【オススメ】 石塚真一/BLUE GIANT SUPREME


BLUE GIANT SUPREME(1) (ビッグコミックススペシャル)

■【オススメ】大の新たな物語はドイツ・ミュンヘンへ。 また振り出しから始まる感じでもどかしく、 早く続刊が読みたい。

傑作ジャズ漫画である 「 BLUE GIANT 」の最終10巻は、あまりとってほしくない展開でもあり、しかしそれゆえに 強く植え付けられる話ではあったのだけれど、トリオを解散することにした 主人公は海外へ出ることにする。そこは師匠に相談して、で、そこは自分では 考えなかった、という場所に行くわけだが、そこはどこかというと、 ドイツであったという。


言葉もわからないが飛び込んでいく行動力。それをすごいと呼ぶべきか。 しかしよくわからない東洋人のジャズミュージシャンで実績もない彼は 信用がないので軽くあしらわれてしまう。が、彼はそこで自分から歩み寄らなければいけない、 と悟り、言葉の習得にも励む。・・・まぁずっと住むつもりなら片言くらい はできたほうがいいわけなのでそこは当然なのだが。


環境を変えた本作は、まるで前シリーズの開始当初と同じような内容である。 またここから始めるのか、とも思う。やっと名声のとっかかりを得たところ だったのに、誰も知らないところでまた一から始めるというのはどういうことなのか。 物語としては確かに、登るきっかけを掴むまでの話のほうが面白い。 一方で、彼自身は進化しているので、誰も知らない、ということはあるが、 技量面でいえばゼロから始めるわけではない。 彼の演奏には人を引きつける魅力が今まで以上にある。


ところが面白いのは、異国の地で彼に興味を持ちサポートしてくれる存在が 登場するのだけれど、その時点では彼の演奏を聴いていない。 彼の人間的な魅力だけで応援する者を作ったというのは、 ユニークである。だが結局本質はそういうことなのだろう。


主人公は外国に行ったことで、壁にもぶつかり、悩みもする。 もちろん日本国内でも同じことはあったろうが、 外国に一人きりなので、本当に詰まらないことにも躓く。 で、結局、考えすぎだと気づく。そう、それは前作で、お前は考えるな、 と言われていたことに通ずるのだ。立ち止まって考える必要はない。 突き進めばいいのだ。


じゃあこのあとは、どんどん突っ走って欲しい。 一巻の展開はもどかしい。続刊ではよりスピードを持って 疾走していってほしいと思う。なお電子版が同発となったのは 有り難い。


【データ】
石塚真一 (いしづかしんいち)
BLUE GIANT SUPREME
【初出情報】ビッグコミック(2016年〜2017年) 【発行元/発売元】小学館 (2017/3/10) 【レーベル】ビッグ コミックス スペシャル 【発行日】2017(平成29)年3月15日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→BLUE GIANT SUPREME(1) (ビッグコミックススペシャル)

止まるわけにはいかない宮本大は、 単身ヨーロッパに渡る。 降り立ったのはドイツ・ミュンヘン。 伝手も知人もなく、ドイツ語も知らず、 テナーサックスと強い志があるだけだ。 「世界一のジャズプレーヤーになる・・・!!」 練習できる場を探すところから始まる挑戦。 大の音は、欧州でも響くのか―――


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 石塚真一/BLUE GIANT
石塚真一/そんでよし!
石塚真一/石塚真一短編集 東京チェックイン
【オススメ】 石塚真一/岳

■当サイトの月間オススメはこちらから

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王
会社四季報 プロ500
会社四季報 ワイド版
ダイヤモンドZAi(ザイ)


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM