ももいろクローバーZ 10th Anniversary The Diamond Four -in 桃響導夢-10年丸わかりDay〜120曲を1日で聴かせます!〜@東京ドーム

ももいろクローバーZ 10th Anniversary The Diamond Four -in 桃響導夢-10年丸わかりDay〜120曲を1日で聴かせます!〜@東京ドーム adv.¥9,300

あーりんの目にも涙。

・めったに泣かない佐々木彩夏さまがMCで涙した。ってか歌中も泣いてた。それで歌えなくなるとか喋れなくなるとかってことはないので、アイドルの涙、ってカテゴリの中では山口百恵派なんだけれども。

・ももクロなぜか初の東京ドームの追加公演となった1日めに参戦。以下は、明日2日めも参加するがゆえの余裕のあるレビューである。この日しか参戦してなかったら、たぶんかなり残念に思ったはず。今日だけみた初見の人には、ももクロのライブ凄いって言うけど、どのへんなんだろう?とか思われそう。片鱗はあるけど、片鱗しかなかった。ファンクラブイベントみたいだった、正直な話。3時間あったけど正味2時間ちょっとくらいで、なにせ32曲メドレーが2セットという、演者たいへんだけど観客別に楽しくないって企画は、まぁ10周年のお祝いの前座だからなぁ、とでも思わないとやってられない。しかもライブ中にやった曲だけだと80曲にも足らないんだから企画倒れで、だったら無理してももクロにメドレーやらすなよ、転換時にスクリーンで見せればええやん、と思った次第。

・ドームなので反響の問題で音の聞こえもアレだが、まあ、おめでたい席なので許せるか、という感じ。メンバーの仕上がりは良いので、逆に残念。まぁ2日めは違うよね!って期待もあり。1日めは、50点かなぁ。

・良かった点。まず、三塁側の席はよかったのでは。移動式ステージあって近くに寄って。私は功徳が足りないので一塁側スタンドでしたが・・・。ちなみに、オープニングは素晴らしかった。ドームらしい演出を序盤でどばっと、そして、誰も聞いたことがない曲で始めるという素晴らしさ。そのままじゃやれないアレのリニューアルは、6色への愛のある、新章だった。

・あとねえ。スタッフに野球に愛がある人いないのか、せっかくのユニフォームだけど、あのままだと間抜けな感じ。アンダーウェアとかストッキングとかとの合わせ技だってことを理解してないので台無し。まあいいや。あと、有名人客席に呼んだみたいだけど、もう、ロートルと組んで曲とか企画作るのは、いらないよ。新しい才能と組むべきってのは最近の佳作の顔ぶれからも明らかなので。

※追記※120曲聴かせます、というときにはもっとアイディアも欲しかったところで、メドレーはジャニーズリスペクトなのかもしれないが、あれはたとえば妹グループがももクロナンバーをやるならアリだろうけど、そうでないなら、エビ中がよみうりランドの時(私立恵比寿中学「狂い咲きエビィーロード ~終わりなき進級~」 [Blu-ray])にやってた、ライブでできない曲を1コーラスづつ、メンバー一人だけで踊って見せるって企画のような、おぉ、と思うものは必要だったはず。それがムービングステージだったとしたら、アイディア不足だと思うんだよなぁ・・・。


MOMOIRO CLOVER Z BEST ALBUM 「桃も十、番茶も出花」<初回限定 –モノノフパック->

Momoiro Clover Z 10th Anniversary Book I CHAOS, Momoiro Clover Z 10th Anniversary Book II COSMOS

2018-05-22_コミック新刊



●2018年5月22日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

☆(電子版同発同額) スクウェア・エニックス ガンガンコミックスJOKER お従兄さんの引っ越しの片づけが進まない(1) (ガンガンコミックスJOKER) 吉辺あくろ

☆(電子版同発同額) スクウェア・エニックス ガンガンコミックスJOKER ガールズ×セクハライフ(1) (ガンガンコミックスJOKER) 河合朗

☆(電子版同発同額) 双葉社 アクションコミックス 東京23区絶滅 : 1 (アクションコミックス) 北田ゆきと/みつお真


【オススメ】 マツキタツヤ、宇佐崎しろ/アクタージュ act-age


アクタージュ act-age 1 (ジャンプコミックス)

■【オススメ】天性の俳優を描く話。 描き方がシンプルでストレート、 読みやすい。一方で巻末に見る今後の展開には不安もあるが・・・。

大手芸能事務所の俳優発掘オーディション。 その女優部門第5次演技審査で審査員の男は ある女の子に目が留まる。芝居未経験者なのに、 なんでそんなことができるのか、と。 しかし他の審査員にはわからない。そこで彼は 彼女に声をかける。「バカでも分かるように演じろ」と。 すると彼女は一瞬で涙を流した。


天賦の才を持つ、生まれながらの女優の話。 彼女は結局オーディションには不合格となる。 それは事務所の女社長の方針。 元天才女優であるらしい社長は精神を病んだことがあり、 メソッド演技を極めているヒロインの芝居は危険で いずれ身を滅ぼす、自分の事務所は誰も不幸にしない、 としてヒロインを拒絶する。


それでは話が進まないので、オーディションのとき ヒロインに目をつけた男性が登場。 彼は外国の映画賞を総なめした監督であり、 彼女のような俳優を探していたのだと。 思い出をベースにメソッドで演技をする彼女に、 もう一歩先に進めるため、CMを用意し、 さらにはエキストラとして他人の作品に送り込む。


監督とヒロインと、ふたりとも傍若無人な感じで なかなか無茶苦茶で面白い。 かわぐちかいじ氏の「アクター 」の時に近いハチャメチャだが読ませる迫力。 とはいえ巻末では他の若手役者たちが集まり 役柄争奪戦バトル的な展開が始まっており、 その手の展開に陥る集英社作品を信頼できるのか? と不安感を煽って終わる点はなんとも・・・。


【データ】
原作=マツキタツヤ、漫画=宇佐崎しろ
アクタージュ act-age
【発行元/発売元】集英社 (2018/5/2) 【レーベル】ジャンプ・コミックス ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→アクタージュ act-age 1 (ジャンプコミックス)
女優を目指す女子高生・夜凪は有名芸能事務所スターズのオーディションで天才的な芝居をするも不合格。それは彼女の危険な演技法に理由があった。しかし、夜凪の才能に魅せられた映画監督・黒山が役者の世界に誘う!!



■当サイトの月間オススメはこちらから

畑健二郎/トニカクカワイイ


トニカクカワイイ 1 (少年サンデーコミックス)

■新婚の作家さんが、突然新婚ラブコメを描く、と。 面白い、けれども、前提がテキトーすぎて、 こういうのを人気作家がやってちゃいかんと思う。

トンデモDQネームを授けられ、 そのプレッシャーから勉学に励み、 秀才となった主人公。しかし彼は美少女に気を取られ、 声をかけようとしたところ、トラックに追突されてしまう。


衝突の衝撃をその子が救ってくれた、というよくわからない展開、 きっと彼女は月からきたかぐや姫では、 という妄想、そして 高校にも行かずアルバイトに明け暮れる一人暮らしの日々を 経た3年後。彼の部屋に彼女が現れるのだった。


病院のベッドで植物人間になっている人物の見ている夢的な 内容が展開される話。声優さんとの結婚を発表したばかり の作家による新婚ラブコメ、というのも笑うべきところなのかどうか。 唐突に新婚から始まるラブコメディというのはまぁ 前例はあるものの、婚姻届にまつわるディテールが ここまで細かいものは珍しい。


可愛い絵柄で可愛い話なので読んでしまうが、 設定をここまで刈り込んで、都合のよい領域だけで転がす 話は作品世界が狭すぎて、著者にも読者にもあんまりよろしく ないのではないかと思いもする。


まぁ自身の結婚に関するパロディを エッセイではなくフィクションに落とし込んでやろうとしている のであれば、ユニークと評価すべきなのかもしれないが。


【データ】
畑健二郎 (はたけんじろう)
トニカクカワイイ
【初出情報】週刊少年サンデー(2018年) 【発行元/発売元】小学館 (2018/5/18) 【レーベル】少年サンデーコミックス 【発行日】2018(平成30)年5月23日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ トニカクカワイイ 1 (少年サンデーコミックス)
[ハヤテのごとく!]畑健二郎待望の新作!
愛と幸せの夫婦コメディー開幕!!
星空と書いて「ナサ」と読む…勉強はできるけどちょっとアレな主人公・由崎ナサはある日、謎の美少女・司に運命の一目惚れをする。 決死のナサの告白に、彼女の返事は__
「結婚してくれたら、付き合ってあげる」!?
謎だらけだけど、とにかく可愛いお嫁さんとのイキナリ新婚生活が始まる!
結婚から始まるイチャ×2ラブコメディー、第1巻!!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 畑健二郎/ハヤテのごとく!

■当サイトの月間オススメはこちらから

2018-05-21_コミック新刊



●2018年5月21日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

双葉社 アクションコミックス ベラドンナの魔女〜隷属情夫収容所〜(1) (アクションコミックス) 嵩崎ナツハ/山咲まさと


2018-05-20_コミック続刊等


● 「ちはやふる(38) (BE LOVE KC)」 描かれていたのが、後ろめたさ、ひっかかるもの、残滓をその身に記憶として残してしまうかどうか、だったのは興味深い。自分との闘い、ってことに深く入りこんでいくのは、この手の話では王道か。 → 【オススメ】 末次由紀/ちはやふる


● 「亜人ちゃんは語りたい(6) (ヤンマガKCスペシャル)」 前巻の内容を覚えていなかったので、ん?何だっけ?この話?と思ったが、そうか座敷童子ネタだったか。その後の展開は、亜人としての生き辛さとプライドとアイデンティティの話が混じり、なんかイイ話が続出で、この巻は作品を一歩違う方向に進めることができたのでは。 → 【オススメ】 ペトス/亜人ちゃんは語りたい


● 「バイオレンスアクション 4 (ビッグコミックススペシャル)」 なんかぼやっとした感じ。つなぎの巻という印象。 善悪もぼやっとしている巻なので、これはこれでいいのかな。 → 【オススメ】沢田新、浅井蓮次/バイオレンスアクション


● 「七つ屋志のぶの宝石匣(7) (KC KISS)」 しのぶちゃんの目利き炸裂。結構な話を突っ込みつつ、 引っ張ることなく イイ話にしてすぐ収束させる勿体なさは著者ならでは。 → 【オススメ】 二ノ宮知子/七つ屋志のぶの宝石匣


【オススメ】 森長あやみ/みっちゃんとアルバート


みっちゃんとアルバート 1 (バンブーコミックス)

■【オススメ】異世界生物との同居コメディ4コマ。 不条理に頼るネタもなく非常にオーソドックスで安心安全。

寝坊して大学に向かっていた女子大生は、通学途中に 宇宙船にアブダクションされる。 くまのぬいぐるみのような宇宙人は、 地球の生活に興味があり、ホームステイさせてほしいと申し出るのだった。


早々に宇宙船が壊れてしまい、 それなりに宇宙グッズが登場するものの さほど活躍場面は多くなく、 なのでSF風味なネタは正味少なめ、 あってもパロディ的なツッコミ待ちの使い方で コントの道具的あり方のよう。


一方でしゃべるぬいぐるみが外出するための手段として、 ゆるキャラに応募し受賞するという展開を持ち出してきたのは 設定とあわせてユニークな落とし所。 女子大生と仲の良い後輩には宇宙人であることは バラしつつ、ということで、部屋に閉じこもるしかない 展開は回避している。


その上で展開するのは、宇宙人が 地球の日本文化に触れることによるカルチャーギャップ、 カルチャーショックネタ。 ヒロインが適度に血と涙がない感じがよろしい。


【データ】
森長あやみ (もりながあやみ)
みっちゃんとアルバート
【発行元/発売元】竹書房 (2018/5/17) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ みっちゃんとアルバート 1 (バンブーコミックス)
あなたはSFギャグコメディと遭遇する――クマ★ 大学生の花室みつこは、ある朝UFOに連れ去られる…! そこで出会ったのは、惑星クマラジューからやってきたというクマ型宇宙人のアルバートだった。 地球に興味があるアルバートにホームステイを迫られ しぶしぶ自宅に連れて帰ることになり…!? 新進気鋭の作家が描くエイリアン・ミーツ・ガール待望の第1巻!!



■当サイトの月間オススメはこちらから

<< | 2/1237PAGES | >>

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile






















ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM