【オススメ】 小坂俊史/これでおわりです。


これでおわりです。

■【オススメ】 「最後」の瞬間を描く8ページショートもの。 まぁ最後じゃないじゃないかと思うエピソードが多いというか そればかりなのだが。

殆ど4コマしか書いてきたことがない、とあとがきに記す著者の 8ページショートのストーリーもの。 4コマではない。


著者の「 月刊すてきな終活 」と似た話かと思ったが、 あちらは人生の最後にフォーカスしすぎて窮屈になっていたので 本作はもう少し枠を広げた印象。結果として、面白いエピソードが並んだ。 しかも大抵の話は、最後ではないのだ。


これは実は作品中に答えが書いてあって、「人生に最終回なんてないんですよ」という話。人生どこでどう変わるかわからない。各エピソードも面白いが、後日譚としての4コマもついていて、そこでのオチも見事。こういう後日譚がついている作品は大好きです。


【データ】
小坂俊史 (こさかしゅんじ)
これでおわりです。
【発行元/発売元】竹書房 【レーベル】BAMBOO COMICS 【発行日】2016(平成28)年2月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品)
■購入:
amazon→これでおわりです。
4コマ王子・小坂俊史の初ショートコミックス。 甲子園最後のバッターとなった球児、就職が内定し学生最後の夏を満喫する女子大生、タバコ生産終了を受けての最後の1本…全16篇の「おわり」をテーマに描き出される、手には汗、目には涙の傑作オムニバスコメディ!


■当サイトの著者他作品レビュー ※当初内容に誤りがありました。コメントで「著者他作品が違う作者さんのものになってます」と指摘頂いた方、ありがとうございました。感謝申し上げます。
【オススメ】 小坂俊史/月刊すてきな終活
小坂俊史/とびだせ漂流家族
【オススメ】 小坂俊史/ラジ娘のひみつ
【オススメ】 小坂俊史/れんげヌードルライフ
【オススメ】小坂俊史/わびれものゴージャス
小坂俊史/球場のシンデレラ
【オススメ】 小坂俊史/遠野モノがたり
【オススメ】 小坂俊史/わびれもの
【オススメ】 小坂俊史/中央モノローグ線
小坂俊史/やまいだれ
【オススメ】小坂俊史、重野なおき/ふたりごと自由帳
【オススメ】 小坂俊史/サイダースファンクラブ

2015年のベストセレクションを含む年間オススメ


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile



チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM