【オススメ】 鷹野久/骨董猫屋


骨董猫屋 (ねこぱんちコミックス ねこの奇本)

■【オススメ】5年ほど前の作品を集めた単行本のようだが、 え、なんで今まで出なかったの?これ、と思ってしまう一冊。 喋る猫が可愛く格好いい。

骨董屋を覗いた少女はぬいぐるみかアンティークの置物か、 猫が気になって入ってみる。生きてるみたい、と思ったら、それは本物の猫だった。


猫アレルギーがあるという少女が、その骨董屋の猫には反応せずじんましんが出なかった。 ちなみにその猫は、人の言葉を解して喋る。っていうか二足歩行で自分でお茶も入れて持ってくる。あまつさえ茶を自身も飲んでいる。猫舌じゃないんかな・・・。


で、少女は猫アレルギーにまつわる過去を持っており、それはトラウマになっていたのだが、骨董屋の猫の尽力により誤解は解けてトラウマ解消、というお話。その展開なら彼女が骨董屋の常連となって物語が繋がっていく、というのが普通だと思うのだが。勿体無い。


表題作のほかも読後感の良いものばかり。表題作以外のほうがファンタジー色は濃いかな。全作品に猫が登場。猫好きでファンタジー好きなら可愛いと思うだろう作品集なのでオススメ。


【データ】
鷹野久 (たかのひさ)
骨董猫屋 (こっとうねこや)
【初出情報】ねこぱんち(2011〜2012年) 【発行元/発売元】少年画報社 (2016/12/12) 【発行日】2016(平成28)年発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品)
■購入:
amazon→骨董猫屋 (ねこぱんちコミックス ねこの奇本)
心に傷を抱える少女がふと立ち寄った骨董屋。中にはしゃべる猫のぼんてんと店主が…人と猫の絆をつなぐちょっと不思議な物語!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 鷹野久/向ヒ兎堂日記

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
会社四季報 プロ500
会社四季報 ワイド版
ダイヤモンドZAi(ザイ)


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM