【オススメ】 マキヒロチ/夫の遺言


夫の遺言 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

■【オススメ】相続に関する弁護士ドットコムの監修が異色。一冊の本としての 構成は素晴らしいのだが漫画単体として読むと不思議な一品。

年上の著名作家に嫁いだ若い女性は結婚生活一年半で31歳にして未亡人となった。職もなく希望もない彼女は、夫の後を追おうと思っていた。


人任せで生きてきた女性の話。とはいえ話としては、女性は逞しいし、 結婚に至った女性は魅力があるのだ、というのが肝。物語を転がすにあたり、 夫には前妻があり子供もいる、という設定に加えて、遺産相続の場に 愛人と隠し子も登場。別に乗り込んできたということではなくて、夫の兄には既知の ことなので呼んだまで。そしてその場で公表された遺言状には未亡人であるヒロインの名はなかった。


というのは結婚する前に書かれた遺言状であったからだが、亡き夫は結婚後に 遺言状を書き換えるといったことをしなかった。そうしたわだかまりを持ちつつ、 遺産はいらない、自分がモデルと信じていた作品の原稿だけは欲しい、と 思いそう主張すると、あれは実は愛人を書いた話を名前を書き換えただけであるとか、夫は作品のモデルにするとして女性を口説いていたといった事実が明らかになる。


うぶな女性が強くなる話、だが、この話が面白いのは、遺産相続で出会った 人々との交流が深まっていくこと。遺産を取り合う関係になる立場の人たちで 良い関係が築かれる、というのはある意味ファンタジー。まぁ深い関係のほうが 揉めがちだけれど、だからって逆がありうるのかどうか。とはいえいい話に着地するのは 読者としてはありがたい。


借金の相続というテーマも入れ込み、法律を知ることも大事よ、という話に落としており、これは弁護士ドットコム側の仕掛けなのかしらんが、情報も漫画も 興味深く面白いものに仕上がっており、これはアリだと思う。


【データ】
マキヒロチ
夫の遺言
【発行元/発売元】集英社 【レーベル】YOUNG JUMP COMICS 【発行日】2014年初版発行、2017年デジタル版発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作)
■購入:
amazon→ 夫の遺言 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
結婚一年半、三十一歳にして年上の夫に先立たれた絹代。ろくに働いたこともない“箱入り”の彼女が悲しみのどん底で受け取った亡き夫の遺言書は自分と出会う前に書かれたものだった。財産分与先は、隠し子と愛人…!? “終活”を怠った夫が彼女に残したもの、そして彼女が見つけた「幸せ」とは? 女性の生き様を描く珠玉の物語──


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 マキヒロチ/吉祥寺だけが住みたい街ですか?
マキヒロチ/いつかティファニーで朝食を

■当サイトの月間オススメはこちらから

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王
会社四季報 プロ500
会社四季報 ワイド版
ダイヤモンドZAi(ザイ)


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM