『キングスマン』を見ました。いやあ、久々に、変なの見ちゃったな。

キングスマン.jpg
●嫌いじゃないけど、何か変。というか、凄く変。オーソドックスなイギリスのスパイものかと思って見に行ったら、とんでもない作品でしたよ、『キングスマン』。とりあえず、名優たちは何を考えてこの作品のオファー受けたのか、出来上がった作品みてどういう感想を抱いたのか、聞きたいような、聞きたくないような。

●タッチは非常に軽い。コメディ風味である。『オースティン・パワーズ』のような雰囲気すら漂う。しかし、本作は、結構人が死ぬ。大量に死ぬ。主役級までいなくなる。しかも、飄々と人が死ぬので、どう捉えるべきか面食らう。クライマックスでの花火大爆発は嗤うしかない。テイストが、変。

●とはいえ、内容は盛りだくさんなので、飽きることはない。しかし、色々な要素を入れすぎていて、しかもその整理整頓をするつもりがない。混ぜるな危険の実例である。マサラムービーか韓国ドラマか、というぐらいの危険度である。これは、小説や漫画でやる分にはありだけれど、映像でやるのはナシだろう。いや、うまくハマればカルトになるけれど、やっぱり、難しいよ。人殺しのシーンで笑わすってのはなぁ。マシュー・ヴォーンって『キック・アス』の人か。うーん。

●でも、あまりに変な作品なので、見て驚いてほしい気もする。あ、心が寛容な人に限ります。怒っちゃう人、絶対いそうだから。少なくともキャストで期待して見に行ってはダメ。コリン・ファースいいよね、『シングルマン 』とか好き、あ、これもタイトル似ているからおんなじようなテイストかしら、なんて思ったら死にますので注意。



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM