【オススメ】 西義之/魔物鑑定士バビロ

魔物鑑定士バビロ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL).jpg
魔物鑑定士バビロ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

■【オススメ】 ディストピア版ドラえもんといった感じの ダーク・ファンタジー。

高校で冴えない主人公は、漫画家を目指して賞に応募するが 箸にも棒にもかからず落選。歌手、俳優、画家、小説家などを 目指すも挫折してきた彼は、この世は競争で 勝者は一握り、敗者になるのは地獄だと彼は急かされ焦り ジタバタしているのだが自分の道は全く見当たらない。 そこに、クラスでも地味な少年が近づいてきて、僕の魔法で 君を勝ち組にしてあげる、という。


魔力を持つ呪具で人々の欲望に応えてきた魔物鑑定士と呼ばれる 一族がいた、という前提で始まる話。 道具で夢をかなえる様は、さながらドラえもんである。 あれは未来から子孫が送り込んだ話だが、こちらは 何を目論んで主人公にロックオンしているのかは、まだ不明。 しかし彼に渡されたペンで漫画を描くとたちまち 漫画賞を受賞するほど霊験あらたかだった。いや、 それは、主人公が考えもしなかった漫画を描き出すような、 ペンなのだった。


主人公の活躍を描きつつ、それが魔力をもった道具によるものであり、 しまいには道具を取り去って再び元の状態に戻すという残酷な 展開である。が、考えてみれば、それもまたドラえもんと同じか。 悪意、というだけでもなさそうなところが、底の厚みを感じさせる。


【データ】
西義之 (にしよしゆき)
魔物鑑定士バビロ
【初出情報】ジャンプNEXT!! 2014年Vol.3〜6 【発行元/発売元】集英社 【レーベル】ジャンプ・コミックス 【発行日】2015(平成27)年発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→魔物鑑定士バビロ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
人々の心を掻き立て、惑わす不変の欲望に、魔力を持つ呪具で応える一族が存在した。彼等の名は「魔物鑑定士」。漫画家を夢見る高校生のオズは、同級生の“バビロ”から謎のペンを渡される。そのペンを手にしたオズが体験する恐るべき出来事とは!?

■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 西義之/ぼっけさん
西義之/ムヒョとロージーの魔法律相談事務所


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM