武藤彩未「A.Y.M. ROCKS 〜ROCKな夜〜」@渋谷CLUB QUATTRO

武藤彩未はPVが目を引き、ノスタルジックな風味の楽曲も良く、歌も上手い。 そしてライブは元気。MCもばっちり。ということで前回の渋谷公会堂 に続き6月9日にちなみロックにこだわったライブに行ってきました。

●賞味1時間の本編、2度のアンコール込で100分足らず。 ただ場内は物凄く暑かったので、ちょうど良かったかも。 カバーもありの内容は、その歌の巧さ、器用さを際立たせたが、 厚みのある音をバンドが鳴らすとヴォーカルは当然聞こえづらくなるので、 生のバンドサウンドも良し悪しか。カバー楽曲的には、9日は面白いものの、 聴きたいのはやはり10日のラインナップだったかなぁ。明日は行かないので その辺は心残り。

●彼女の魅力は、見ていると釣られてニコニコ元気になること。アイドルはそういうもの、 かもしれないが、一方で、助けてあげたい、と思わせるのもアイドルである。 彼女には、応援したいと思わせるものもあるしそういうモードになるMCもあるが、 それはまるで選挙における立候補者のようなものであり、アイドルに典型的な 弱さはない。そこはアイドルファンには物足りないと思わせる弱みであるが、アイドルとしてではなくアーティストとして存在できるという強みでもある。 アイドルはちょっと・・・と思う人にも薦められるライブアクトをしている。 そこらのアーティストよりもかなり上等な内容ですよ、実際。

●セットリストにはアンコール2曲めまでしか書かれていないので最後は 予定外のアンコールのはず。 「みんなもう帰らないんだから」と言いながら出てきて歌ったのは 本編ラストでもやった「OWARI WA HAJIMARI」、でもって最後のMCは 「明日もあるからもう帰ってね」と締めて場内爆笑。

●アミューズなので長い目で戦略考えていると思うのでじっくり応援して いければいいなと思っております。



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM