【オススメ】 黒谷知也/書店員 波山個間子


書店員 波山個間子 (1) (it COMICS)

■【オススメ】書評もの漫画か、と思ったが、 これは一味違う。本の紹介にとどまらず、 咀嚼し消化したうえで提示されている。

押入れで寝るような生活を送っている女性が主人公。 彼女の部屋は本がいっぱい。そんな彼女の仕事は 本屋「青ひげブックス」のブックアドバイザー。 読んだ本も読んだことのない本も、意識して覚えるように している。


そんな彼女を主人公とした、本をめぐるお話である。 絵は線が細く描き込みの少ないもので素っ気ないが、 読ませる話で、読み手を没入させる。


主人公は物語に没入して感情移入してしまうような タイプ。それゆえ、彼女がオススメする本は、自分の体験を踏まえて 自分の言葉で紹介する。それが一方の魅力だが、 本作はそれだけではない。書店のブックアドバイザーなので、 売ることが前提としてある。


更に、主人公がブックアドバイザーとして起用されているのは 彼女が店長のお気に入りであり依怙贔屓されているからであるとか、 彼女が本を読むようになった、そしてある著者の本だけは読んでいなかった 理由など、ブックアドバイザーという仕事よりもその仕事に就いている 主人公のことを描くことが主軸なので、上っ面ではない 腰の入った話になったのだろう。


【データ】
黒谷知也 (くろやともや)
書店員 波山個間子
【発行元/発売元】KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2017/2/15) 【レーベル】itCOMICS 【発行日】2017(平成29)年2月15日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→書店員 波山個間子 (1) (it COMICS)
「青ひげブックス」で、ブックアドバイザーとして働く書店員・波山個間子。接客は少し苦手だけど、読書量と本の知識ならこの店随一。お客様と本との出会いをとりもつために、本の世界を彼女は今日も歩き回る。


■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 柴/おおきなのっぽの、


おおきなのっぽの、(1) (シリウスコミックス)

■【オススメ】背が高いことがコンプレックスな 小学生の女の子を描く普通のお話。その普通さが魅力。

ヒロインは小学四年生の女の子。でも大人並の 身長に育ってしまっており、それを本人は気にしている、 という設定の4コマもの。


基本的に、それだけ。小学生としての生活を、 普通に描く。とはいえ同じ日常同じ舞台を描くわけではなく、 イベントを交えていくので変化がある。 そこが、高校大学などで部活舞台に喋っているだけの 作品と違うところである。


4コマものだが動きがあるように見えるのは、 アップとロングで構図を使い分けているからだろうか。 また、ヒロインが背が高いという設定なので、 人物の高低を活かしたエピソードの多さが 絵にメリハリをつけている。


普通に楽しくて、その奇を衒っていない普通さが良い作品。


【データ】
柴 (しば)
おおきなのっぽの、
【発行元/発売元】講談社 (2017/1/6) 【発行日】2017(平成29)年1月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→おおきなのっぽの、(1) (シリウスコミックス)
小学四年生の古戸蛍は、総菜店「竹宅亭」の一人娘。平凡な小四女子の蛍ですが、彼女の身長は170センチ! そして日々成長しているのです。おおきなのっぽの小四女子とその周囲の人々の、家庭や学校でのゆかいな生活や成長を四季の移り変わりと共に描く日常系4コマ。


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 柴/白衣さんとロボ

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 中村力斗、あさの/少女Aの悲劇


少女Aの悲劇(1) (マンガボックスコミックス)

■【オススメ】宇宙人ものコメディ。バカバカしいコントは個人的に好み。

ヒロインは高校からの帰り道、ピンチに陥る。実は人知れず地球の 高校に通う宇宙人であり、宇宙船で下校途中、トイレが壊れており、 これは家まで間に合わない、ということで地球に引き返す。が、そこで 空から舞い降りたところをクラスメイトに目撃されてしまう。


ちなみについでに失禁したところも目撃されるという展開なので 適度にお下劣な要素あり。そういうところで笑わせようとしているのかな、 と思ったが、もっと徹底的に笑いに貪欲な作品だった。その熱意に脱帽する一作。


ヒロインは友だちもできた地球での生活を満喫したい。しかし、 正体がバレたとなると対策をとらねばならない。答えは3つ。 目撃者を殺すか、目撃者のすべての記憶を抹消するか、あるいはヒロイン自身が 地球を去るか。・・・目撃者とすれば、何を勝手な話を、最後の選択肢をとってくれないかな、と思うが、本作の主人公である目撃者も当然そう考える。


この主人公が凄いところは至ってクール。冷静に物事を考え宇宙人にも動じない。というか、勉強第一で その他のことはどうでもいいという人物なのである。なので友人もいない。彼女が宇宙人というだということを話す相手さえいない。いないのだけれど、ヒロインは彼につきまとう。そんなコメディである。


彼は自分の勉強を邪魔する者は許さずサディスティックな行動をとる。彼女に対しても本当に邪険。とはいえ監視のため四六時中共に行動をとる彼女には情も湧いてくる。ただしそれを当人は意識していない。まぁしたくないだけかもしれないが。


そんな彼の相手には、適度に反応ができて適度にスキがある人物が向いている。コントを展開にするには、だが。そのためヒロインはだいぶんおバカに描かれている。が巻末になってくると彼女のおバカさではなく彼のアナーキーさが話に主軸になってくる。・・・ちょっと最後は変な展開で嫌な気はするのだが、続刊は読んでみたい。


【データ】
原作=中村力斗(なかむらりきと)、漫画=あさの
少女Aの悲劇
【発行元/発売元】講談社 (2017/2/9) 【レーベル】少年マガジンコミックス 【発行日】2017(平成29)年2月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→少女Aの悲劇(1) (マンガボックスコミックス)

浅川結真のささやかな願い、それは高校生活を謳歌すること。しかし、悲しくもその願いはクラスメイトの林秀雄に、自らの正体が宇宙人であることがバレたことであっけなく崩壊。変わりに始まったのは、暴力、暴言に溢れる過酷な日々だった!!


■当サイトの著者他作品レビュー
あさの/麻宮さんの妹

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 柴/白衣さんとロボ


白衣さんとロボ 1 (バンブーコミックス)

■【オススメ】ちょっとサドっ気入った天才女子と、 彼女の作ったロボとの漫才コント。

家でも大抵はセーラー服に白衣姿という 女の子が主人公。そんな彼女と、 彼女が作ったらしいロボが同居するという 4コマものである。


基本的には、自由なヒロインに対しておかんのような ツッコミを入れるロボ、その足をさらに掬うヒロイン、という コント。そのテンポがよい。


ネタ自体は科学的なものよりも科学の子であるはずの ロボが異様に人間っぽいので普通のコンビものに近い。 が、家庭内の日常を普通の人間同士で 漫才仕立てにする、というのは案外難しそうで実際 さほど存在しないので、こういう転がし方は正解 なのではなかろうか。


ロボが壊れるとか夢オチとか、そういう結末は避けてほしいなと思って読んでいたが、 巻数表示あって続く内容なので一巻ではその手の心配は必要なし。


【データ】
柴 (しば)
白衣さんとロボ
【発行元/発売元】竹書房 (2017/2/7) 【レーベル】BAMBOO COMICS 【発行日】2017(平成29)年2月7日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→白衣さんとロボ 1 (バンブーコミックス)
天才的な頭脳とひねくれた人間性、ずぼらな性格の科学者「白衣さん」。 人間以上に人間くさい人工知能を搭載する、超高性能な苦労人「ロボ」。 昭和にとり残されたようなレトロ家屋で、科学的な同居生活を送っています。 ★単行本カバー下イラスト収録★


■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 ハトポポコ/パンクティーンエイジガールデスロックンロールヘブン


パンクティーンエイジガールデスロックンロールヘブン 1 (バンブーコミックス)

■【オススメ】女の子三人集まってコントのような会話してるだけの 馬鹿話、よくありがちなように見えてもバンドという設定だと面白く見えるのは、 キャラ立ちがいいからか。

題名はやたら長いがバンド名であるらしい。 ロックバンドをやっている三人の女の子の話。 いや、女の子っていっても26歳らしいが。全然ティーンエイジガールじゃない。


女の子三人でコントやってる話。うふふあはは系の作品には興味ないが、 本作の場合はロックな話を持ちかけて自滅する系の馬鹿話。 一番おとなしそうでウブに見えるメンバーが一番かっとんでいて進んでいる、 というオチが控えており、おんなじようなキャラクターで揃えなかったところが ミソ。


そういえば 小坂俊史/サイダースファンクラブ
も好きだったなぁ、ということで、この手の人物構成のこの手の話が 個人的にツボということもある。あとバンド系って、 石黒正数/ネムルバカ サライネス/セケンノハテマデ などコメディタッチで転がすのも結構向いている題材だと思う。 まぁでも本作の場合、殆ど音楽関係ないネタだったりしますが。


【データ】
ハトポポコ
パンクティーンエイジガールデスロックンロールヘブン
【発行元/発売元】竹書房 (2017/1/30) 【レーベル】BAMBOO COMICS 【発行日】2017(平成29)年1月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→パンクティーンエイジガールデスロックンロールヘブン 1 (バンブーコミックス)
こいつらロックじゃなくてただのバカ!3ピースガールズバンドが贈る魂のシャウト!このセッションは知能指数ゼロ!!! ロックでパンクな生き方を目指し、不毛な日々を過ごす3人のメンバー。今日も楽屋で繰り返される、くだらなさ最高潮のショートギャグ、開演。ロックとはなにか。その答えはここにはない…ある意味パンク!ある意味ロック!ロックンロール!イズ!ノット!デッド!!!!! ★単行本カバー下イラスト収録★


■当サイトの著者他作品レビュー
ハトポポコ/ビオトープ

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 糸井のぞ/おじさんと野獣


おじさんと野獣(1) (ウィングス・コミックス)

■【オススメ】好きではないけど面白い、でもこれ誰が読みたがるのかな・・・と思うと 寧ろオススメしないといけないのかなと考える。題名どおり、おっさんと野獣が主人公の漫画である。

いわゆる逆玉、著名な資産家であるエステサロン経営者の美容家の 娘婿におさまっている主人公。ただし家では居場所がない。 そんな彼が公園でオヤジ狩りにあう。娘へのプレセントを奪われそうになったところで反撃。その後無我夢中で逃げた所で、道に迷ったことに気づく。そこでたどり着いたお屋敷に、トイレだけでも貸してもらおうとしたところ、住人が不在。人の気配はするようなのだが、と思いつつ疲れた彼はテーブルにあったラーメンを勝手に食べた挙句、寝入ってしまうのだった。


というおっさん主人公の話。現実にはくたびれた感じなんだろうがそこは漫画なのでロマンスグレーにも見えてこれはこれで味なのだが、とはいえ誰がターゲットなのだろうか。そう思っているとお屋敷には獣の顔をした人物が住んでおり、「美女と野獣」的な展開に。え、おじさんと野獣でどうするの・・・。


勿論裏側には、野獣は実は美青年らしく、呪いがかかっており、彼は彼でブログをやっており、そのブログは人生相談で人気、しかもそのブログで野獣の彼とおじさんの娘が交流があるらしく、という展開があり、枯れたBL的な話ではない。たぶん。


しかしこの話、どこに行くんだ。野獣が人間に戻れるかどうか、が軸に見えるが、いやでも彼は所詮脇役なので、野獣に自身をオーバーラップしながらおっさんが自分の人生をどうするか、が本筋なんだろう。でもその話を綴るためにオヤジ刈りの少年だの、父親を蔑ろにする娘だのを使うことは読んでいてあまり心地の良いものではない。話の作り方として最低な無類で好きではないのだが、だが、まぁ、面白いっちゃあ面白いんだよな・・・。ターゲットが不明な分、寧ろ応援したほうがいいような気までしてくるのだった。まぁ続きが気になるのは確かなので・・・。


【データ】
糸井のぞ (いといのぞ)
おじさんと野獣
【初出情報】Wings(2015〜2016年) 【発行元/発売元】新書館 (2016/12/25) 【発行日】2017(平成29)年1月10日初版発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→おじさんと野獣(1) (ウィングス・コミックス)
帰宅途中オヤジ狩りに遭った冴えないサラリーマン高田羊介。はずみで相手をめった打ちにしてしまった彼は、逃げ込んだ森で迷った挙句、美しい薔薇の咲く洋館に転がり込んだ。娘たちへと、つい花を折ってしまった羊介は突如現れた「野獣」に脅され、命令されるまま家事を強要された上、娘へのプレゼントを奪われてしまい――!? まるで愛されない魔法にかけられた、おじさんと野獣。呪いの魔法を解くのは「真実の愛」だけ――!?


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 糸井のぞ/わたしは真夜中

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 咲坂伊緒/思い、思われ、ふり、ふられ


思い、思われ、ふり、ふられ 1 (マーガレットコミックス)

■【オススメ】よくある話に見えるし展開も読めるが、 それでも上手い。

ヒロインが二人。一人は、内気で夢見がちな少女。仲の良かった友だちが引っ越してしまい、高校で話があう友だちができるかな、とちょっと不安に思っている。そんな彼女を駅で呼び止めるのがもう一人の女の子。遠くに行ってしまう人を見送りに来たのだが財布を忘れており、思い切って初対面の彼女にお金を借りようと声をかけたのだった。


同じマンションで同じ学校に通う同じ年齢の、しかしタイプの違う二人がこうして出会う話。そこに恋愛を絡める話は、なんか普通の展開で、タイプの違いの表現が恋愛観であるというのはツマラナイ・・・と一瞬思ってしまうのだが、ターゲットとなるティーンにとっては一番身近で最大公約数的に共感できる話題はやはり恋愛なのだろう。恋愛観も考え方も違う人のことを理解し受け入れる、という内容が一巻で展開される本作は ティーン向け恋愛漫画として素晴らしい。


内気な少女、といっても幼馴染の男子はいて仲も良い、ただし互いに恋愛対象とはみていない、という設定は面白い。とはいえ彼女は秘密もないしオモテウラもないので物語が転がらない。なので彼女は狂言回し的なポジションとならざるを得ない。主役にならなそうなタイプがやっぱり脇役である話、というのは面白い気もするが、いや、それでいいのか?という思いもなくはない。


評価が分かれるとすれば、もうひとりのヒロインの置かれている状況が、 現実には殆どないが漫画ではよく見る設定である点だろうか。 とはいえその後の展開はさすがに面白い・・・ということで 既に4巻まで刊行されています。→思い、思われ、ふり、ふられ 4 (マーガレットコミックスDIGITAL)


【データ】
咲坂伊緒
思い、思われ、ふり、ふられ
【発行元/発売元】集英社 (2016/1/25) 【レーベル】マーガレットコミックス 【発行日】初版2015年、デジタル版2016年 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→思い、思われ、ふり、ふられ 1 (マーガレットコミックス)
夢みがちな由奈と、現実的に恋する朱里。正反対のふたりだけど、友達になりました。モテる理央と、天然な和臣のふたりの男子も加わり、きらめく青春と本音をぶつけあう恋がスタートします!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 咲坂伊緒/アオハライド
【オススメ】 咲坂伊緒/ストロボ・エッジ

■当サイトの月間オススメはこちらから

<< | 2/307PAGES | >>

search this site.

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW



fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
LDK(エル・ディー・ケー)
MONOQLO(モノクロ)
家電批評
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM