【オススメ】 犬上すくね/蛇沢課長のM嬢


蛇沢課長のM嬢 1 (サンデーGXコミックス)

■【オススメ】有能な営業マンが実はマゾ、それで ご主人様としてロックオンされてしまったヒロインのお話。

就業時間間近の受付にやってくるのはやり手である蛇沢課長。 彼はバラの花束を持って受付嬢に向かい「今、このバラの花束で、 私の顔を二度ほどぶってくれないか。」と言うのだった。


というのが読み切り版の冒頭。ちなみに連載版は舞台となる会社は変わらないが ヒロインが受付嬢から同じ部署の部下に変わっている。受付嬢だと やりとりの場が固定化されて展開の幅が極端に狭められるから、だろうか。


話の肝は、丸顔童顔のヒロインがなぜか女王様としてロックオンされてしまい、 普通の恋愛がしたいのにと当惑するところにある。で、本人は両親のような朗らかな夫婦が理想と思っているのだが、しかし実際は親も・・・というオチも早々に示されており、 つまりは彼女は課長が言うとおり、自分の秘めたる類まれなる才能に気づいていないだけ、ということなのだろう。とはいえ本人も課長の反応をみてゾクゾクし始め、 自身の気質に気づきつつある、ような、ないような。


課長がマゾっ気を満たすたびに営業成績が伸びる、という設定は、 そのために周囲が皆ヒロインに女王様としての役割を期待する方向に働いており、 こんな綺麗にはまるSF設定がありうるんだ、と感心する。 成績を残すことしか考えていなかった課長が、自身のMっ気を自覚したことで 人間らしくなったというのも面白い。


しかし、一番面白かったのは、あとがきの話。猫雑誌から本作の出張版を描いてほしい、って依頼があったという。・・・なんですかソレ・・・で巻末にしっかり収録。巻頭には読み切りプロトタイプ版、巻末にはあとがき記載の他雑誌スピンオフ版と掲載された単行本の構成は見事。満足感の高い一冊。満足っていうか満腹ですかね・・・。


【データ】
犬上すくね (いぬがみすくね)
蛇沢課長のM嬢
【初出情報】月刊サンデーGX 【発行元/発売元】小学館 【レーベル】サンデーGXコミックス 【発行日】2016(平成28)年9月21日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→蛇沢課長のM嬢 1 (サンデーGXコミックス)
このバラの花束で私を殴ってくれないか?
ごく普通のOL・美々子の上司である蛇沢課長は超エリート人間だが、ドM。 そんな蛇沢になぜかご主人様認定されてしまった美々子の、汗と涙と蔑みの視線に満ちた社会人ライフをご覧あれ。
犬上すくねの最高傑作との呼び声も高いSMラブコメ、開幕です!!


■当サイトの著者他作品レビュー
犬上すくね/バターナッツ!
【オススメ】 犬上すくね/明日もコトコト
犬上すくね/アパルトめいと
【オススメ】 犬上すくね/あいカギ
【オススメ】 犬上すくね/エンジェル高校

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
会社四季報 プロ500
会社四季報 ワイド版
ダイヤモンドZAi(ザイ)


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM