札幌は旨い。

・札幌はコンパクトな都市で大好きなのですがこのところご無沙汰でたぶん4年ぶりの来訪でした。

・今回はサカナクション目当て、で大型の低気圧の影響もあり あまり徘徊はしませんでしたが、シンプルな味の札幌の料理はやはり好みでした。 寿し心なかむら はホテルからほど近かったこともありランチ。鉄火丼を頼んだのは個人的には失敗。 普通に握りにすればよかった。ので次はそうします。 札幌すすきの・寿司 鮨竜(すしたつ) 夜はコースを頼むと飲み放題にもできる。6000円のコースで無料で飲み放題がセット。 さすがにお酒は限られるがそれでも満足。店には獺祭なども置いてある。 そして付台 のスタッフがみな話上手でネタ豊富。バーと寿司屋は共通点が多いが、バーテンダーなみの客あしらいで、 しかも会計がひとり税込み6000円ぽっきり、札幌なのでクレジットカードは当然使える、 と完璧でした。

・宿泊は札幌グランドホテル。バーは利用したことがあったけれども 泊まるのは初めて。老舗なので一度はと思っていました。でも高い。 結局泊まっても、割高じゃないかなこれは、というのが結論でした。 別館と東館、それとGRAND IN GRANDに宿泊。別館は2***というルームナンバーなので 二十何階かと思いましたが10階以上はありませんので二桁目が階数というオチ。 部屋は広めも設備は古め。寧ろ東館のほうが建物は古めも中はリニューアルしていて 部屋はコンパクトもスタイリッシュ。ただし双方とも洗面所とバスとトイレが一体という 水回りのいかんともし難い古さが今時のホテルとしては厳しいところ。 アメニティも小分けされておらず備えつけのファミリーユースなものであるのが 温泉旅館的。で、この水回りの問題は、ハイスペックのはずのGRAND IN GRANDでも同様だったので 驚愕した。低層階の4階だからか、廊下は静かなのに部屋に入ると、宴会場らしきところからの音が響くは 幹線道路を走るクルマの音が聞こえるは、他のホテルを研究してないのかな?と 思うハード面の残念さ。ちなみに普通の部屋からGRAND IN GRANDに移る際は連泊扱いでないのか いったんチェックアウト時間で追い出されて15時のチェックインまで外で待てということをフロントに言われ これまたびっくり。まぁクレーム入れれば元の客室で待てたんじゃないかとは思いますが。 しゅっとしたお兄さんや可愛いお姉さんがかなり良い対応してくれる場面があったのに、 帳消しにする破壊度抜群の塩対応とハードの不可解さに愕然。うーん。

・朝食は、トリップアドバイザーで3位とかいうブッフェが、 そうかぁ?と、ヒルトンに及ばないのでは、と思ってしまった。 和定食を選ぶと池に連れ立ってやってくる鴨を見ながら食べられるのでオススメ。 デザートなどホテルメイドのお菓子類がとても美味しいと家人は言っており、 良い所はいっぱいあるのだけれど、いかんせん、普通の部屋で2万円台、 GRAND IN GRANDはエグゼクティブフロア扱いだから6万円台ということで、 札幌でこんな金額で泊まったことはございません。朝食込みならクロスホテル、 部屋だけならメルキュールが経験上のベターチョイスでしょうか。 GRAND IN GRANDは箱根のハイアット泊まった時より高いんですもの、ちょっとねぇ・・・。 まぁいい勉強になりました。はい。 そうそう、部屋の寝間着はパジャマでしたがこれが肌触り最高。売店で見かけないのでフロントで聞いてみたら、売ってますよと二つ返事。8640円だったかな。おみやげにオススメ。

・札幌グランドホテルは札幌駅から地下でつながっているのが利点。 ただし。トランクごろごろしてくると、階段部分を上がれないので最後は一瞬外にでなければならないという 謎仕様。雨降っていると最後に不満が。なお帰りはホテル前のバス停から 直行バスで空港へ。電車より僅かに安く駅に行く必要もないが代わりに時間はややかかります。

・羽田空港からも今回は赤羽・王子に直行するリムジンバスを利用。1時間程度でついて便利。 ただし、道中は首都高を潜るので景色見えずに退屈といえば退屈かも。 コンセントあるので充電には困らず。客がほとんど乗ってなかったので 続くか不安ですが。あと王子駅は、どこですかここ?という南口に止められます。 赤羽は東口なので個人的には使うとしたらこっちかな。



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM