【オススメ】 カラスマタスク/ノー・ガンズ・ライフ


ノー・ガンズ・ライフ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

■【オススメ】ハードボイルド・サイバーパンク!格好良い。

大戦を経て、戦争特需で超巨大企業へと 成長した会社と、その会社が戦時中に開発した「身体機能拡張技術」を施した 「拡張者」の存在がいる社会の話。主人公は、頭部が銃になっている人間である。


主人公も当然そうした拡張者だが、彼の仕事は拡張者が起こす問題を 処理すること。そんな彼が厄介事に巻き込まれる。子供を担いで逃げた拡張者 を、警備局と件の超巨大企業を敵に回して囲うことになる。そしてこの子供も、 拡張者なのだった。


サイバーパンクSFの最もこなれた形は「攻殻機動隊」だと思うが、本作はもう少し セットバックしたような、よりプリミティブな内容で、この作品にとっては それが上手に効いている。異彩を放つ絵柄、設定だが、意外性はあっても、 想像しづらいほどぶっ飛んだものはないので読みやすい。SFとしてはついていけない くらいの話があったほうが良いのかもしれないが、これは、サイバーパンクの 形をかりたハードボイルドのようなので、この程度のスキップが手頃なのだろう。


但し絵は少々読みづらい。何をどう描いているのかがわからない場面があるのは、 絵の描き込みや角度、シーンの繋ぎかたなど構成面の問題なので、奇妙な設定の 作品であるのだから、この点は十分気を使っていただきたい。それができたら、 完璧な作品である。


【データ】
カラスマタスク
ノー・ガンズ・ライフ
【発行元/発売元】集英社 【レーベル】ヤングジャンプコミックス 【発行日】2015(平成27)年発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ノー・ガンズ・ライフ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
オレの名は乾十三。あの大戦を経て、「拡張者」と呼ばれる身体機能拡張処理を施した者達が溢れるこの街で、オレは拡張者達に関する問題を「処理」する稼業を生業にしている――。頭が銃の拡張者・十三の事務所を訪れた男。誘拐犯として警備局に追われるその男からさらった子供の保護を依頼された十三は? 硝煙が漂い銃口が語るSFハードボイルド開幕!!

■当サイトの著者他作品レビュー
池上永一、烏丸匡/シャングリ・ラ
烏丸匡/REIDEEN



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM