カルロ・ゼン、品佳直/売国機関


売国機関1 (BUNCH COMICS)

■実際に戦う者と、戦わざる者とのギャップを描く架空歴史もの。 前提が分かりづらいのが難点。

西と東を大国に挟まれた共和国。緩衝国とされていたが それが揺らいだがために両国の戦場とされ蹂躙された。 そして大国同士の手打ちにより終戦。かくして東西の 影響力を受けるなか、休戦なのか終戦なのか、 終の平和か束の間なのか、国民は様々な考えを持ち、 行動に移す。そんな混乱のなか、平和をすべての脅威から 死守する特務機関が物語の舞台として描かれる。


憎き敵国との安保条約を受け入れて何が自由か、 売国奴め、自由を!独立を!と訴えデモを起こす国民たち。 強制された平和でも、平和は平和。その平和を手に入れるために どれだけの犠牲を払ったのか。そもそもそんな独立を手に入れられる 力があるのか。ないからこその現状ではないのか。 そして反対を叫ぶ者は一体どう尽力しどう動き働いたのか。


かような認識の差を描写しつつ、本作が描くのは、 反動的な運動と通じる者たち、スパイの炙り出し。 誰がどのような思惑でどう国を食い物にしようとしているのか。 それを、百戦錬磨な上官のもとに、学校を首席で出たばかりで 新規に配属された新人を絡めることで多少読みやすく仕上げている。


とはいえ前提となる話が理解しづらい。冒頭数ページでざらっと 文字で説明されるだけなので、物語世界に没入するには時間がかかる。 ポーランドがモデルである、といわれてもまぁなかなか、 なるほど、とはならない。まぁアジアでも似たような環境はあるわけだが。話の本筋はそうした中で独立国として生きる小国は どうあるべきか、なので読んでいて分からないことはないのだが、 しかし両大国がどういうものなのか、がさっぱりなので 全体像が見えない。一巻はその状態で終わってしまうので、 靄がかかった印象が残る。まぁ漫画の単行本という形態が抱える 宿命か。


【データ】
原作=カルロ・ゼン、漫画=品佳直 (しなよしなお)
売国機関
【発行元/発売元】新潮社; B6版 (2019/2/9) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 売国機関1 (BUNCH COMICS)
チュファルテク合同共和国――。 戦争が終わった国家を舞台に、内なる暗闘が始まる。 ”愛国者”の敵は、いつだって”愛国者”だ。『幼女戦記』のカルロ・ゼン最新作!! これは、血と鉄で刻む戦後を抱きしめる物語――。


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 カルロ・ゼン、石田点/テロール教授の怪しい授業

■当サイトの月間オススメはこちらから

むつき潤/バジーノイズ


バジーノイズ (1) (ビッグコミックス)

■雰囲気もの音楽もの。 主体性のない主人公を バディが動かすスタイルの話。

住み込みの管理人をしている若い男性。 彼が唯一好きなものは、音楽。自分で音楽を 作って鳴らせればいい、と思っている。 だが管理会社に音楽がうるさいと苦情が入り、 管理人が騒音ってアホか、 今度やったら後任探すから出ていってくれと 言われてしまう。静かにしなければ。 しかしそうすると、では、音楽が流せないのなら、 この生活になんの意味が?


そんなことを考えていたとき、唯一話かけてくる 住人である女性から、自室に住んでいるのは誰? と問われる。苦情を入れた当人か、と思っていたが、 いつも聞こえる音楽がおしゃれでよいと。 それは実は…と答えかけたとき、女の子は 彼氏がバンドマンで、表現できる人っていいよね、 とかぶされて、感情を乱された彼はそれ以上何も言えなくなった。


という冒頭から、急展開。彼女は彼氏と別れ、 管理人はクビになり管理人でなくなる。 そして元管理人である青年の奏でる音を 女性は動画でとり勝手にSNSに上げる。 すると大きな反響が。彼女は仕事と部屋が決まるまで、 自室で暮らすことを彼に提案する。


想定外の同棲もの、なのだが その設定を特に生かさぬ一巻の展開は素晴らしい。 音楽を演奏して聴ければそれでいい、という 生産性も向上心も特にない人物が、 引っ張られ引きずられ引き上げられていく バディもの。 ただし、その音楽がDTMである、ということ を除けば別に目新しい話ではない。 そして、音楽を漫画で描く以上、 雰囲気ものとならざるをえない。


それが良い方向に働いているようには見えるが、 転がしていくのに難しい題材ではあるだろう。 ただ、現代のモラトリアムものとして 向いている題材ではある。自分のほしいものが 手に入らないもどかしさ。ここではないどこかへ。 それを、他人にもとめているところが 面白いが、実は社会とはそういうものなので、 自分が一人でもがく話よりも人間の本質をついている 作品のように思う。


【データ】
むつき潤 (むつきじゅん)
バジーノイズ
【発行元/発売元】小学館 (2018/9/12) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ バジーノイズ (1) (ビッグコミックス)
新時代の“音楽”ד恋愛”体験。
「すきなもんいっこ、あればいい」――そう、思っていた。
マンション管理人をしながら、趣味で音楽を奏でる「だけ」。 “シンプルで完璧”な生活を送る清澄(キヨスミ)。
しかし――清澄が出逢ってしまったのは、バンドマンに恋をする女・潮(ウシオ)。 閉じた世界に流れ込む強烈な“ノイズ”が、清澄の人生を大きく変えてゆく―――
たったひとりと出逢うだけで、世界が変わる。 耳障りで、少し心地良いノイズ。


■当サイトの月間オススメはこちらから

谷和野/アドレスどちら


アドレスどちら (1) (フラワーコミックスアルファ)

■家族制度が違う社会を描くSF的作品は、 良くも悪くも70年代少女漫画風。

寮制度の学校にやってきた少年。 他の学校には通ったことはなく、読み書きも出来ないという。 その子の世話を「お母さん」から仰せつかった 少女は、そのことを他の「お母さん」や「お父さん」には 言わないようにと釘を刺されていた。


家族の形が違う社会での話。学校での共同保育スタイルと なっており、学校自体がコミュニティ。そこで、 「お父さん」「お母さん」と呼ばれる先生のような 保育士のようなメンターのような存在が複数存在し、 担当制度が敷かれている様子。


そんな中に、異物として放り込まれてきたのが少年。 彼は、おそらくは実の父母のもとで育てられてきた様子。 しかし社会がかような形なので外に出ることは許されず。 一方で読み書きも教えられなかった理由は果たして何故なのか。


但し物語の本題はそこにはないようで、オトナたちの思いと、 それに救われたはずの子供、「学校制が始まってから 大人のせいで死んだ子は1人もいない」という話。 絶対とお父さんお母さんたちが思われていたが、 そこに風穴をあけた少年の行動。彼をトリックスターとしつつ、 たぶんは彼の面倒を見ている少女が本作のヒロインとして 能動的に動いていく話となるのだろう。


まぁ、構造や構成はわかる。絵も雰囲気も内容も似合っている。 ただ、1970年代の少女漫画を読んでいる者にとっては、 なんか既視感がある話だな、という思いがする。 別にそれでも良いのだが、突き抜けたものがない分、 新しみも感じないとなると、両手をあげて「いいね!」とは 言いづらい。若い人は素直に楽しめば良いと思いますが。


同じような話でも、「 約束のネバーランド 」だと 対決や脱出の知恵比べを前面に出していてテクニカルに 読みやすい分、そこに取っ付く人がいたように思う。 「 進撃の巨人 」も同じで、コアとなる部分に 目新しいものは実はなく温故知新というか 過去もののリメイクに近いのだが、 デコレーション要素が目を引いて人気になる、 という仕掛け。今どきはそういう作り方がより向いているのだろう。


ただしそうした作りの作品は 話を収束させていく必要があるために、 完結に向けて広げた風呂敷を畳んでいくため 失速していく感じとなり、構成がしっかりしていないと ぐだぐだ感が出ることになる。 本作の場合は、そうしたデコレーション で飾り立てなかった分、 巻を重ねることで世界が広がっていくことができれば、 作品が続くにつれ評価はますます上がっていくことになるのだろう。


【データ】
谷和野 (たにかずの)
アドレスどちら
【発行元/発売元】小学館 (2019/2/8) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ アドレスどちら (1) (フラワーコミックスアルファ)

ここは「秘密」の多い学校。谷和野最新刊!
誰もが虜になる!少しふしぎな谷和野ワールド最新刊!
子どもたちが、本当の両親ではないたくさんの「お父さん」「お母さん」と暮らす学校。 学校で育ってきたエニコは、外の世界で両親と暮らしていたという転入生・サイラスの世話係になることに。 サイラスの知る外の世界や、新しい価値観に触れエニコは次第に…!? ミステリアスで、少しふしぎな世界観で繰り広げられる少年少女の成長譚。
「いちばんいいスカート」「はてなデパート」等、熱烈なファンを持つ谷和野の新シリーズです。


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 谷和野/はてなデパート
【オススメ】 谷和野/魔法自家発電
【オススメ】 谷和野/いちばんいいスカート
■当サイトの月間オススメはこちらから

久野田ショウ/一日三食絶対食べたい


一日三食絶対食べたい(1) (アフタヌーンKC)

■世紀末の疑似家族もの。ゆるいがシビアさシリアスさもあり。

就職活動で主人公が主張した長所、それは「1日3食絶対食べること」 「これからもその3食をずっと食べ続けたいので」「働くしかないんで来ました」という。ニートのままじゃ同居人に嫌われてしまうかもしれないので、と。


ゆるい頭の主人公を描くのんきな話、に見える冒頭と題名だが、実際は氷河期に陥った世界での話。主人公が一緒に暮らしているのは、 親族と離れ離れになった年下の女の子。彼女がしっかりものなのだが それに頼るばかりではいけないと職を探した主人公が得たのは、 外へ出て過去の文化の遺物を探し収集する仕事だった。


つらい状況の中だが、基本勝手な人しか出てこない話で小気味良い。 ある程度勝手じゃないと生きていけないでしょ、 と思うと、実際生き残るのはこういう人たちな気もする。


しかしこのあと展開どうするのかな、と思ったが、他にも人の住んでいるコロニーというかビオトープがある、という話をもってきて、 そこに生き別れの家族親族がどこかで暮らしているかもしれない、 という要素をぶつけてくるのは、なるほど、そこだけしかコミュニティがないという設定でなければいけるわけだな。


そして、主人公は同居人の家族を探そうと思い、一方で同居人は 主人公こそがもはや家族であると思っているという優しさのすれ違い は本作の根幹が表出しているエピソード。このエピソードを解決させずに巻またぎ、というところは上手い。


【データ】
久野田ショウ (くのだしょう)
一日三食絶対食べたい
【発行元/発売元】講談社 (2019/2/13) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→一日三食絶対食べたい(1) (アフタヌーンKC)
突如として大洪水に襲われ、あらゆる文明は水没。その後、氷河期を迎えて滅びかけた世界――。生き残った少数の人類は、自給自足の生活を強いられている。ダメ人間のユキは、リッカという少女と同居しているが、病弱なリッカはやせ細っていくばかり。彼女に1日3食おいしいものを食べさせてあげたい……クズだけど、ダメだけど、イヤだけど、大事な君のために働かなくては。滅亡寸前の世界で、少女のためにダメ人間が踏ん張る!



■当サイトの月間オススメはこちらから

綱本将也、谷嶋イサオ/ミスター・シービー


Mr.CB 1 (ヤングチャンピオン・コミックス)

■手慣れた構成のサッカーもの、 新しい何かがあるわけではないが安心して楽しめる。

下部リーグで昇格を狙うサッカーチームの 最終節の試合から始まる話。熱心なサポーターは いるがスタンドにいる客の数はまばら。そんな中、 声援を受けるのは、伝説のプレイヤーと、新人のディフェンダー。 そして話は一年前に戻る。


有名選手が移籍して昇格を狙うも果たせず、 親会社が興味を失ってリストラを 考えているとの噂のなか新GMが送り込まれる。 その思惑は本当に撤退したいのか、奮起させたいのかは 不明。そしてスタープレイヤーはたまたま出会った 体幹の強い高校生を加入に抜擢、新風を吹き込ませようとする。


「GIANT KILLING 」の綱本将也氏原作によるサッカーもの。 題名は狙ってのものだろうが、別に競馬は関係ない。 現在を見せた後で過去に戻って描き始める手法は基本的に先が見えてしまうので嫌いなのだが、本作の場合は過程が面白そうなので 良しとする。また頻繁に過去から現在に戻る手法は物語の 勢いを殺すので評価したいのだが、一巻の巻末で現在に戻す 本作の構成は良く考えられていて悪くない。


主要なキャラクターに絞り深く描きつつ、全体を俯瞰する状況を 挟むためには、この構成が上手いのだろう。 よく考えられた流れになっていて読みやすい。 ただ、サッカー漫画が溢れているなかで、 何を描きたかったのか、という点については微妙。


地元密着で人気があり運営もついているのだが いまいち昇格しきれないフットボールチーム、という題材は 東京城北地区住民としてはなかなか身につまされるものがありますが…。


【データ】
原作=綱本将也(つなもとまさや)、漫画=谷嶋イサオ (たにしまいさお)
Mr.CB(ミスター・シービー)
【発行元/発売元】秋田書店 (2019/2/20) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ Mr.CB 1 (ヤングチャンピオン・コミックス)
舞台は昇格を目指す国内3部リーグの小さなクラブ。元サッカー日本代表の吉永は無名の高校生・千明にセンターバックとしての資質を感じ、育てはじめる。サッカーに関わるすべての人々へ捧ぐ、熱き魂のセンターバック物語!!


■当サイトの著者他作品レビュー
山口かつみ、谷嶋イサオ/=イッパツ
【オススメ】 綱本将也、たまきちひろ/ボール・ミーツ・ガール
【オススメ】 綱本将也、山根章裕/スピーディワンダー
【オススメ】 綱本将也、ツジトモ/GIANT KILLING
【オススメ】 綱本将也、高岡永生/Goal Den Age

■当サイトの月間オススメはこちらから

天原、クール教信者/平穏世代の韋駄天達


平穏世代の韋駄天達 1 (ヤングアニマルコミックス)

■大過なき時代に生まれた ゆとり世代の神々たちが、魔族と相まみえることになる。

魔族に滅ぼされかけた人間が祈り願った 挙げ句生み出したのが韋駄天と呼ばれる戦いの神であった。 魔族を滅ぼしてから800年。その間、魔族は出現せず 神もほぼ出現することはなかったのだが、 ここに来て神が頻繁に生まれることに。 そして人間界では戦闘国家が誕生し、 魔族を復活させようと動き始めた。


神の存在が人間の願いに連動しているという設定は面白い。 ただしそうした設定にすると神に主体性がないように見えてくる。 その状態で神々の修行の様子を見せられても、 読者としては話に入り込みづらい。 人間界ではマッドな国家が他国を蹂躙する様を描いて、 これもこれで読んでいて気持ちの良いものではなく。


バトル自体が迫力を感じさせない絵柄で描写されるので、 作画のミスマッチという感は否めず。 編集出版サイドが何をしたくてこの作品に手を出したのか、 クビをかしげなくもない。


【データ】
原作=天原、作画=クール教信者
平穏世代の韋駄天達
【発行元/発売元】白泉社 (2019/1/29) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★
■購入:
amazon→ 平穏世代の韋駄天達 1 (ヤングアニマルコミックス)
WEB漫画の傑作がWEB界のカリスマ2人の手で運命の再始動!! かつて、この世界は魔族に滅ぼされた。 近代兵器も通じない怪物魔族の前に、人類は滅びる寸前を迎えていた。打つ手を失った人間たちは救いを求めて祈り続けた。祈る以外に道はなかった。そして神は現れた。韋駄天と呼ばれる戦いの神。彼らは突如この世に現れ魔族を倒した。現在より800年以上昔の話である――。魔族を封じて800年。時は過ぎ…平和な時代に生まれた韋駄天=戦いの経験のない「平穏世代の韋駄天達」の前に再び、魔族が復活する。神・人・魔物の800年ぶり生存闘争、開幕!!!


■当サイトの著者他作品レビュー
クール教信者/もののけ◇しぇありんぐ
【オススメ】 クール教信者/さび抜きカノジョ
【オススメ】クール教信者/小林さんちのメイドラゴン
クール教信者/滅子に夜露死苦
【オススメ】 クール教信者/おじょじょじょ
【オススメ】 クール教信者/小森さんは断れない!

■当サイトの月間オススメはこちらから

後藤羽矢子/アスクミ先生に聞いてみた


アスクミ先生に聞いてみた 1 (バンブーコミックス)

■人生相談もの定型コマ6ページショート漫画。

妙齢婦人の先生が、生徒たちの問いに丁寧に答える 人生相談Q&A的漫画。


発想は面白い。内容も相応。「 チコちゃんに叱られる! 」的な事実真相解明系ではないのは良い。 クイズ的ではなく、また、それは事実ではない、 とのツッコミを受けることもなくて済む。


話題は、常識やルールなど生々しいもの。 なので、正解があるわけではない。 ただし考え方としてはこれが妥当だろうというラインはある。 そこについて、丁寧に回答している。素晴らしい。 きちんと落ちもつく。「中島らもの明るい悩み相談室」みたいなもの、というとそこまで飛んだお題はないが。


【データ】
後藤羽矢子
アスクミ先生に聞いてみた
【初出情報】【発行元/発売元】竹書房 (2019/1/26) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ アスクミ先生に聞いてみた 1 (バンブーコミックス)
「いい人」すぎる友達って正直、ウザくない? こう感じるのって私だけ?先生、教えて! などなど相談者が殺到中!あなたの悩みもここにある! ★単行本カバー下画像収録★


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 後藤羽矢子/うわばみ彼女
後藤羽矢子/パヤパヤNOTE
【オススメ】後藤羽矢子/ねこまった!
後藤羽矢子/アソコのプロジェクト
【オススメ】 後藤羽矢子/ハーフでいっとこ
【オススメ】 後藤羽矢子/コミカプ
後藤羽矢子/後藤羽矢子の裁判びゅー日記
【オススメ】 後藤羽矢子/ゴーイン!!マイクック
後藤羽矢子/プアプアLIPS
【オススメ】 後藤羽矢子/あそこの処方箋
【オススメ】 後藤羽矢子/シスコなふたり

■当サイトの月間オススメはこちらから

<< | 2/639PAGES | >>

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM