【オススメ】 新海誠、琴音らんまる/君の名は。


君の名は。1<君の名は。> (コミックアライブ)

■【オススメ】マンガとしても秀逸。キラキラした一品。

若年層中心に大ヒットしている映画のコミカライズ版。 リリカルなオープニングは昔ながらの映画やマンガらしい。


話は田舎の少女から。町の名士も伝統を継ぐか継がないかで ややこしさもある一家に育ち、田舎暮らしの窮屈さから 都会で暮らしたい、というか生まれ変わったら男の子になりたい、 と思っている。そんな彼女がある日目覚めると、男の子になっていた。


という話である。よくある設定にみえるが、構成はユニーク。 まず、女の子視点で話しているのに、まずはある日、別の男子が 彼女の中に入って目覚めるというシークセンスを差し込む。 普通は彼女のモノローグで続きそうなところで、 絵的には変化がないまま、男性モノローグでぶったぎる。 ・・・これは音声で違和感を明快に表現できる映像的な発想ではある。


「ていうかお前誰だよ!」と少女の中の男子は思う。つまり、 彼は彼女のことを知らない。そして次のシーン。再び少女が目覚める。 彼女自身は、なんかいい夢を見たな、と思っているが、 実際は昨日一日、彼女のなかに別の人間が入り、傍目には不可思議な行動を繰り広げていたのだった。・・・ここで、彼女の中に入り込んだ別人の視点で 話をすすめることなくすぐに少女に戻して展開するのが面白い。あくまでも彼女の視点で話を綴る。しかし当初の段階で入れ替わりのことを認識させたくない。 周りは知っているが自身は認識していない、という状況のまま話を転がす。 これは、読者、映画の場合は観客に、設定を理解させるための溜めとして機能している。


この男女の入れ替わりは、同じ組み合わせで何度となく起こる。変わったきりではなく、一日経てば元に戻ることがほとんど。入れ替わった相手はそもそも知らない人。相手とは日記で情報を交換する。相手が入れ替わった時に何をしているかを知るうちに、相手のことが自分の中で大きくなっていく。まぁ、恋心を抱くのも、普通なのかもしれない。 互いを思いはじめたとき、二人は、入れ替わらなくなってしまった。


というところで一巻終了。ここで終わるのはマンガの単行本として非常に上手い。作画家含めてよく考えて作られたコミカライズであることが伝わってくる良い出来である。


【データ】
原作=新海誠、漫画=琴音らんまる (ことねらんまる)
君の名は。
【発行元/発売元】KADOKAWA 【レーベル】MFコミックス アライブシリーズ 【発行日】2016(平成28)年8月23日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→君の名は。1<君の名は。> (コミックアライブ)

夢で見た少年と少女が経験する恋と奇跡の物語。山深い田舎町に暮らす女子高校生・宮水三葉が夢で見た、東京に暮らす男子高校生・立花瀧。出会うことのない二人の出逢い。少女と少年の奇跡の物語が、いま動き出す。


■当サイトの著者他作品レビュー
琴音らんまる/最果てのディアスタ
森見登美彦、琴音らんまる/夜は短し歩けよ乙女

■当サイトの月間オススメはこちらから

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王
会社四季報 プロ500
会社四季報 ワイド版
ダイヤモンドZAi(ザイ)


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM