【オススメ】 kashmir/ぱらのま


ぱらのま 1 (楽園コミックス)

■【オススメ】無目的旅鉄漫画。前作「てるみな 」のファンでないほうが楽しめる。

ヒロインは百貨店の駅弁大会に買い出しに行きお目当ての弁当を買う。 その場で食べる人たちを尻目に、駅弁なんだからやっぱり車窓見ながら食べたい、 ということで彼女は決断する。「よし なんでもいいから特急乗ろう」 そうして新宿から乗れる特急を物色し始めるのだった。小田急、西武、成田エクスプレス、東武、いやJRか・・・あれ?実名で出てくるなら百貨店も京央でなくて京王で良かったのでは・・・。


てるみな 」のスピンオフ的作品。だがその「てるみな 」は現実の鉄道路線を元にしながらも微妙に違うパラレルな世界で、 猫耳少女を主役にした幻想的な作品であったのに対し、本作は ほぼ現実世界のお話。最初の頃は幻想めいた展開もついてきたが、 後半ではそのような転がし方もナシ。ファンタジックな作品は それはそれでよかろうが、本作には鉄道好き旅好きには たまらない魅力がある。


ヒロインのお姉さんの計画性のなさが素晴らしい。そんな彼女が旅に出るのは、 たぶん計画大好き鉄道大好きなお兄さんの影響が大らしい。 彼女がぼんやりとした目論見はありつつも、行き当たりばったりでプランを 変えていくという旅は、実に楽しそう。ああ、帰宅途中のサラリーマンでホームが埋まっているのを寝台特急で寝ながら眺めたい・・・。


【データ】
kashmir
ぱらのま
【初出情報】楽園(2015〜2016年) 【発行元/発売元】白泉社 (2017/1/31) 【発行日】2017(平成29)年2月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→ぱらのま 1 (楽園コミックス)
「残念なお姉さん」と共に巡るオトナ力無駄に発揮な鉄道小旅行の数々。「乗り鉄」「撮り鉄」等、鉄道好きも様々ですが彼女は素直に「旅鉄」です。『てるみな』1・2巻共々鉄道ファンにお薦めの作品です。


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 kashmir/デイドリームネイション
【オススメ】 kashmir/百合星人ナオコサン
【オススメ】 kashmir/○本の住人

■当サイトの月間オススメはこちらから

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王
会社四季報 プロ500
会社四季報 ワイド版
ダイヤモンドZAi(ザイ)


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM