【オススメ】 江戸パイン/社畜!修羅コーサク


社畜! 修羅コーサク(1) (ヤングマガジンコミックス)

■【オススメ】「課長島耕作」のパロディ、というより、グンマーのノリで博多をディスる漫画。

社畜であったサラリーマンが飛ばされた先、そこは修羅の国、墓多(ハカタ)だった。


「左遷!修羅コーサク」というタイトルの第一話にはじまる物語は「島耕作」のオマージュというかパロディのようなのだが、台風直撃のなかギロチンまで飛んできて、しかし「左遷で墓多に飛ばされても飛びはしなかった俺の首が/ギロチンごときで飛ぶものか」などとめちゃくちゃな、要するにギャグ漫画である。タモリが名古屋ディスったようなものか。まぁハカタのほうがいじりがいはある。とはいえシャレにならない部分もありそうだけれど。


支社にはお局も出て来るが、それがゴリラという設定であるなど、ハチャメチャ。 ただしその中で、主人公は問題解決をするためにだけ邁進する点で軸がぶれないのが作品の強みだろう。っていうか博多を笑い者にしすぎ。でも芸能界中心に著名人というか前に出たがる人で博多近辺の出身者多いよね・・・上昇志向が強いとよく言われますが・・・。


【データ】
江戸パイン (えどぱいん)
社畜!修羅コーサク
【発行元/発売元】講談社 【発行日】2016(平成28)年9月1日第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→社畜! 修羅コーサク(1) (ヤングマガジンコミックス)
本家・『島耕作』弘兼憲史先生、黙認…!!! 東京から修羅の国と呼ばれる無法の都・墓多〈ハカタ〉に左遷された会社員・図画コーサクの新生活を描いたサラリーマンサーガ!! 理不尽、暴力、魑魅魍魎! 墓多〈ハカタ〉で起こるトラブルを左遷リーマン・コーサクは持ち前の社畜スピリッツと社畜だけが使うことができる社畜技で乗り切ってゆく! 脅威の新人漫画家・江戸パイン、笑撃のデビュー作!


■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
会社四季報 プロ500
会社四季報 ワイド版
ダイヤモンドZAi(ザイ)


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM