【オススメ】 川本スガノ/お肉ガール


お肉ガール(1) (Ruelle COMICS)

■【オススメ】常軌を逸した肉好きレディ(あ、題名はガールか) を主人公にしながら婚活ものコメディとしたのは秀逸。 肉が食いたくなる一品。

お客様相談室に勤める主人公は給湯室でも肉を焼く。 そんな肉好きなヒロインには、彼氏が出来た。彼を選ぶ基準は、 肉を愛していること。肉道楽だった父親と肉があれば幸せだった 家族を思い、そんな家庭を自分も築きたいと考えているのだった。


肉の美味しい食べ方にこだわるヒロイン。 ただし彼氏は誤解があったり彼女ほど肉好きではなかったり 方向性が違ったり。ということで彼女の婚活活動は混迷化していく。 一方で 勤め先の上司である室長の男性も牛肉にかける情熱は結構なもの。 ・・・二人がくっついちゃえばいいじゃないか、 と思うわけで、実際そういう展開を見せるわけだが、 まぁしばらくはいろいろと転がしたほうが面白そうなのは確か。


肉の薀蓄話という狂った内容をなんとなく読ませてしまう 作品に仕上げた力技を評価したい。


【データ】
川本スガノ (かわもとすがの)
お肉ガール
【発行元/発売元】実業之日本社 (2017/1/28) 【レーベル】COMICリュエル 【発行日】2017(平成29)年2月10日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ お肉ガール(1) (Ruelle COMICS)
米沢いく(27歳OL)は会社の昼休みに給湯室でステーキを焼くほどの肉バカ。同じく肉バカだが仲の良かった自分の両親のように、お肉を心から愛する人と家庭を築きたいと婚活に精を出している。そんなある日、イケメンだが仕事の厳しさで鬼軍曹と呼ばれる上司の佐賀光成が会社の食堂で鶏のからあげを捨てているところを目撃し、いくはあまりのショックで倒れてしまう。「お肉を差別する人なんかに負けません!」光成に敵対心を燃やすいくは、焼肉やしゃぶしゃぶでいかにお肉を美味しく調理するかの肉技対決をくりひろげる。3:7焼き!ローリング・ホールド! 65度の危険地帯!40度→60度の聖母タイム! ミート・ゴー・トゥ・ヘブン!!! 光成との肉技対決の果てに、いくが見たものは…?新感覚ガール・ミート・ボーイラブコメ開幕〜〜〜!!!!


■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM