【オススメ】 ヤマザキコレ/フラウ・ファウスト

フラウ・ファウスト(1).jpg
フラウ・ファウスト(1)

■【オススメ】 悪魔と契約したファウストの話を翻案した 物語。雰囲気が良く、読み手を引き込む。

ファウスト伝説の話から作品は始まる。 欲深い男は、悪魔と出会い、お前が死ぬと定められた時まで いうことをきいてやろう、との言葉に彼は飛びつき契約をする。 そして好き放題をした結果、死ぬはずだった日に、 悪魔に首を折られて死んだ、という話を読み聞かせる女性。 彼女がこの作品の主人公であり、そして、ファウストの 生まれ変わりであるのだった。


彼女が探しているのは、悪魔であるメフィストフェレスの、 ばらばらにされたままあちこち移送されている体のパーツ。 それを組み上げて再び悪魔を作り上げるのが、当面の目的であり、 阻止しようとする異端審問官と対峙するのが物語の軸の一つ。


主人公が立ち寄った先で出会ったのは、親が破産したため学校にいけなくなった 聡明な少年。彼に世話になり、そして彼は新しい環境を求めて、 彼女とともに旅をすることにする。バディもの、旅ものが本作の別の軸である。


ファウストとして犯した罪と、それが本当に罪なのかという問い。 人口に膾炙している話や文献が、本当の話なのか、ある一面にすぎないのではないかという問い。 ファウストはなぜメフィストフェレスと契約をしたのか。 なぜメフィストフェレスを復活させたいのか・・・これは話にちらりと出てくるが。 謎とテーマがしっかりあり、そしてそれが明示されている。


ファウストを下敷きに、その後のファウストを描くことで新味を出す。 下敷きがある分、重層的な話になり、生まれ変わりという 要素がある分、タイムスリップもののような深みが出た。


併録の短編も含め、雰囲気のある内容で、読み応えあり。


【データ】
ヤマザキコレ
フラウ・ファウスト
【発行元/発売元】講談社 【レーベル】講談社KCx 【発行日】2015(平成27)年4月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→フラウ・ファウスト(1)

「ニヤつきながら そこで待ってろ メフィスト」謎めいた少女・ヨハンナは、立ち寄ったとある街で、本泥棒として追われていた少年・マリオンを助ける。しばらくの間、彼の教師役を買って出たヨハンナだったが、その狙いは、封じられた己の悪魔を取り戻すことで……!? 悪魔のパーツを捜し続ける不死の少女・ヨハンナの、契約と禁忌をめぐるダークファンタジー、開幕!!

■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 ヤマザキコレ/魔法使いの嫁
ヤマザキコレ/ふたりの恋愛書架


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile






















ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM