【オススメ】 脊髄引き抜きの刑/推しのアイドルが隣の部屋に引っ越してきた


推しのアイドルが隣の部屋に引っ越してきた: 1【イラスト特典付】 (REXコミックス)

■【オススメ】アイドルによるドSコメディ。 この題材をここまでポップに料理した作品は滅多に無い。

あるアイドルを推している青年。彼の住んでいる部屋の隣に、 推しているアイドルが引っ越してきた。それは最高なこと、 と思ったのだが。オタクにとっては地獄でもあった。


アイドルをめぐるどぎついコメディ。隣の部屋で推しのアイドルが エッチしている音がする、というところから始まり、 なんどか握手会などで接触しているけど認知されていない、 名前も覚えられていない、プレゼントしたものは捨てられる。 それでも推しはやめられない。片恋の苦悩。


そんなヲタク側の話を描きつつ、アイドルが性悪であるとか裏表があるという 話ではなく、いや性悪で裏表あるのだけれど、ヲタク自身が思っているのとは 全く真逆のストーカー体質である設定にしたのがユニーク。 しかもオタクとアイドルがくっつくような話にはせず、一捻り。 彼の反応を見るためにアイドルが色々な仕掛けで誤解させ、 そこで苦悩し絶望する様を見てゾクゾクするというのはサイコな話なのだが、 その手のサイコホラーのなかでは非常に読みやすいのはコメディ的に 見える構図だからか。


【データ】
脊髄引き抜きの刑
推しのアイドルが隣の部屋に引っ越してきた
【発行元/発売元】 一迅社 (2020/1/27) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 推しのアイドルが隣の部屋に引っ越してきた: 1【イラスト特典付】 (REXコミックス)
「推しが×××してるってどんな気持ち?」推しのアイドル・ミカが隣の部屋に引っ越してきて有頂天のマサキ。喜びも束の間、恋愛禁止なはずのアイドルの部屋からアノ声が!? ショックを受けるが、実はマサキを弄ぶミカの”ドSすぎる遊び”だった――! Twitterでバズった脊髄引き抜きの刑によるアイドルとヲタクのラブコメ(!?)漫画第1巻!


■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 津留崎優/SA07


SA07 (1) (まんがタイムKR フォワードコミックス)

■【オススメ】専門学校舞台にした学園もの。

受験もないし楽だ、短大卒相当の資格もとれる、 という理由でイラストレーターコースのある 専門学校に進学したヒロイン。自信家だった彼女だったが… というよくある設定だが、基本、お気楽で陽気な内容なのが 本作の持ち味。


4コマではなくストーリーもの、専門学校らしく 濃いキャラクターが続々登場。クリエイターズカレッジ、 という学科だが元々「総合アニメーション学科」だった頃の名残でSA と総称されており、その7期生なのでSA07が学年番号。 それがタイトルになっている。


基本的には学園もの。専門学校なので同好の士が多く、 その分仲間や友達ができやすい環境。著者もあとがきで書いているように 専門学校はそんなところに通ってる場合かと批判されがちだが、メリットも確かにありそう。真面目に通えば技術は身につく、つかないまでも知識は入る、描いたり作る習慣ができる、そして何より仲間ができる。一人で仕事をすることが多いとすれば仲間を 作る環境を経由するのは大事。普通の人の大学と同じ。モラトリアム期間でも良い。 勿論、環境を活かすも殺すも通う当人次第だが。


話は、主人公がルックスよく絵もうまくという自信家だったが、それ以上にうまかったり可愛かったりする人を見つけて自信喪失、という側面もありつつ、それでもめげずに毎日学校に通っているのが偉い。やりたいことがはっきりしている人物と、そうでもない人物とを対比しつつ、皆前向き。かつイラストレーターになりたいと思っているヒロインが自身の資質は実はそこではないのかも、という話が挿入され、それは考えてみれば冒頭導入部にある自身の原点もそれと繋がる話になっているところは、この手の話の展開として上手い。


【データ】
津留崎優
SA07
【発行元/発売元】 芳文社 (2020/2/12) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ SA07 (1) (まんがタイムKR フォワードコミックス)
Q「あなたは何のために専門学校へ?」 A「絵うまくなって、ちやほやされて……承認欲求を満たしたい!!!」 そんなオタサーの姫ヒロインをはじめ、個性的な面々が通うのはマンガ・アニメ系専門学校。クリエイターの卵たちの夢と現実が入り混じった青春物語の行方は……!?『箱入りドロップス』の作者が描く、新感覚ラブコメディ第1巻!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】津留崎優/箱入りドロップス

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 黒川清作/江戸城再建


江戸城再建 (1) (ビッグコミックス)

■【オススメ】 熱く、面白い、ゼネコン漫画。題材が題名通り、 江戸城の再建というのはユニーク。

大手不動産デベロッパーの社員は建設会社にある提案をする。 それは江戸城天守閣の再建。しかも社内ではまだ話を通していないという。 そんな提案、と思うが彼は実は実現不可能とされた都心の再開発を まとめた者として業界で一目置かれている人物だった。


始動! 江戸城天守閣再建計画 (ワニブックスPLUS新書)」という本もあるが、 なかなかにユニークな題材を扱ったお仕事漫画。 官公庁を相手に、しかも国民の同意も取り付けたうえで、ロマンと観光の実益とをあわせて実現しようという話。夢がある。オリンピックなどやるよりも確かに意味があるかもしれない。歴史的な建造物でない反面、昔あったものの復元は新たなものを建てるよりは価値があるかもしれない。


実現不可能と思われる話を色々根回ししていく、その様を段階追って描いていくのは面白い。その背景には熱があり、主人公の地元である熊本城の再建が経験としてある。この点が今この作品を描く意義として強く効いている。


お仕事系作品として丁寧であること、現代を舞台にしながら木造の天守閣建造という ファンタジー要素もあること、など他に類を見ない漫画である。とはいえ目的ははっきりしており結末も提示されている作品なので、そう巻数は重ねられないかな…。


【データ】
黒川清作、監修=三浦正幸
江戸城再建
【発行元/発売元】 小学館 (2019/12/12) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 江戸城再建 (1) (ビッグコミックス)
現代東京に江戸城を! 巨城再建エンタメ! 202X年――― 大手デベロッパーの辣腕社員・堀川昇吾が、前代未聞のプロジェクトを社内会議で提案する。 「皇居東御苑内に江戸城天守閣を再建する」  宮内庁、文化庁、法の壁に国民の感情…… 様々な課題が想定される中、堀川は熱意と再建の意義を武器に、史上最大級のプロジェクトに挑む!!


■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 狩野恵輔/彷牢のハイジ


彷牢のハイジ(1) (サイコミ×裏少年サンデーコミックス)

■【オススメ】時代劇ものSF。既視感ある設定も組み合わせと主人公の キャラクター設定で読ませる。

江戸時代的な雰囲気の世界。藩主的立場の武家の跡取り息子が主人公。 彼は自由でいたいとして遊び回る奔放な少年だった。


ちなみに本作はただの時代劇というわけではない。 天上に突然島のような国が現れ、そこから人を襲う讐人という怪物が出現 していた。その讐人を倒せるのは、牢人と呼ばれる者たちだけ。 しかしその牢人が讐人を呼び寄せるとも言われており、そのため人々には忌み嫌われていた。だが讐人を倒せるのも牢人だけ。なので国としては讐人を手厚くもてなす よう政令も出していた。


よくできた設定。しかし説明するのが難しい…。さらに、牢人というのは 讐人に触れるとなってしまうもので、つまり襲われたが生き残った者が 牢人になる呪いにかけられるのだった。そして少年は牢人となる、という 巻き込まれ型サスペンスの構図。


ただし本作ではユニークな仕掛けがあり、主人公は自分の意志で牢人となる。 それが牢人の女性に惹かれたから、ということで、女性キャラと恋愛要素を 投入してきたのが強引ながらも上手い手。その後はロードムービー的な話に なっていく。


主人公が牢人のことをほぼ知らず この世界に対して初心者的な立ち位置なのは、読者と同じ目線になるので 悪くない。だが主人公が慕う女性が連れを作りたくないため単独行動を 志向するのですんなりとバディものにはならない。 それでは話が転がしづらいため、メンター的な存在として解説役を投入 していくのも面白い。


よく考えられた作品で一巻の完成度は高いと思うのだが。


【データ】
狩野恵輔
彷牢のハイジ(ほうろうのはいじ)
【発行元/発売元】 小学館 (2020/1/30) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 彷牢のハイジ(1) (サイコミ×裏少年サンデーコミックス)

こんなに自由な主人公ってあり!? 和風世界の風雲児が、バケモノ共をぶった斬る! 久蕗城家の次代当主・ハイジは、ひょんなことから人々から忌み嫌われる存在「牢人」となりお国を追放されてしまった…! 放浪の旅を余儀なくされたハイジ。謎めいた巨乳美女や口うるさい巫女と共に、バケモノ退治を任されるが…。天下一の傾奇者による、自由と解放の物語が幕を開ける!!


■当サイトの著者他作品レビュー
狩野恵輔/NICO

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 田中メカ/ぼくと獲物の夏休み


ぼくと獲物の夏休み (花とゆめコミックススペシャル)

■【オススメ】可愛らしい短編集。その先が見えるハッピーな短編は、 読むと心が洗われ、元気が出る。

5編+番外編収録。うち冒頭2編は同じ設定の話。


表題作が冒頭。虚弱体質な女の子が主人公で、留年しながらも学校に通っているという話。その子がヤクザの組長の非嫡出子と仲良くなる、というありがちなような今どきアウトのような設定。勿論いろいろ丁寧に手当はしていて、ヤクザの子はヤクザを敬遠していて後見している人は別にいて、警察官になれと言われているという話もあり(設定上難しそうな気がするが後見人みるとないでもない話に思える)、彼を応援している教師がいて、その教師がヒロインの面倒も見ているという美しい内容。ヒロインが結構肝が座っているという点が読み味の良い話に。ちなみにこの話は、ふたりを応援している先生の存在があってこそ成立している。ヒロインの親が過保護な普通の親って設定はよろしい。親が良い人って設定ではないのが全編に共通している?


ヒロインからアプローチするところが積極的で良い話。それは「背中のトゥインクル」でも。男の子にどんどんモーションかけて軽そうに見えるが身体は許さないという女の子で、そんな子が内面に惚れてアタックした男の子はやっぱりいい男だった、という話。外野の声を気にしない強さは本作も共通、でも自分が色々言われるのは良いけれど相手が色々言われるのは嫌だ、というのはいじらしい。常連さんたちが二人の恋愛の行方を見守っているというギミックもおもしろい。こういう仕掛けができる人の作品はそりゃ面白いよなぁ。


他の2編は掌編もよくまとめられていて、著者の作品世界の素敵さを味わえる一冊となっている。心が洗われるわ…。


【データ】
田中メカ
ぼくと獲物の夏休み
【発行元/発売元】 白泉社 (2020/1/20) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作)
■購入:
amazon→ ぼくと獲物の夏休み (花とゆめコミックススペシャル)
身体が弱い未来は「獣王」の異名を持つ年下の少年・虎狼に出会う。ケンカの噂が絶えない虎狼だが、未来はその優しさに惹かれていき――。表題作他、「ぼくと獲物は春を追う」「背中のトゥインクル」、「皿の上の彼女」、「帰り花の彼女」収録。珠玉の作品集ついに登場!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 田中メカ/朝まで待てません!
【オススメ】 田中メカ/7月の魔法使い
【オススメ】田中メカ/キスよりも早く
田中メカ/セーラー服にお願い!

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 西炯子/恋と国会


恋と国会 (1) (ビッグコミックス)

■【オススメ】名門サラブレッドの御曹司と地下アイドルあがりの泡沫候補が共に国会議員一年生に。政治の扱いかたが絶妙。

総理大臣を出した家柄の御曹司は25歳で父の地盤を継ぎ国政に出馬。爽やかな笑顔で答える彼だが、内心は、一人息子だからしょうがないと。そんな彼とひと悶着あったのは、同じく与党から立候補した元地下アイドル。泡沫かと思いきや彼女も当選していたのだった。


主人公はしがらみがある。そのことをわかったうえで仕方がないと割り切り笑顔を振りまく。人の顔と名前を覚えるのは才能。本人は家系がなければ平凡な人物にすぎないという自覚。そうしたコンプレックスをもたせるだけの、学歴実業実績ありの新人議員も野党に配置。そのライバル的設定は絶妙。そして、元地下アイドルだったもう一方の主人公。彼女は思ったことを口に出す。党内で問題となる行動をするが、世間的に問題となる行動というわけではないのが実際の話題になる与野党の問題言動とは違うところ。実は彼女にも後ろ盾があるらしい。


25歳で出馬ってのは若いが男子ができないで年取ってからの子だったのかな、と考えればまぁ、か。主人公には姉がいるので、そのあたりの葛藤を描くのもありに思うが主人公自身は無頓着そう。娘が継ぐってのもないではないが、すると娘婿の出来人格周辺が問題になり、大抵あれな感じだったりするので…。でも歌舞伎の世界、梨園に比べりゃ男じゃなくてもなれる世界でしょ。


本作の良さは、選挙後から話が始まっているところ。この手の作品は普通は選挙活動から始めがち。その辺をすっとばすことで、選挙の話ではなく国会や政治の話にフォーカスできている。一方でこれだと主人公は何者だ、という話になるので、そこはわかりやすく、フラットなキャラクター設定で、空気を読む名門家御曹司と空気を読まない元地下アイドルのバディものにすることで読みやすくかつ展開もしやすい形に。無神経な政治家の言動への引っ掛かりは、まぁそれだけを強調するとマスコミの言葉狩りに近くなるが、本当はそういう言動があるってことはその背景にそういう思想があるということで、マスコミが追及すべきはそちらのほうで、そこを掘るのが仕事なんだろうけど、そうした労力かけるのをサボって雑に済まそうとするからだめなんだろうなぁ。


若者世代の困窮、という感じの話もあるが、よくよく読むと取り上げられているのは、親がDVから逃れようとして戸籍がなかったとかの無戸籍児問題、例示されている離婚後300日問題は丁寧に対応すれば今は解消できるはずだが知識や知恵がなかったり面倒がってやらなかったり。実の親がいないのは背景に妾問題か大物絡みがありそうだったり。児童養護施設だ福祉だには行き場のない子供問題だが、結局は育児放棄やら家の問題。経済上向きで景気がよければ全範囲で潤うわけで、ただそうなるにはデフレ社会はまずいわけで。 未来の労働力だから児童の福祉や教育に投資するのは理にかなっているが…。日本の問題は福祉など寄付にカネを回せる大金持ちのパトロンが存在しないってことだと思っているのだけれど。


などつらつらと考えたりもする政治マンガ。「恋」な感じはほぼない。代わりに、政治は「愛」だ、という発言は冒頭からあるが。しかしこのあとどう描くんだろう…。


【データ】
西炯子
恋と国会
【発行元/発売元】 小学館 (2019/11/29) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 恋と国会 (1) (ビッグコミックス)
前代未聞の国会ラブコメ!? 国を揺るがす、西炯子最新作!? 真っ向勝負が通用しない国会で 正面突破しかできない 元地下アイドル、 山田一斗(25)。 政界の清濁あわせのんだ上で 父の地盤を引き継いだ 三代目世襲議員、 海藤福太郎(25)。 ふたりは真の意味での“政治家”になれるのか!?


■当サイトの著者他作品レビュー
西炯子/初恋の世界
西炯子/たーたん
【オススメ】 西炯子/カツカレーの日
【オススメ】 西炯子/なかじまなかじま
【オススメ】 西炯子/兄さんと僕
【オススメ】 西炯子/姉の結婚
西炯子/ちはるさんの娘
【オススメ】 西炯子/ふわふわポリス
【オススメ】 西炯子/娚の一生
【オススメ】 西炯子/ひらひらひゅ〜ん
【オススメ】 西炯子/STAYラブリー 少年

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 竹葉久美子/このなかに石油王がいます


このなかに石油王がいます1

■【オススメ】正直なんじゃこりゃってタイトルで、読んでもなんじゃこりゃ感が最初はあったのだけれど、これは犯人探し的なもの☓趣味を仕事にする的なものの掛け合わせで、面白そうだし続刊楽しみ。

主人公は派遣社員。やりがいのなかったところで、イケメンにはまった。 俳優にオチたのが運の尽き。足を運んで貢いだ結果、リボ払いで借金がかさみ、 とはいえ夜のお仕事には落ちることなく、前の職場よりマシな職場に転職。 いまは小さなレコード会社の宣伝アシスタントとして働いているのだった。


この展開だと普通はヲタクとして推している人に出会って、みたいな話になるところだが本作は題名が題名なのでひと味ちがう。とはいえこの後しばらくは正直退屈。仕事にやる気のない主人公。推している案件についてはぼんやりとしか描かれないので作品に熱がない。イケメンいっぱいもヒロインにとっては目の保養なだけ、というのはオタクっぽいが、展開のしようがない。だが社内で、石油王の息子がいる、と聞いて話は一転するのだった。そこも捻りが効いているのが本作の良いところ。金持ちの家に生まれていれば目一杯好きなことができたのに、という妄想から、石油王の息子を捕まえればヲタ活動が出来る!という発想なのが斜め上。


この素晴らしいこじらせ方から話はテンポアップ。誰が石油王かを探す展開と、そもそもオタクなのでA&Rの視点で自社タレントを見ることが出来るので思わず提案したことから仕事の領域が広がっていくというお仕事ものとしての展開もあり、後半はなかなか楽しく、続刊も読みたい!という気にさせられる。面白いと思います。


【データ】
竹葉久美子
このなかに石油王がいます
【発行元/発売元】 KADOKAWA (2020/1/27) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ このなかに石油王がいます1
大学卒業したのに保障もない派遣生活中の私が、2.5次元アイドルにはまって気がつくと借金が100万超え。そんな私に一発逆転のチャンス到来! この会社に【石油王】がいる? もしかして一生続くと思っていたツラくつまらない毎日とおさらばできるかも……!! 『やさしいセカイのつくりかた』を描いた竹葉久美子の新作は、愛とお金と幸せが絡まるロマンティックコメディ!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 竹葉久美子/やさしいセカイのつくりかた

■当サイトの月間オススメはこちらから

<< | 2/344PAGES | >>

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM