眉月じゅん/九龍ジェネリックロマンス


九龍ジェネリックロマンス 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

■もどかしいラブコメものかと思いきや、終盤風向きが変。

九龍が舞台、でも名前は日本人な主人公たち。九龍自体も今の時代という ことではないらしく近未来感も漂わせつつ。不動産屋で働く女性と同僚との 職場での恋愛未満な関係がゆるゆると描かれていく。


なぜクーロンが舞台なのか?と読者はまず面食らう。更に、 すいかと共にタバコを吸うのが好きだ、という話が出てくるのだが、 冒頭に出てくるすいかを切るシーンが正直酷い構図で気になった。


話としてはゆるゆると、遅々としていて、これは一体なんの話なのか、 と思うくらいにぼんやり。ヒロインは同僚のことが好きなのだと自覚するが 一方の同僚はヒロインと昔の彼女が似ているらしいというエピソードがあり、 この辺から過去が絡んで、何が真実で何が幻なのかがわからない状態に。


正直ぴんとこないまま読み進めたが、 巻末の混沌とした状態での巻またぎには感心。とはいえ、 感情移入して読むには物語がヒロインから引いて描写しており、アプローチには疑問。


【データ】
眉月じゅん
九龍ジェネリックロマンス
【発行元/発売元】 集英社 (2020/2/19) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ 九龍ジェネリックロマンス 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
此処は東洋の魔窟、九龍城砦。ノスタルジー溢れる人々が暮らし、街並みに過去・現在・未来が交差するディストピア。はたらく30代の男女の非日常で贈る日常と密かな想いと関係性をあざやかに描き出す理想的なラヴロマンスを貴方に――。


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 眉月じゅん/恋は雨上がりのように

■当サイトの月間オススメはこちらから

小林且典、岡純平/エデンの魔女たち


エデンの魔女たち(1) (ヤンマガKCスペシャル)

■戦争を知らない魔女の国に、人間の軍隊が攻めてくる。

幸せな魔女の国。しかしその国の魔女は作るスープがまずい。それだけでない、魔女の中でも唯一、悪魔が出せない魔女だった。それでも彼女は民に慕われていた。


結界で国を守っていた魔女。しかしそこに襲ってきた者たちが。それは、銃を持った人間たち。悪魔は銃撃が効かないが、魔女は撃てば死ぬ。そうして人間たちが魔女の統治する異教の国、エデンに攻め込んで来たのだった。


…いけすかないダークファンタジーであまり紹介したくもないが。人間たちが何故進軍してくるのか。それは魔女の国を使って何かをしたい知識のある者の誘導によるようだが。何のため、というのがいまいちわからず。抗う術を持たぬ相手への蹂躙と虐殺、という話は読んでいて楽しいわけがなく。戦争ものは、戦争するにはそれなりに理由があるとして作ってくれないと、と思うのだが。


一方的に悪者がいるような戦争ものはどうだろうと思いつつ。異教の地相手に聖戦だと言って侵略するのはよくある話で、信仰だの宗教だのは個人を救うことは場合によってあるかもしれないが集団に対してはネガティブかつ破滅的な状況をもたらす効果が殆どに見え、人間の発明したもののなかで最悪なものではとさえ思うのだが。また、武器を捨てた平和は果たして最善なのか、という問いでもあるのかもしれない。さらにいえば人間というものがいかに邪悪になりうるものか、という話でもある。


とまぁ、色々考えられなくもない話ではあるが。漫画でそんなもの考えたくもないかな、という思いもあり。


【データ】
原作=小林且典、漫画・漫画原作=岡純平
エデンの魔女たち
【発行元/発売元】 講談社 (2020/2/20) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★
■購入:
amazon→ エデンの魔女たち(1) (ヤンマガKCスペシャル)
魔女たちが支配する平和な国エデン。その辺境の村では、落ちこぼれの魔女ベルノと民たちが笑い合い助け合いながら暮らしていた。ある日、霧の結界が壊されケモノが現れる。悪魔を呼び出せないベルノは窮地に陥るが、結界の調査に来た魔女リナと悪魔ハウレスに助けられて、かろうじてケモノを撃退する。だが、これが全ての始まりだった。結界の向こうから迫り来るスペルビア帝国。とどろく軍靴の音。恐るべき近代兵器。理想郷を血と硝煙で染め上げる、科学と悪魔の戦争の火ぶたが切って落とされた。それは残酷な世界の真実を暴く戦いーー。衝撃のダークファンタジー開幕!!


■当サイトの月間オススメはこちらから

西川魯介/裏の家の魔女先生


裏の家の魔女先生(1) (ヤングチャンピオン烈コミックス)

■借家人の作家先生との交流というか料理もの。

自宅の裏の物件に借家人が現れた。彼女は小説家。大家の息子である少年は、彼女に 誘われちょいちょいと食べ物をご馳走になるのだった。


というわけで、レシピ漫画のような感じになりつつ。大家の息子には幼馴染で仲の良い女の子がいるので作家女史との恋愛という話にはならず。一方、少年は作家に昔会った記憶があり、題名にも魔女とつくだけの理由があり、それまでと毛色の変わったエピソードで本編終了。本筋はなんだろう?という気がするお話だが…。


それと。巻末には別の読み切りあり。本編ではそういう感じが出てこなかったのに思いっきりエロなんですが、この単行本に収録で良かったのだろうか…そしてエロだがお笑いで下げるという、著者らしいオチ。著者のファンには良いサービスかと思うが、著者作品初見の人は戸惑い動揺するのでは…。


【データ】
西川魯介
裏の家の魔女先生
【発行元/発売元】 秋田書店 (2020/2/20) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ 裏の家の魔女先生(1) (ヤングチャンピオン烈コミックス)
読書好きな男子高校生・石垣蛍太は、自宅の裏に越してきたミステリアスな雰囲気の小説家・雨夜沙希子の料理とオトナの魅力にすっかり夢中! その輪の中に蛍太と幼なじみの女子高生・小賀坂深冬も加わって…。読めばお腹が空いてくる、すこし不思議なグルメ奇譚!


■当サイトの著者他作品レビュー
西川魯介/まかない君
【オススメ】西川魯介/兵器局非常識器材関連開発室 ヴンダーカンマー
西川魯介/アシスタント伝奇 ケイカ
■当サイトの月間オススメはこちらから

天野雀/亜童


亜童(1) (ヤンマガKCスペシャル)

■リメイク版「AKIRA」かな…能力の発動形態は絵的に面白い。

移民法が制定されて25年、という近未来。混沌とした社会の中で、 バイトに遅れそうとバイクを飛ばす少女は路上で突っ立ったままの 男の子を事故寸前で救い出した。


男の子は何らかの超能力的なものを持っているらしい。そして、 狙撃対象となっていた。 少女に連れられ食事をしていたところ銃撃されるが、 彼の身体から蔓のようなものが出てその銃弾を防ぐのだった。


亜童という存在が被実験体として研究されていたがそこから逃亡したのがこの男の子である、という話。彼を組織が追っている。追手は彼同様亜童である異能者も。…基本的には「AKIRA」のリメイクというかエピゴーネンというかトレースというか。そこにギミック的には「寄生獣」的なものが加わっている感じ。っていうか講談社のヤンマガレーベルで「AKIRA」っぽい作品を出しちゃうのか…。


異能者を異能者が狩るという構図はこの手の話の常。その追う異能者は自分についている首輪を外す方法を知りたくて男の子に接触したいと思っているという設定なのだが、男の子が首輪をしていない理由は研究員に外されたからということが回想シーンで示されており、読み手としては、おいおい、と思ってしまう。


この話を面白そうと思わせるには、男の子が逃げ込む先として相応に大きな組織が必要で、そこが追う勢力と対峙する形にならないと展開のしようがないと思うのだが…男の子の能力が暴走しはじめるところで巻またぎというのは、上手いように見えて、250ページもある一巻でここで切るのかという釈然としない思いも。


【データ】
天野雀(あまのじゃく)
亜童(あどう)
【発行元/発売元】 講談社 (2020/2/6) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ 亜童(1) (ヤンマガKCスペシャル)
日本が移民を受け入れて、人種のるつぼになった時代。 ハッキリとものを言う性格がアダとなり、仕事を転々としている19歳の冴木リコはある日、交通事故に巻き込まれかけた少年・エイトを救う。 警察でも身元がわからず連れ帰ると、エイトが軍隊に狙撃される。 リコはエイトの重大な秘密を知ることになり、ともに「敵」と戦う決意をする! ヤンマガ期待の俊英が描く本格SFアクション、開幕!!


■当サイトの月間オススメはこちらから

USI/カップルバスター


カップルバスター : 1 (アクションコミックス)

■別れさせ屋の話。内容は面白いが90ページで440円設定か…。

総合探偵社を舞台にした話。ヒロインは調査員で プロのエージェント。仕事は、別れさせ屋。


話は結構入り組んでいる。男女を別れさせるのが仕事。 そこでヒロインがカップルの女性にアプローチする…という ことで内容は丁寧。不倫している夫を別れさせた上で家庭に取り戻したい、 というのが依頼の内容。そこで探偵社は綿密な計画でもって対応していく。


調査部に工作部と、人員豊富で、こりゃいくらかかるんかな、という 布陣でコンゲームものを見ているような仕掛けの面白さあり。 一方で全体で90ページ。元々分冊で1エピソード110円で 出ていたものが一年たって電子版で1冊に。4エピソードで440円なので、 価格設定が合本版でも分冊版でも同じなところは良心的だが…。 電子書籍版コミックスはページ数が明示されないまま売られていることが多く、 紙書籍がないものはファイルサイズを見て判断するしかないのが悩ましいところ。


一巻読んで仕事が終結しないまま巻またぎというのはよくある商法だが、 ページ数がこう少ないと腑に落ちない。内容は面白いんだけども。


【データ】
USI(うし)
カップルバスター
【発行元/発売元】 双葉社 (2020/2/11) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ カップルバスター : 1 (アクションコミックス)
「他人同志のこの世界で、親密になれる相手と出会うことは奇跡に近い偶然だ。 しかし、人は時にその関係を壊したがる…。」 総合探偵社ポイズン アップル リサーチの調査員・天月万桜(あまつきまお)は、 プロの別れさせ屋エージェントである。彼女の仕事は、対象を調査し取り込み誘導し、 男女の不都合な関係を円満に破壊すること。 別れたい・別れさせたい人がいるのなら、ぜひ当社にお任せください!


■当サイトの月間オススメはこちらから

山本中学/左様なら今晩は


左様なら今晩は (全1巻) (ヤングキングコミックス)

■幽霊もの艶笑人情喜劇。

結婚を意識していた同棲相手が出ていった。 絶望していた男の前に現れたのは、女性の幽霊だった。


その家にずっとついていたが、男の彼女がバリア的な力が 強くて今まで出てこれなかったと。処女のまま自死したという 彼女は性の営みに興味津々で、彼に対して痴女的に関わって くるのだった…という幽霊もの艶笑喜劇。


霊なんだが彼には見える、そして彼女は彼に触れることができて、 そして彼も彼女に触れるようになる、という話に。その一方で 彼にアプローチしてくるリアルな、生きている会社の同僚も。


エロ話的な展開になりつつ、幽霊という存在をどう処理するのか、 幽霊のまま生き続けるのか、本当に死んでいるのか、幽霊なのか、 どう展開していくのかと思っていると、幽霊という題材らしい 落とし方に持っていくのはまぁ常識的な転がしか。 最後は無理のある話になるが、そこは敢えて結末ありきとして描かず匂わせ で終わらせたのは下手に無理やりハッピーエンドにするよりは良かったと思う。 一巻完結。


【データ】
山本中学
左様なら今晩は
【発行元/発売元】 少年画報社 (2020/1/27) ※電子版で購入
■評価→ C(標準)
■購入:
amazon→ 左様なら今晩は (全1巻) (ヤングキングコミックス)
「一緒にいると気が滅入る」と同棲2年にして結婚目前にフラれた男・陽平。それもそのはず陽平の部屋には処女のまま死んだ「痴女霊」が憑いていた…平凡男と孤独霊のちょっぴりビターで切ない青春ラブロマンス。


■当サイトの月間オススメはこちらから

鳩胸つるん/ミタマセキュ霊ティ


ミタマセキュ霊ティ 1 (ジャンプコミックス)

■霊感ドタバタコメディ。よく読むと下品なネタが一切ないところは凄い。

霊が見え引き寄せつ体質の少女。彼女は大量の背後霊を引き連れていた。 とはいえ煩わしいが別に怖くはない。悪さを特にするわけではないので。 友人知人に言ったところで困惑させて遠ざけるだけなので霊感の あることを封印していた彼女。その前にある日、除霊の専門家だという男性 が現れるのだった。


プロのセキュ霊ティだという人物は、霊感はありそうだが普段は霊が確実に見えているわけではなさそう。しかし悪霊が暴走した際には覚醒し除霊に成功する。ただしそれを本人自身あまり自覚していないようで、一方の少女も霊がついていること自体で特に困っていないというすれ違いあり。


両者の交流でバディものみたいになりつつ、それだと霊のバリエーションを増やしていかないと話が転がらないところ、除霊者の同僚を登場させることで別の方向に物語を展開。この同僚が優秀だが霊感だけは全くなく、悪態をつきながら同僚のことを心配している友人という設定。


その後もスラップスティックなドタバタコメディが続くが、下ネタ的なものはなく、それどころかネガティブな方向で人をあげつらう系の笑いもなく、下品な要素がないのは素晴らしい。


【データ】
鳩胸つるん
ミタマセキュ霊ティ
【発行元/発売元】 集英社 (2020/2/4) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ ミタマセキュ霊ティ 1 (ジャンプコミックス)
100体弱の背後霊に憑かれつつも平穏な毎日を過ごす超霊媒体質の女子高校生・羽瀬玲奈(ハゼレナ)。そんな彼女の前に自分を霊の専門家「セキュ霊(レ)ティ」だと名乗る御霊 浄(ミタマ ジョー)が現れた。霊から守ることを一方的に誓うミタマと迷惑がるハゼレナの騒がしくも楽しい除霊ギャグがはじまる!!


■当サイトの月間オススメはこちらから

| 1/650PAGES | >>

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM