【オススメ】 松本ひで吉/境界のミクリナ


境界のミクリナ(1) (少年マガジンエッジコミックス)

■【オススメ】 人間を駆逐しようとやってきた魔女がすっかり人間社会に取り込まれてしまうコメディ。

魔女族長年の悲願として人間を駆逐するためにやってきた魔女ミクリナ。 でもその外見はかわいいコスプレ幼女にしか見えず。 しかも魔女は400年前の魔女狩り以来の人間界なので、 文明の進化に追いつけず。人間界では魔法も使えず精霊も呼べず。 そんな彼女は窮地を女の子に拾われ居候することになる。


基本的には「ケロロ軍曹 」パターンのよく見る構造で新し味はない。 ただし、それでもというか、それゆえにというか、 ちぐはぐさとドタバタかげんが面白い。


この手の話は魔女がどれだけカルチャーが違うかという ギャップが肝であるが、その点はバッチリ。 魔女の持っている知識は400年前と日本でいえば江戸時代並であり タイムスリップものの面白さあり。 加えて使える魔法が牛乳がどうたらこうたらというものであったり、 人間界を追い出されて仕方なく魔界に住んでいるんだという悲哀も ユニーク。


だがそれ以上に、居候する相手が凄い。女子高生らしいが 無双状態。なんだこの大物。4コマものだとよくあるかもしれないが、 ここまでテキトーな人間をバディものの相手に設定したのは素晴らしい。 なにせ主人公がそもそも魔女という無茶な設定であるのに、 相方もまともでないという。 まともでない同士を組み合わせた漫才はやはり破壊力がある。


【データ】
松本ひで吉 (まつもとひでよし)
境界のミクリナ
【発行元/発売元】講談社 【レーベル】マガジンEDGE KC 【発行日】2016(平成28)年6月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→境界のミクリナ(1) (少年マガジンエッジコミックス)
人間界征服を企む幼き魔女・ミクリナと、楽して生きたい女子高生・榎本さん。ひょんなことから2人暮らしをすることになってさあ大変…と思いきや、特に大したことは無し! あまりにもぐうたらな榎本さんに付き合ううちに、ミクリナも野望を忘れ遊びほうけるように…! 「ほんとにあった! 霊媒先生」「さばげぶっ!」の松本ひで吉の新境地、ぐうたら描かれる非日常な日常ギャグワールド開幕!


■当サイトの著者他作品レビュー
松本ひで吉/ほんとにあった!霊媒先生

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM