【オススメ】 高梨みどり/海獣さん


海獣さん(1)(A.L.C. DX)

■【オススメ】45歳のシングルマザーは 海獣トレーナーとしての天賦の才を持っていた。

高卒で免許も資格もない45歳のシングルマザー が主人公。息子は高校でいじめにあい引きこもり状態、 夫は浮気のはてに離婚。慰謝料は月5万円。 やれるパートも限られているが勤めていたホカ弁屋が 閉店することになり、しかしそれでも前向きに、明るく、 仕事を探そうとしていた。


重い設定で、そんなのいるのかなとも思うが、 四十代の女性が仕事に就くということを考えた際に 中途半端な設定よりはこれくらいのものがあって良いのだろう。 彼女が明るいのも、自殺を考えた息子がいて、夫も家を出た 状況で、だからこその生き方なのだろう。ただ、さすがに 息子さんの設定が重すぎな気もするのだが・・・。


その中で話は題名にあるとおり、彼女が水族館の 海獣トレーナー募集のチラシを見て応募するところから 本題に入る。彼女は記憶力がよく体力も協調性もある。 そして、初対面で手ぶらでもラッコが懐くという、海獣と通じ合える 何かがある特質を持っていることが判明、 無事採用されることになるのだった。


いや、そこまで出来る人がパートでもなんでも次の職場を 紹介されない、スカウトされないってのはあるのかなぁ。 ・・・ありそうだな。もったいないお話でございます。


そして本作はあくまでも職業もの。 なので職業をきっちり描くかどうかで面白さが変わってくる。 その点、本作はなるほどという知識も含めて仕事を 描写しており、本業である人が読んだらどうかは知らないが 門外漢が読む分には納得感の高いものに仕上がっている。


全般は人情もの、 加えて水族館で海の生物を扱うトレーナーという職業もの。 一方で45歳でも新しいことができるし 自分でも気づいていない能力もあるというメッセージあり。 ただ隠れていた能力が表面化するだけ、なので、 才能や蓄積は必要、って話ではあるのだけれど。


【データ】
高梨みどり (たかなしみどり)
海獣さん (かいじゅうさん)
【初出情報】エレガンスイブ(2016年) 【発行元/発売元】秋田書店 【レーベル】A.L.C.DX 【発行日】2016(平成28)年11月25日初版発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→海獣さん(1)(A.L.C. DX)

海獣さん、それはイルカやラッコ、アザラシたちと瞬時に心の交流ができる能力を持つ人。ふとしたことから海獣トレーナーをすることになった海子さんは!?


■当サイトの著者他作品レビュー
高梨みどり/銀座の番ねこ

■当サイトの月間オススメはこちらから

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW



fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王
会社四季報 プロ500
会社四季報 ワイド版
ダイヤモンドZAi(ザイ)


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM