【オススメ】岡井ハルコ/世界の終わりとオートマチック


世界の終わりとオートマチック (オフィスユーコミックス)

■【オススメ】 人生定年制の社会で、 生前葬を担う主人公の話。

岡井ハルコ氏なので、ああ猫ものね、と思って読みはじめたら、 間違っちゃいないんだけどもだいぶ違った。 一巻完結の、SFもの。


一話目の主人公は生前葬を行う会社の社員。 社会はCG(コーリング・グローリー)法というものが成立し、 国民皆寿命定年法、すべての国民は80歳の誕生日に 安楽死を迎えることを義務付けることになっているのだった。


そうした社会の中で生きる人たちを描く話。 ディストピアっぽい設定だがエピソードは市井の人々を 通常のアプローチで描写している。ただし、 死者と話す青い猫の伝説というものがあり、 登場人物も目の当たりにするという点が著者らしいところであり、 作品の肝でもある。


死者と話す青い猫に会いたがっている人物、 というものが表に出てきたことで、物語の雰囲気が変わる。 そして、作品についてそもそも読者がふと思う疑問が、 きちんと解消されていく。


単行本一冊で綺麗にまとめた作品は非常に素晴らしい。 こういう本がきちんと売上上がるといいんだけれど。


【データ】
岡井ハルコ (おかいはるこ)
世界の終わりとオートマチック
【発行元/発売元】集英社 (2018/4/25) 【レーベル】マーガレットコミックス 【発行日】2018(平成30)年発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作)
■購入:
amazon→ 世界の終わりとオートマチック (オフィスユーコミックス)
寿命が80年に定められ、生前葬が主流になった時代。終わりを決められた人々は、その時を悔いなく、華やかに迎えるべく生きているはずだった。しかしその一方で、人生を全うしたはずの死者とともに“青い猫"が現れるという都市伝説が人々の間で囁かれ始め…。


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 岡井ハルコ/江の島ワイキキ食堂

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 泰三子/ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜


ハコヅメ~交番女子の逆襲~(1) (モーニング KC)

■【オススメ】交番勤務のリアルをウィット交えて描く。

激務で嫌われ者の警察官という職業を 新米女子警官を主人公に描く一作。 大変な仕事で大変な職場だが 職場環境自体は悪くなく、 描かれるタッチは軽い。


著者は警察官経験者。たまたま読んだ インタビューでは警察官を特別視せずに 就職して来てほしいという気持ちがあって 作品を描いている、とあったが、そうか、 それを、たまたま警察しか受からなかったという 主人公が体現しているのか。


エピソードに笑いはまぶしつつも、 軸の部分はまじめな話で構成しているところは、 さすが、描きたいことがあっての作品なのだなと 感心する。それを読みやすくするための 語り口の努力。こういう作品ばかりだったら どんな漫画読むのも楽しいと思うんだが。


【データ】
泰三子 (やすみこ)
ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜
【発行元/発売元】講談社 (2018/4/23) 【レーベル】モーニングKC 【発行日】2018(平成30)年4月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ ハコヅメ~交番女子の逆襲~(1) (モーニング KC)
「もう辞めてやる!」辞表を握りしめた新米女性警察官・川合の交番に、なぜか刑事課から超美人の藤部長が配属されてきた。「岡島県警(の男性陣)を絶望におとしいれるコンビの誕生である。某県警に勤めること10年、隠そうとしても漏れ出てくる作者の本音がヤバい! 理不尽のち愚痴、時々がんばる、誰も見たことのない警察漫画。※労働基準法は警察官に「一部」適用外です。



■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 早良朋/へんなものみっけ!


へんなものみっけ!(1) (ビッグコミックス)

■【オススメ】 市役所から博物館に出向した主人公が 研究者のお仕事に巻き込まれていく話。

市役所で仕事の無駄を省いて円滑に回していた 主人公、しかしそんな彼が博物館に出向することになる。


出向初日の出勤途中、カモシカをかつぐ女性と出会い、 鮮度が大切、ということでバイクの後ろに女性と カモシカの死体を乗せて走ることに。 彼女が指定した行き先は、これから働くことになる博物館だった。


主人公は有能だが、 彼の名前、なんだっけ−という描写があり、薄井透という ネーミングで、存在が薄い設定。 ただしそこにこだわったコメディ展開は割と序盤で 放棄される。これは、良かったと思う。 彼の、仕事がてきぱきしていて有能、という設定が前面に 出たことで、研究者の仕事っぷりに、 門外漢だが仕事のできる彼が絡む、 という見事なタッグが出来上がった。


標本作りに円環をつけるための幼鳥の捕獲など、 博物館にまつわる話は面白い。 有能でかつ研究が好きな 人たちの話に終始ししている点が 読んでいて心地よく、 そうした内容を邪魔しない人物に 主人公を設定したのはファインプレイではなかろうか。


続刊発売済です、あわせてどうぞ→ へんなものみっけ!(2) (ビッグコミックス)


【データ】
早良朋 (さわらとも)
へんなものみっけ!
【初出情報】月刊!スピリッツ(2016年〜2017年) 【発行元/発売元】小学館 (2017/7/12) 【レーベル】ビッグコミックス 【発行日】2017(平成29)年7月17日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→へんなものみっけ!(1) (ビッグコミックス)
知ってましたか?博物館のウラ側はとってもアクティブ!
市役所から、博物館に出向になった薄井透は、 そこで鳥類研究者の清棲あかりと衝撃的な出会いを果たす。 知られざる博物館の裏側、そして100年後に届く仕事とは…? 動物好き、博物館好きにはたまらないミュージアム・コメディー!
博物館はお堅い展示をしてるだけの地味な場所? いえいえ、実は生命の神秘に迫る熱い研究者たちが、 海へ、山へ、世界の果てまで『へんなもの』を集めに行ってるんです!
南極の氷、フクロウの巣立ち、深海魚調査、花を愛するおじさま研究者… 博物館は毎日どこかで大さわぎ!



■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 しまだ/ママの推しは教祖様


ママの推しは教祖様 〜家族が新興宗教にハマってハチャメチャになったお話〜 (カドカワデジタルコミックス)

■【オススメ】宗教をヲタ活に重ね合わせる アプローチが秀逸。描き手が冷静。 まぁ漫画に仕立てるってことはそういうことなのね、 という事情も最後に垣間見えましたが・・・。

著者の母親が、純な人間であるがゆえに 宗教にはまっていた、ということを子供の目から 面白おかしく描いた話。


宗教は特定できないように描いており、 宗教自体についてはとやかく描いていない。 とはいえ父親にはしょーもない宗教であるとは 言わせているが、著者の視点としては、 母親は自分は悪くないと言いたいがために なにか縋るものとして宗教にハマったもので、 宗教がなければ別のものが代替しただけだろう、 と考えている。なので、問題の根本はその宗教にあるの ではない、という思想である。


ちなみに母親は父と出会う前から宗教にはまっていたらしく、 父親は彼女と出会って救われたところもあって 付き合ったが、ある種崩壊はハナから見えていた関係であるとも いえる。父が冷静で子供も同様だったため、 母は浮き上がる形。問題は、生活費をお布施に注ぎ込んでしまい 家計が崩壊してしまった点。結果、家庭より宗教を大事にする母と 父は離婚。親権を得たが母方の祖父母にだけに母を任せるのは 大変と子供たちは母と同居することに・・・という点だけは よくわからないが。


最終的には家事も崩壊し 家庭内暴力も振るうので子どもたちも避難する ことになる不幸な結末が、 それまでと違うタッチで現実が描かれている。 壊れちゃう人を宗教が支えていたりするのだが、 結局は支えきれなかったり回りを巻き添えにしたりするので、 ある種の精神の延命措置である宗教ってのは難しい存在だなぁと 思う次第。個人的には、宗教を信じている人は、 それで自分の判断を放棄したうえで絶対的な正義を持ち出しがち なので、そこがしんどい。自分の良い悪いの判断ではなく、 宗教や教祖様の判断で発言したり行動したりするので怖い。 それも本作にあるように、本人が勝手に翻訳している ことが多々あるわけで。絶対的に強固な宗教が 文化の根底にない日本は、その点で素晴らしい楽園だと思う次第。


著者は、そんなママでも、いいところを思い出して、 漫画の中でだけでもママを愛そう、と書いており、 その割り切り方、辻褄の合わせ方は、著者がバランスのとれた 人間であるがゆえであるし、それゆえに切ない。


宗教を描く作品ではなくて、著者のママへの鎮魂歌ですね。


【データ】
しまだ
ママの推しは教祖様 〜家族が新興宗教にハマってハチャメチャになったお話〜
【発行元/発売元】KADOKAWA / 角川書店 (2018/4/4) 【レーベル】カドカワデジタルコミックス 【発行日】2018(平成30)年4月4日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作)
■購入:
amazon→ ママの推しは教祖様 〜家族が新興宗教にハマってハチャメチャになったお話〜 (カドカワデジタルコミックス)

ウチのママ、知らない間に洗脳されちゃってる!?教祖様のDVDに涙し、謎の合宿に連れて行かれ…信仰をやめる気はないママと一緒に暮らすって大変!純粋が故に宗教にハマるママと一家を描いた宗教ギャグエッセイ!


■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 藤咲ユウ/ちんちんケモケモ


ちんちんケモケモ 1 (ビームコミックス)

■【オススメ】このタイトルはなぁ・・・と 思いつつ、内容も想像通りの結構あざとい憑依系ちょいエロ、 なのだが、丁寧な設定と説明があり、ここまで きちんと描いてくれるなら高評価しないといけないね、 という代物であった。

高校生男子の布団に、幼馴染の中学生女子が 潜り込んでいるような状況で始まる話。 ただしそこを男子の父親が目撃している、 というシチュエーションなので、よくある話の 始まり方ではない。


少女は古くから続く神社の娘、 四季の節目節目に儀式を行う習わしがあり、 それにお寺の息子である少年は付き添う。 その道中で、少女は急に獣に取り憑かれてしまうのだった。


動物に憑依されてしまう女の子の話。 理性というか人間としての少女の魂は 閉じ込められてしまうようで、 服も脱いじゃったりするのでちょいエロ展開に。


ところで少年は動物に異常に好かれるタチであり、 この辺が本筋に影響していそう。 主人公をめぐる三角関係的なものも 用意されているのも定番っぽいが、 「幼馴染の少女が憑依」というポイントに フォーカスして他の要素は 設定はしっかりと描きつつも 必要以上には進展させず、 ほんのりと描く程度にとどめているのは良い塩梅。


この手の作品はお色気重視で 話を適当に転がしがちなところを、 細部を丁寧に描いているのが本作の魅力。 これは好感が持てる仕上がり。


【データ】
藤咲ユウ (ふじさきゆう)
ちんちんケモケモ
【初出情報】コミックビーム(2017年〜2018年) 【発行元/発売元】KADOKAWA / エンターブレイン (2018/3/28) 【レーベル】BEAM COMIX 【発行日】2018(平成30)年3月28日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ ちんちんケモケモ 1 (ビームコミックス)
少女は古くから続く神社の娘、 四季の節目節目に儀式を行う習わしがあり、 それにお寺の息子である少年は付き添う。


■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 ねむようこ/ボンクラボンボンハウス


ボンクラボンボンハウス(1) (FEEL COMICS)

■【オススメ】まさかのモラトリアムものに、 第一話読んでこれは異色の大傑作かも、 と思ったが、あれ、一巻終わる頃にはなんか普通な 感じになってきちゃったな・・・。

上京先から実家に帰ってきたヒロイン。 実は大学を中退して来たという。 「このまま大学にいても意味がないって思ったから辞めたの」 「みんな思ってるよ意味がないって」「何時間も何万円も 興味のないことに費やしてそんなの虚しくない?」 「自分のことだから自分で決めたの」「誰にも文句 言う権利ないでしょ」と。


それに対して父親は切れるキレる、お前がどうしても東京の大学行きたいって言ったんだろう、いくら払ったと思ってんだ、 文句を言う権利がないだぁ、こちとら筆頭株主だぞ!と・・・。 それでも「大学にお金を払うくらいならもっと有意義な使い方があるんじゃないかって思ったの」という娘に、父は大学の残りの学費用 の200万円を手渡して言う。「そんなに言うなら有意義な使い方ってのを見せてみろ」


ところでこのヒロイン、色々言っている割になにかなりたいものがあるのかといえば「何にもなりたくないアイス食べて漫画読んでゴロゴロしてたい」と。「そーゆーものに私はなりたい」とのセリフでの第一話での幕引きに、なんだこの話は、こんなモラトリアムを主人公に 話を作る気か、狂ってるなぁとワクワクした。まぁでも、ただ遊んで生きれるならそれが幸せなのは確かだものなぁ。


「何にもなりたくない」という、ある意味パンクなヒロイン。 しかし、200万円あったところで、実際に生活するには 全く大金ではないことに気づく。いや、大学生だったら普通 わかるだろう・・・。亡くなった祖母の美容院をリフォームして 住む、と決めるが、それで一生安泰なわけでもなく、 そこへ兄の紹介で美容室の物件を探していた人に 貸し出すことにして家賃収入を得ることに。


それでそれで?と読み進めると、リフォームを進展させつつ、 このヒロインの惚れっぽさが表に出て、 舞い上がって突進する彼女の暴走恋物語に。 うーん、なんか、結局、単なる恋バナになってきてないか?これ・・・。


自分探しもしていない、やりたいこともないヒロインは 斬新なので続刊でどうなっているのかは読みたい。 2巻発売済み→ボンクラボンボンハウス(2) (FEEL COMICS)


【データ】
ねむようこ
ボンクラボンボンハウス
【初出情報】フィール・ヤング(2017年) 【発行元/発売元】祥伝社 (2017/10/7) 【レーベル】FEEL COMICS ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ ボンクラボンボンハウス(1) (FEEL COMICS)

ニート、家を作る!ボンクラ娘のDIYライフと恋。親に黙って大学を中退し、地元に帰ってきたカズキ。激怒する親から残りの学費200万円をもらい、祖母が遺した美容室を改装して住むことにした。しかし、無敵に思えた軍資金200万円も、家を理想通りにリノベーションするには全っ然足りない!!!!! 開業場所を探していた美容師・聖大(しょうだい)に一部を貸し、家賃収入を得ることになったが、それでも工事は必須…。そこで、元リフォーム屋の栄吉(えいきち)に力を借りつつ、文字通り「自分の手で」壁を壊し、天井をはがして家を改装するカズキのガチンコDIYライフが始まった…!一生ゴロゴロしているために。作ります! 私による、私のための、私の家を! 『午前3時の無法地帯』『三代目薬屋久兵衛』のねむようこ最新作!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 ねむようこ/ふつつかなヨメですが!
【オススメ】 ねむようこ/くらすはこ
ねむようこ/トラップホール
【オススメ】 ねむようこ/午前3時の危険地帯
【オススメ】 ねむようこ/ペンとチョコレート
【オススメ】 ねむようこ/午前3時の無法地帯

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 三田紀房/ドラゴン桜2


ドラゴン桜2(1) (コルク)

■【オススメ】 時代にあわせてリメイクした「ドラゴン桜」には 需要があると思っていた。本作を今送り出すのは正しい。

東大の合格発表。龍山高校の今年の合格者はゼロだった。 5年前、桜木弁護士が離れてから成績は凋落。当時の教師も 残っているのだが、理事長代行の女帝が就任以来、 学校の力は削がれるばかり。それでは、この学校の実績を売りにしている桜木弁護士としては困るのだった。そこで共に働いている かつての卒業生水野弁護士とともに、桜木は再び龍山に乗り込むことにする。


自分の弁護士としての商売のために、龍山高校が進学校として のブランドを維持してもらわないといけない、という ところから話が始まっているところが、らしい設定である。 桜木対女帝の対決が本筋。 では女帝はなぜ学校経営に力を入れていないのか、 というと、廃校して更地にして土地を誰かに明渡したい、 的な話のようで、この辺は凡庸もそれゆえ実際にありがちで リアリティあり。


学校経営という時代ではないだろう、というのは少子化に 向かうなかで納得感はある。そして今どきの若い子は 上からガツンとやってもついてこない、というのも 大勢としては正しい。一方で、それでもついてくる 子はいる、そういう子を伸ばすのが個性にあわせた教育ではないか、 というのも一理あり。そして、少子化で大学全入時代、 就業率も高くなり就職難はないものの、日本自体が傾いていく とすれば、先々見据えれば生き残れる人材になっておかないと 厳しくなる、となると、東大を目指せ、という発想は 今の時代でも正しいのかもしれない。


そして今の時代にあわせで出てくるツールが、 スタディアプリ。リクルートどっぷりか?と思うが、 まぁそれもよし。 桜木時代の龍山高校の有能教師が既に退職している環境もあり、 この手のツールが有効に機能することになるのだろう。


絵に関してはもっと一般受けする絵柄で誰かに、 とも思いつつ、前作の世界観を踏襲して現代版として 描くとなると、本作の形が正しいのかもしれない。


【データ】
三田紀房 (みたのりふさ)
ドラゴン桜2
【発行元/発売元】コルク (2018/3/23) 【レーベル】講談社モーニングKC 【発行日】2017(平成29)年月日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ ドラゴン桜2(1) (コルク)
2020年の教育改革を前に、あの男が帰ってくる! 日本の大学受験を変えた、伝説の東大合格請負漫画『ドラゴン桜』、待望の続編!


■当サイトの著者他作品レビュー
三田紀房/アルキメデスの大戦
三田紀房/インベスターZ
三田紀房/砂の栄冠
【オススメ】 三田紀房/透明アクセル
【オススメ】 三田紀房/エンゼルバンク ドラゴン桜外伝
【オススメ】 三田紀房×関達也/銀のアンカー
【オススメ】 三田紀房/マネーの拳

■当サイトの月間オススメはこちらから

<< | 2/322PAGES | >>

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile






















ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM