【オススメ】 大童澄瞳/映像研には手を出すな!


映像研には手を出すな!(1) (ビッグコミックス)

■【オススメ】個性的だが絶賛するほどの出来かというと・・・ デビュー当時の松本大洋のような魅力がある。

石黒正数チックな作品かと思ったが、寧ろデビュー当初の松本大洋 のほうが近い感じだった。


主人公は女子高生。アニメ好きだがアニメ研に入る度胸がなく、 友人に頼み込んで無理に同行してもらう次第。同じ学校には 読者モデルとして有名な女の子も。実は彼女もアニメ好きでアニメーター志望。 主人公は設定好きでイメージボードと設定画を描き、 読モの彼女は人物を描くという見事なパートナーシップ、 主人公の友人が全体を束ねる謂わばプロデューサーとして、 新たに部活を三人で作ってしまえ、というお話である。


設定やストーリーを紡ぐことが楽しい主人公が先導して、 見える風景や材料からアニメーションを想像、 それが作中では絵になって読み手の前に提出される。 同好の士にはたまらない作品なのかもしれない。 個人的にはそこまでの興味はないのだが、 勢いや熱量は伝わってくる。


絵自体は案外カクカクした感じで、歪んで見える部分もあるが、 これは高低差や奥行きを表現した場面であえて歪みを表現している様子。 平板な絵の多い漫画の中でこの作品は、遠い近いや高い低いが 表現されているのは異質であり、際立っている。


物語としてはまだ序章だが、彼女たちが作ろうとしているアニメ同様、 ストーリーがきちんと敷かれて転がっていくことを期待したい。


【データ】
大童澄瞳 (おおわらすみと)
映像研には手を出すな!
【初出情報】月刊!スピリッツ 【発行元/発売元】小学館 (2017/1/12) 【レーベル】ビッグ コミックス 【発行日】2017(平成29)年1月17日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 映像研には手を出すな!(1) (ビッグコミックス)
アニメは「設定が命」の浅草みどり、カリスマ読者モでアニメーター志望の水崎ツバメ、金儲けが大好きな美脚の金森さやか。 ダンジョンへ、戦場へ、宇宙へ−−想像の翼を広げて、電撃3人娘が「最強の世界(映像)」を創り出す!
「月刊!スピリッツ」連載時より SNSで「すげえ漫画が始まった!」と 驚異の拡散! 天才、出現!!


■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM