つるかめ/雨天の盆栽


雨天の盆栽 1 (マッグガーデンコミックス Beat’sシリーズ)

■女子高生話に盆栽ネタを混ぜ込んだ作品。 それ以上でも以下でもないが、絵としては魅せる。

人に合わせてちょっとずつ誰かにも自分にも嘘をつく、 そんな生活を送っている女子高生は、、 他人と合わせることをしない容姿端麗な同級生に、 何であんなに堂々としてるんだろう? と考える。誤解から彼女に接近したところ、 彼女は盆栽に関しては雄弁であり、盆栽と彼女の表情とに 惹かれて友人となるのだった。


女子高生の友人話、誰もがちょっと不器用 というところが読者の共感を呼びそうで、 そこに彼女たちをつなぐものとして盆栽という 要素を投入したのはユニーク。 盆栽を単なるネタではなく真面目に取り扱っている 点は偉いが、とはいえ本編ではさほどの 情報が出てくるわけではない。あとがきを読めば、 それは作品に邪魔にならない程度に抑えているからだ、 とわかる。だが、もっと前面に押し出してカルト的な 作品に仕上げても良かったのではないか。 埼玉県さいたま市大宮が舞台であるなど分かる人にはわかってるね! と言われる設定ではあるのだけれど。


全体になじませようとした作りは、 作品をライトな、軽いものにしている。 登場人物のキャラクターは極端で、 ストーリーものなのに全体の印象は4コマ漫画の域を出ない。 オーバーアクトなできの悪いドラマやアニメのような、 あまり好きになれない演出。 まぁ、ギャグと思えばよいのだろうが。 ただし、絵は綺麗で魅力的なカットが多い。 それもまた、ちょっと違うんだよなぁ、と思ってしまうのだった。


【データ】
つるかめ
雨天の盆栽
【発行元/発売元】マッグガーデン (2017/2/14) 【発行日】2017(平成29)年発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→雨天の盆栽 1 (マッグガーデンコミックス Beat’sシリーズ)
女子高生・ミーツ・盆栽! ? ガールズ青春グラフィティ♪
ちょっと空想癖のある女子高生・小日向楓は、実家が盆栽園だという同級生・雨宮雨天に出会い、可愛く奥深い“盆栽"の魅力に触れていく…。 ポップに、キュートに、本格的に! 埼玉県大宮を舞台に送る、ガールズ・盆栽・グラフィティ♪


■当サイトの月間オススメはこちらから

2017-03-23


●2017年3月23日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

★(電子版同発) 講談社 モーニングKC GIANT KILLING(43) (モーニングコミックス) ツジトモ/綱本将也

★(電子版同発) 講談社 モーニングKC グラゼニ〜東京ドーム編〜(10) (モーニングコミックス) アダチケイジ/森高夕次

★(電子版同発) KADOKAWA MFコミックスフラッパーシリーズ くまみこ 8<くまみこ> (コミックフラッパー) 吉元ますめ

★(電子版同発) 講談社 アフタヌーンKC フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(8) (アフタヌーンコミックス) 恵三朗/草水敏

★(電子版同発) 講談社 アフタヌーンKC コトノバドライブ(4)<完> (アフタヌーンKC) 芦奈野ひとし

講談社 モーニングKC 惑わない星(2) (モーニング KC) 石川雅之

★(電子版同発) KADOKAWA MFC 百合百景 (MFC) はちこ

★(電子版同発) リブレ クロフネコミックス 奥さまはドードー鳥 (クロフネコミックス) メノタ

集英社 オフィスユーコミックス シマウマはワンワンと鳴く 1 (オフィスユーコミックス) 和田育子

講談社 モーニングKC CITY(1) (モーニング KC) あらゐけいいち

★(電子版同発) KADOKAWA MFC 異世界薬局 (1) (MFC) 高野聖/高山理図ほか


【オススメ】 kashmir/ななかさんの印税生活入門


ななかさんの印税生活入門 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

■【オススメ】ラノベっぽいタイトルで、 ラノベを書こうとする女の子を描く漫画、 というのはユニーク。

中学生女子を描く4コマもの。 両親がともにマンガ家という家庭で育った 女の子が小説家を目指す、という ひねったというかひねくれた設定のお話。


友人とのコントのような展開をしつつ、 美術部員とその顧問とを巻き込んで話は進む。 ヒロイン自身はラノベ書きを目指すのだが、 ラノベなので絵は大事、 美術部を絡めることで絵も漫画の中に 自然と出て来る形になっている。


基本的には女の子たちのかしまし漫画。 だべって漫才する系だが、先生もそこに 絡めるところが著者の持ち味。 更に、学園もの部活ものにありがちな、 だべっているだけ系ではなくて、 制作物をきちんと作っているところも 志が高い。


ライトノベルの世界を 面白く表現しつつ、とはいえヒロインが目指す世界なので 揶揄するのではなく、 かつヒロインが成長している様も見せる、 という難しいことをこなしている良品。


【データ】
kashmir
ななかさんの印税生活入門
【初出情報】まんがタイムきららMAX(2016年〜2017年) 【発行元/発売元】芳文社 【レーベル】MANGA TIME KR COMICS 【発行日】2017(平成29)年3月15日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ななかさんの印税生活入門 1巻 (まんがタイムKRコミックス)
放置気味に育てられた中学生のななかは、両親を見返すため、 web小説で一発当てて夢の印税生活を目指すことに。 次々と飛び出すラノベ・web小説に対する独特すぎる分析には思わず吹き出してしまうこと必至。 「〇本の住人」等のkashmirが送る完全新作です。


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 kashmir/ぱらのま
【オススメ】 kashmir/デイドリームネイション
【オススメ】 kashmir/百合星人ナオコサン
【オススメ】 kashmir/○本の住人

■当サイトの月間オススメはこちらから

2017-03-22


●2017年3月22日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

KADOKAWA シルフコミックス この恋に未来はない1 (シルフコミックス) 森橋ビンゴ/粉子すわる

KADOKAWA シルフコミックス さくちゃんとのぞみくん1 (it COMICS) KUJIRA

スクウェア・エニックス ガンガンコミックス 生きてますか? 本田くん(1) 外海良基

☆(電子版同発) スクウェア・エニックス ガンガンコミックス BLACK BOARD(1) (ガンガンコミックス) イズミダフユキ

☆(電子版同発) スクウェア・エニックス ガンガンコミックスpixiv ヤンキーショタとオタクおねえさん(1) (ガンガンコミックスpixiv) 星海ユミ

☆(電子版同発) スクウェア・エニックス ガンガンコミックスJOKER Jヲタ男子☆朝比奈くん 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER) 七海慎吾

☆(電子版同発) スクウェア・エニックス ガンガンコミックスONLINE ソフィー・ローズと荊棘の人形師 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE) エトオミユキ

☆(電子版同発) スクウェア・エニックス ガンガンコミックスONLINE 好き×透き 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE) 緋原俊介

☆(電子版同発) スクウェア・エニックス ガンガンコミックスONLINE モドキドモ(1) (ガンガンコミックスONLINE) 蒼川なな

葉社 アクションコミックス 火傷少女(1) (アクションコミックス) 里見有/貫徹

双葉社 アクションコミックス 賞金首(1) (アクションコミックス) コブラ・サンダーボルト/大黒暦

2017-03-21


●2017年3月21日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

☆【注意:このレーベルはトリッキー、電子版購入時は要注意】(電子版は既発だが紙書籍は電子版2巻分を収録) 双葉社 アクションコミックス 天才・海くんのこじらせ恋愛事情(1) (アクションコミックス) 陽香

☆【注意:このレーベルはトリッキー、電子版購入時は要注意】(電子版は既発だが紙書籍は電子版2巻分を収録) 双葉社 アクションコミックス 気になるパパは外国人(1) (アクションコミックス) みき姫

ヒルトン大阪 
レイトチェックアウトを頼むが毎回渋い回答なのがヒルトン。ただ、かわりにアーリーチェックインには対応してくれるのかも?ところで今回は部屋がアップグレードされているのかどうか・・・。バーを使いHPCJ利用もハッピーアワーは対象外なのか、スタッフの発言も微妙な感じで、もやもやする。エグゼクティブラウンジも狭いし、これは、コンラッドできたらそちらを利用したほうがいいのかもなぁ。いや、いい対応も随所にあるのだけれど、それを打ち消す対応もちらほらあって、残念極まりない。

2017-03-20


●2017年3月20日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

白泉社 花とゆめコミックス 放課後せんせいと。 1 (花とゆめCOMICS) 松月滉
●サイゼリヤに行くとカタログが新しくなっていた。震災支援として一時期提供されていたアマトリチャーナ・ビアンコがレギュラーメニューに。それを頼み、食べようとしたところ、家人が別にオーダーしたエスカルゴのオーブン焼きを、これ、パスタにかけて食べても美味しいのでは?と言い出す。試したら・・・これは確かに。癖になるかも。

【オススメ】 磯谷友紀/あかねのハネ


あかねのハネ(1) (ビッグコミックス)

■【オススメ】遅れてきた才能を主人公とするスポーツもの。 主人公のキャラクターは良いが、ライバルの造形はどうだろう・・・。 とはいえ主人公のおかげで面白いのは確かだが。

勝つこと大好きなポジティブなスポーツ少女が主人公。 学校まで片道6キロを毎日自転車通学という環境で 鍛えられ、中学の女子サッカー部では九州大会を勝ち進んでいたのだが、 父親の転勤に連れられて東京へ。しかし女子サッカー部のある 高校には受からず、彼女の進学先はサッカー部のない学校だった。 ただ同級生には、だったらユースに入ったら?と言われ、それもそうか、 と思っていたところ、体力測定の際にバドミントン部のコーチにスカウトされるのだった。


運動能力があり根性も備えるヒロインがその才能に注目されて遅れてきた天才となる話、なのだろう。話の運びはゆっくりめなのは成長譚を描くにあたり良い 進め方。ところで学校はスポーツが盛んで特待生もおり、一般入学へのスカウトはその特待生へプレッシャーをかけるため、程度ともいわれている。


バドミントン自体は経験がものを言うスポーツのようで、それはつまり人材が厚くなったということでもあるのだろう。インハイ出場者は一番遅くても12歳には競技を始めている、という。だが、スカウトしたコーチは実力者で、経験もなく一気に駆け上がった選手も知っており、現状の自校では行き詰まっているとも感じており次のステージにあがるにはヒロインのような存在が必要であると思っている。元経験者だがこの強豪校でレギュラーは無理としてマネージャーを志望した子と仲良くなり、ヒロインはバドミントンに賭けてみようと思い始める、という展開である。


このヒロインの性格が負けず嫌いというか良い意味で勝つことに喜びを覚えるタイプで、ポジティブな上に勘が良い。一方、ジュニアのチャンピオンだったという同級生は、バドミントンは遊びではない、本気でない人間にやってほしくない、と頑なで閉鎖的な考えを持っており、ヒロインの存在自体を良く思わない。しかも憧れのコーチがなぜかヒロインに肩入れするので余計にその思いが強くなる。こうした閉鎖的なものを打破したいからこそのコーチのスカウトなのだろうが、この辺の描き方は少々違和感あり。伸びしろのないチャンピオン、という役割としてこの同級生を設定しているのだろうか。その悲劇性もあわせて描くというならわかるが、ヒロインと切磋琢磨していく存在としてはちょっと線が細すぎる。その性格が変わっていく話、というのは都合が良すぎるし、設定間違っちゃったんじゃないかな、と思わないでもない。


とはいえ、どうせやるなら一番になりたい、というヒロインの設定だけでも十二分に面白い。彼女が下手に悩む話にはしてほしくないが、まぁ、そういう展開にはなりそうにないので安心かな。


【データ】
磯谷友紀 (いそやゆき)
あかねのハネ
【初出情報】スピリッツ増刊ヒバナ(2016年) 【発行元/発売元】小学館 (2017/3/10) 【レーベル】ビッグ コミックス ヒバナ 【発行日】2017(平成29)年3月15日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→あかねのハネ(1) (ビッグコミックス)
田舎のサッカー少女だった深山あかねは、勝つことが大好き。仲間たちとサッカーに打ち込む日々を送っていた。そんなある日、父の仕事の都合で東京に引っ越すことに。 しかし、新天地の高校には女子サッカー部がなかった。部活を迷っている頃、サッカーで鍛えたあかねの足を気に入ったバドミントン部のコーチ・汐里にスカウトされる。 バドミントン部の強豪校で、初心者はあかねただ一人。クラスメイトでオリンピックを目指し、バドミントン一筋という鈴木佐羽子は、そんなあかねを快く受け入れられずにいた。 導かれるように出逢った羽根が、あかねの青春を変えていき……!?


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】磯谷友紀/ぼくの夜に星の出る
【オススメ】 磯谷友紀/海とドリトル
磯谷友紀/屋根裏の魔女
磯谷友紀/本屋の森のあかり

■当サイトの月間オススメはこちらから

| 1/1179PAGES | >>

search this site.

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW



fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
LDK(エル・ディー・ケー)
MONOQLO(モノクロ)
家電批評
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM