琴川彩/Cafe南青山骨董通り since 1962


Cafe南青山骨董通りsince1962(1)(プリンセス・コミックス プチ・プリ)

■カフェものかと思いきや、カフェ、あんまり関係ない・・・のだけれど、 ボーイ・ミーツ・ガールならぬレディー・ミーツ・ジェントルマンな読み切りで これはこれで素敵。

南青山骨董通りに1962年からあるカフェを舞台にしたお話・・・の はずなのだけれど、たしかにカフェは出てくるのだが、ほぼカフェ以外で 話が展開される。 琴川彩/Cafe南青山骨董通り として展開されていたシリーズを仕切り直した理由はそこにあるのか? 確かに登場人物をすべてカフェに深く絡めていたら、短編読み切りの本作のスタイルだと そのうち物語が展開しづらくなる。なので、カフェの客、程度に薄めたのは 正解なのだろう。


おかげでこれから読み始める人にはタイトルがなんだかわヵらない問題が 発生しているのだが、それは単なる舞台設定、単なるタイトルであると割り切れば 良いのだろう。登場人物はボーイ・ミーツ・ガールというにはやや大人な 紳士淑女。仕事を通して男女が知り合うという素敵な話である。


しっかりした良い仕事を手がけようとする者同士が出会って惹かれ合う、 という話なので仕事いかんでバリエーションを広げることができる点で 上手な設定といえるだろう。


【データ】
琴川彩 (ことかわあや)
Cafe南青山骨董通り since 1962
【初出情報】プチプリンセスデジタル版(2016年)、プリンセス(2016年) 【発行元/発売元】秋田書店 【レーベル】PRINCESS COMICS プチプリ 【発行日】2016(平成28)年10月25日初版発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→Cafe南青山骨董通りsince1962(1)(プリンセス・コミックス プチ・プリ)
心ときめく新しい恋の予感! ! ! 南青山の路地裏カフェからあなたの人生を大きく変えるとびっきりのラブ・ストーリーが始まる! !
おしゃれでかわいい恋物語!


■当サイトの著者他作品レビュー
琴川彩/Cafe南青山骨董通り

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM