2019-03-14_コミック新刊



●2019年03月14日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

★(電子版同発) 秋田書店 プリンセス・コミックスDXロマンス 女王を愛した暗殺者 新ローゼリア王国物語1 (プリンセス・コミックスDXロマンス) さちみりほ

★(電子版同発) 秋田書店 プリンセス・コミックスDXロマンス レディ・ローズ〜爵位を買った男〜 1 (プリンセス・コミックスDX ロマンス) 松川祐里子

★(電子版同発) 芳文社 芳文社コミックス スーパーベイビー 1巻 (ラバココミックス) 丸顔めめ

★(電子版同発) マッグガーデン アヴァルスコミックス こりせんまん 1 (アヴァルスコミックス) 田川ミ


私立恵比寿中学『MUSiC』

私立恵比寿中学『MUSiC』


MUSiC

・もはや現役中学生が一人もいない謂わばコスプレグループと化したエビ中こと私立恵比寿中学。アイドル、ということで何を思い浮かべるかは人それぞれだろうが、彼女たちの場合は「キレのないダンスと不安定な歌唱力」をフレーズにデビューしたもののそれから10年、今や、ダンスはキレるし歌唱力はかなりなものである。

・5枚目となるニューアルバムも、その歌唱力を存分に活かしたもの。彼女たちの場合、ライブでも同じようなパフォーマンスができるところが凄い。ところでアルバムだが、その内容は、いまいちしっくりきていない。だが、エビ中のファンいわゆるファミリーでは「ない」人にはオススメしたい。なぜなら、ファミリーはきっとこれまで聴いている曲の聴いていたシーンの影響で、頭のなかでアルバムの流れに沿った再構築が必要で、それには時間が必要だからである。寧ろ、ファンでない人のほうがこのアルバムを受け入れやすいはずだ。

・いや、なにせ収録12曲のうち、7曲は発売日前に耳にできているのである。初めて聴く曲たちが、聴いたことのある曲とまぜこぜになると、全体の印象の構成が難しい。でも今の時代、先行配信あたりまえ、楽曲単位で聴くのがあたりまえ、なので仕方のないことなのかもしれない。

・個人的には前作『エビクラシー』でファンになったエビクラシー新規である。もっといえばその後のぁぃぁぃ脱退後の武道館公演の映像を見てファンクラブに入ったまだブラックタイガー(エビ中のファンクラブをこう呼ぶ)そろそろ2年生という若輩者である。とはいえ、そこからさかのぼりライブ円盤も含めて全作買い求めて見て聴いたほどハマってはいる。そんな立場からしても、今回のアルバムは、レベルは高いが、5枚のアルバムの中で一番しっくりこない。いや、良いアルバムなのだが…。悪い曲はないのだが。リード曲がよくわからないんだよな。

・とはいえ売れてもらわないと。ということで、いまどき売上枚数やランキングなど誰も気にしちゃいないが、某業界紙では初日4.1万枚とのこと。前作は3.5万枚だったようで、好調ではある。前作の初動週計は4.8万枚。ビルボードでは前作が3日間4.1万の初動週計5.1万枚( 【先ヨミ】私立恵比寿中学、新体制での4thALが現在首位 2〜4位は接戦 _ Daily News _ Billboard JAPAN 【ビルボード】私立恵比寿中学『エビクラシー』が51,119枚を売り上げ、週間アルバム・セールス首位獲得 _ Daily News _ Billboard JAPAN 【ビルボード】私立恵比寿中学、『エビクラシー』で総合AL初制覇 _ Daily News _ Billboard JAPAN )に対して今回3日間4.3万枚の様子→ 【先ヨミ】Sexy Zone『PAGES』が9.8万枚を売り上げ現在首位 エビ中最新作が続く _ Daily News _ Billboard JAPAN 。初動で5万をきっちり超えるか、6万に近づけるか。なお初日成績を見る限り、アルバム週間1位は無理。一方で3位以下ということもなさそう。

・なおアルバムは3形態。私は特典会に行かない非接触派なので積むことはしないが、それでも限定盤はユニット曲CDとブルーレイとほしいので2枚購入している。その辺を鑑みるとまぁ枚数はねぇ…。そしてアルバムでオススメするとすると「イート・ザ・大目玉」に「明日もきっと70点 feat.東雲めぐ」「曇天」で、でもそれは先行配信されていたりする。「踊るロクデナシ」と「星の数え方」は聴き込みたいが。ちなみに「元気しかない!」はPVで見たほうが絶対に楽しい。

・大絶賛したかったのだが、そうならないのは、アルバムという形が過渡期にあるからか。前作ではストリーミング配信をしていなかったのに対して今作の時点ではしているという違いもあるのだろう。なんかどのアーティストも新作アルバムをそのままストリーミングに出しているけど、全曲乗せることはないと思うんだけどなぁ。いずれ出してもいいけど、一ヶ月とか三ヶ月とかにしたほうが。それがウインドウという概念でしょう?映画業界知ってる人は音楽業界には少ないのかしらん。先行配信も絞ったほうがいい。昔のアルバムのリードシングルと同じ概念が良いはず。過去の知見は結構正しいと思うんだよね。


2019-03-13_コミック新刊

●2019年03月13日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

★(電子版同発) 講談社 BE LOVE KC ちはやふる(41) (BE LOVE KC) 末次由紀 → 【オススメ】 末次由紀/ちはやふる

★(電子版同発) 講談社 KCデラックス おっさんずラブ(1) (KCデラックス) 山中梅鉢/TVドラマ「おっさんずラブ」(制作:テレビ朝日 脚本:徳尾浩司)

☆(電子版同発同額) スクウェア・エニックス ガンガンコミックスUP! アラフォー賢者の異世界生活日記〜気ままな異世界教師ライフ〜 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスUP!) 寿安清/招来

☆(電子版同発同額) スクウェア・エニックス ガンガンコミックスUP! おっさん冒険者ケインの善行(1) (ガンガンコミックスUP!) 風来山/沖野真歩

☆(電子版同発同額) スクウェア・エニックス ガンガンコミックスUP! 高2にタイムリープした俺が、当時好きだった先生に告った結果(1) (ガンガンコミックスUP!) ケンノジ/松元こみかん

☆(電子版同発同額) スクウェア・エニックス ガンガンコミックスUP! ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?(1) (ガンガンコミックスUP!) 望公太/浦稀えんや

☆(電子版同発同額) スクウェア・エニックス ガンガンコミックスUP! 万年Dランクの中年冒険者、酔った勢いで伝説の剣を引っこ抜く(1) (ガンガンコミックスUP!)九頭七尾/温木アツシ

講談社 KCデラックス 蜜血姫とヴァンパイア(1) (KCデラックス) 冬織透真

★(電子版同発) 講談社 アフタヌーンKC キョムノヒガン(1) (アフタヌーンKC) オズノらいおん

★(電子版同発) 講談社 KCデラックス 老猫ユキポンと漫画家父ちゃんのお仕事なし(1) (KCデラックス) 東和広

★(電子版同発) 講談社 KCデザート 一度は彼女になってみたい!(1) (デザートコミックス) 栄羽弥

★(電子版同発) 講談社 KCデザート 未完成でも恋がいい(1) (KC デザート) 倉地よね


2019-03-12_コミック新刊

●2019年03月12日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

☆(電子版同発同額) 小学館 サンデーうぇぶりSSC お菓子男子 (1) (サンデーうぇぶりSSC) 片倉頼

★(電子版同発) 小学館 少年サンデーコミックス〔スペシャル〕 ボンバボーイ (1) (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル) 瀬戸ミクモ

★(電子版同発) 小学館 ゲッサン少年サンデーコミックス〔スペシャル〕 疑似ハーレム (1) (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル) 斉藤ゆう

★(電子版同発) 小学館 ビッグ コミックス 好きな人は.jpg (1) (ビッグコミックス) 村戸もみ

★(電子版同発) 小学館 ビッグ コミックス 未亡人登山 (1) (ビッグコミックス) 板橋大祐

★(電子版同発) 双葉社 アクションコミックス 飛野さんのバカ(1) (アクションコミックス) 筋肉☆太郎

★(電子版同発) 双葉社 アクションコミックス 新・駅弁ひとり旅〜撮り鉄・菜々編〜 : 1 (アクションコミックス) はやせ淳/櫻井寛

☆(電子版のほうが高額) 芳文社 まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ スローループ 1巻 (まんがタイムKRコミックス) うちのまいこ


2019-03-11_コミック新刊

●2019年03月11日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

★(電子版同発) 講談社 KCピース メイクはただの魔法じゃないの ビギナーズ(1) (Kissコミックス) 六多いくみ


米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃 @幕張メッセ展示ホール4〜6

米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃 @幕張メッセ展示ホール4〜6 ¥7,500



・一曲一曲、選曲にバリエーションがあり、かつ演出も手を替え品を替えと富んでおり、2時間にまとまった、良く考えられたライブだった。

・ソロアーティストのライブとしては、ステージ中央で歌いはじまりつつ、花道に出て歌い、ステージが上に上がる箇所もあり、自らギターを弾く場面もあり、後方のスクリーンで流れる映像とのコラボレーションあり、光のレーザーも使った演出あり、ダンサーやドラム隊も登場と、見るものの目を飽きさせない。

・一方で、アンコールはシンプルに歌の良さ、声の良さを最も感じられた。またMCは実に真摯、ポップソングとして中道を行く、という決意は潔く、真面目。

・素晴らしいとは思いつつ、幕張メッセはフラットな会場なのでそれなりに見やすい前方ブロックだったのはラッキーだっただけで、後方だとどうなんだろうとも。それと、楽曲は素晴らしいが好みかというとシンクロ率は半分程度、なので次は席があり傾斜のあるホールかスタジアムの時に行こうかなと。もちろんライブハウスでも見たいが、そりゃもう取れないだろうしねぇ。

・公演はなぜか日曜・月曜の2days。学生には平日も苦ではない?チケット代はそれなりにするが。本日は誕生日当日、ということでハッピーバースデー演出もありました。


【オススメ】 山岸菜/ムーンランド


ムーンランド 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

■【オススメ】ストイックな体操もの。論理が違う者が複数出てくる強情で身勝手な話にしたのが面白い。

体操クラブの練習を外から見ていた少年。クラブに通う子に、「大事なのはお前のやる気」「お前の体動かせんのはお前だけなんだぜ」と言われ、自分にできるかなと逡巡していた彼も体操をやることにする。


しかしこの主人公は、淡々と基礎的なことをこなしていくのみ。自分の体のすみずみまで自分の意思が通るか、自由に動かせるか、が彼の課題。そんな彼は試合への出場をこじしていたが、中学最後だからと指導者にエントリされる。「体操の技というのは試合で成功させて初めて"できる"ってことなんですよ」と。


幼馴染で上を目指す人物と、自分なりの体操の完成を目指す人物と。そこに、同世代トップの人間をぶつけ、幼馴染以上に勝ち負けにこだわる少年と主人公の対立にスライドさせたのは見事な構成。主人公はストイックだが、同世代トップの少年も別の意味でストイックなわけで、それぞれ理論や信念を持つ者同士が自分の道を行く様は気持ち良い。


ヒロイン的人物と、全くの初心者も投入して物語世界に広がりをもたせたところも上手い。割と登場人物多めだが、とっちらかっていない。別の高校に行った幼馴染が話に合流してくれば更に広がりができてくるのだろう。展開が楽しみ。


【データ】
山岸菜
ムーンランド
【発行元/発売元】集英社 (2019/3/4) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ムーンランド 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
体操に夢中な中学3年生・天原満月。今まで試合に興味がなかったものの、ひょんなことから中学最後の大会に出場することに。そこで強豪クラブのエリート選手・堂ヶ瀬朔良の演技を目の当たりにし、満月の体操人生は一変。自分の意思通り体が動く体操を求めて、満月は朔良と同じ高校に進学するが…!?


■当サイトの月間オススメはこちらから

<< | 2/1274PAGES | >>

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM