としての生活に 話がシフト、学校での風景から、現在の家庭に 焦点が当たったところで巻またぎ。 なるほど、現実的な問題にフォーカスしていくのか、 と感心した。とはいえこの設定は出口がない、というか 着地が限られる。ある種出落ちな話なわけだが、 正直、この後どうするんだろう。


【データ】
村田椰融
妻、小学生になる。
【発行元/発売元】 芳文社 (2019/4/16) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★
■購入:
amazon→ 妻、小学生になる。 1巻 (芳文社コミックス)
10年前、妻を亡くした新島圭介はずっと失意の中にいた。だがある朝、小学生の女の子が、自分は他界した妻だと言ってやってくる。こうして、小学生の姿をした妻との人生が再び動き始めた!最強の愛妻家と小学生妻(中身はアラフォー)の究極の純愛!!描き下ろしマンガ「在りし日の貴恵と圭介」を収録!


■当サイトの月間オススメはこちらから

西荻弓絵、飛松良輔/天を射る


天を射る (1) (ビッグコミックス)

■江戸時代舞台に貧乏武家の三男坊が弓術にすべてを懸ける。

京都の蓮華王院三十三間堂、 矢を射通す堂射、通し矢で天下惣一、記録達成に 懸ける男の話。


江戸時代、天下泰平の世の中。 主人公は貧乏武家の三男坊。 長男は弓も剣も優秀で藩の武術指南役への推挙も噂され、 次男は頭脳明晰で藩校の師範代を務めている。 そんな中、主人公も弓の道で天下を取りたいと夢を見る。


同じく三男坊の身の幼馴染が弓と矢を作り、 それを使って彼は名を上げようとする。 たまたま暴走した牛を止めようとした際に 通りがかったお武家様が藩の弓術指南役であり、 主人公はその才と度胸を買われ内弟子にスカウトされる。 そこで彼は、正規の手段で幼馴染とともに入門したいと 条件をつけるのだった。


星野勘左衛門、星野茂則をモデルとした物語。つまり主人公は 実在しており、なので史実から彼が 天下一の大記録を樹立することはわかっている。そうした上で 読む話であり、構成や演出を楽しむ話。 友情をベースとした話は読む限りではいったん小休止、 修行ベースの話で展開していくのが一巻の後半。 そうした展開、構成は確かに読ませる。読ませるのだが、 このテーマ設定で、弓道勝負以外の何かが果たしてあるのか。 その枠の中での最善の作とはなるだろうが、 それを読みたいかというと、正直疑問符は残る。


【データ】
原作=西荻弓絵、漫画=飛松良輔
天を射る
【発行元/発売元】 小学館 (2019/4/26) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→天を射る (1) (ビッグコミックス)
“江戸のオリンピック”で天下一を射止めよ
京都「三十三間堂」本堂軒下。 全長約120mを端から端まで、矢を何本通せるか―― 「通し矢」は藩と藩の面子を懸けた“江戸のオリンピック”。 これは「堂射(どうしゃ)」とも呼ばれた弓術競技で天下一を目指した若者達の青春の物語――
主人公の勘左(星野勘左衛門:ほしのかんざえもん)は尾張藩貧乏武士の三男坊。 長兄・次兄に比べて取り柄のない勘左は、 「堂射で天下一を成し遂げれば立身出世も思いのまま」 と言われても、「自分の夢」とは無縁だと思っていた。 ある日、「運命の出会い」が起こるまでは――
勝てば天下無双、負ければ切腹覚悟。 「志と勇気」の物語が幕を開ける!
テレビドラマ『SPEC』『ダブル・キッチン』の大ヒット脚本家、西荻弓絵氏×迫力満点の画力俊英、飛松良輔氏の強力タッグでおくる成り上がり譚!


■当サイトの著者他作品レビュー
飛松良輔/ブルタックル
■当サイトの月間オススメはこちらから

佐久間力/壁ドン!


壁ドン!(1) (ビッグコミックス)

■痩せていることがコンプレックスな少年が ボルダリングに出会う。

痩せたいと思う人が多くいるなか、 太りたいという思いは嫌味に聞こえる。 しかし少年は痩せていることが苦悩で太りたいと思っていた。 そんな彼が、入学した学校で出会ったのが、ボルダリングだった。


痩せているほうが自重がない分、スポーツクライミングには 向いている、という話。ただそれだけではなく、壁にぶつかると いつも別の道を探していたことから、そうした自分から抜け出し、 自分自身を超えていきたいという思いとクライミングが 主人公に合致した面が大きい。加えて彼はもともと 先を読むシミュレーションに長けていた。オブザベーション ができる才能。それはスポーツをするには必要な能力だが、 今まで生かされる環境の中にいなかった不幸が彼にはあった。 かくして、彼の秘められていた才能が発掘される。


底辺だったのに腐らず努力をはじめ、 他の有望選手に引っ張られ、遅いスタートながら めきめき成長していく、というスタイルは スポーツ漫画として王道。 競技的にヒロインも用意しやすく、実際現実でも 女子選手は大活躍中。山岳部がトラブルあって廃部していた、 という経緯も割とリアルな世界に近い話。 ライバル学校も用意して、一巻の仕上がりはなかなかだが、 周囲の設定がオーソドックスな分、 この先おもしろい話に組み立てるのは少々難しそうな気もする。


【データ】
佐久間力
壁ドン!
【発行元/発売元】小学館 (2019/4/26) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→壁ドン!(1) (ビッグコミックス)
人生逆転の壁!本格ボルダリングロマン!
中学時代、空気以下の存在感で最下位男子だった大野会心(かいしん)は高校入学初日、誤って転落死しかけたところを同級生の夏目登姫(とき)に救われた。登姫は世界が注目する天才ボルダリング少女だった。登姫に自分のコンプレックスだった痩せ型の体型を褒められた会心は、新しい自分に出会うため、スポーツクライミング部に入部。目指すは大きく五輪出場!最下位からの人生大逆転の壁、登れるか!?


■当サイトの著者他作品レビュー
佐久間力/ MAGiCO

■当サイトの月間オススメはこちらから

クサダ/先輩が忍者だった件


先輩が忍者だった件 1

■会社の女性上司が実は忍者だった、という設定 で展開する忍者コスプレコメディ。

会社の上司は実は抜け忍だった。忍者の里からは 連れ戻そうとする勢力があり、常にそれと 戦ってきた。が、その現場をとうとう部下に見られてしまう。 しかしその部下は、忍者好きだった。 彼は上司に忍者であることを黙っているかわりに、 自身の用意した忍装束を着させようとする。


秘密を鍵にした人間関係が斜めの方向に転がっていく、 という種類のコメディ。忍者の争いに巻き込まれた 形の一般人が変な趣味嗜好を持っているおかげで 話をあらぬ方向に広げていく。一方で忍者の里のほうも 抜け忍を亡き者にするのではなくて連れ戻そうとして いるぬるさ故に全体に心地よい湯加減の話で転がる。


他の忍者も出てきつつ、話が忍者装束周りに収斂されてきて、 コスプレコメディ的な感じになっていくのはご愛嬌も、 そこが本作の一番の魅力。


【データ】
クサダ
先輩が忍者だった件
【発行元/発売元】白泉社 (2019/3/29) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ 先輩が忍者だった件 1
忍者スチャラカOLお色気健全ギャグまんが待望のコミックス化。石田君の美人上司・服部は憧れの忍者♪ 正体を知られた代償に石田考案の忍者装束を嫌々着用して追手と対決! 戦いの行方は如何に!?


■当サイトの月間オススメはこちらから

<< | 2/642PAGES | >>

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM