村山慶/きのこ人間の結婚

きのこ人間の結婚.jpg
きのこ人間の結婚

■ 設定は突拍子もないが話は案外まとも。

かわいらしい表紙で描く話は題名通り、きのこ人間について。 人に見えるが菌類、というファンタジー設定は、現状の 人間界とは違う舞台であることと、 女子に見える風体の者だけで恋愛ものを描く倒錯展開を可能にするため のものである。


ほんわかとしたファンタジーかとおもいきや、 そこに、恋愛結婚したものの子孫を残すことが出来ないことが 判明したり、そこに相性があうからと王国の王女が略奪婚 しようとしたり、しかし王女間でも権力抗争があるので それを阻止しようとする勢力があったり、 という政争巻き込まれサスペンス&アクションという 予想外の方向に向かっていく。


狐につままれたような読後感、 悪くはないが、この狙った奇妙さは、 限られた人向けであって、 なんでこんな設定にする必要があったんだっけ? とふと我に返って問いかけたくもなる点で、 同人誌的な域にとまるお話に思う。


【データ】
村山慶 (むらやまけい)
きのこ人間の結婚
【初出情報】webコミック「ぽこぽこ」2013年10月〜2014年8月 【発行元/発売元】太田出版 【発行日】2014(平成26)年12月11日第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準)
■購入:
amazon→きのこ人間の結婚
◆新婚生活は、摩訶不思議。 菌類ひしめく世界で生きる、きのこ人間カップルの毎日は波瀾万丈。 気鋭の本格ファンタジー名手がつむぐ、新感覚菌類絵巻! ◆描き下ろし&たっぷりのおまけページを加え、待望の単行本化。 【内容紹介】 きのこ人間が暮らすのは、動物ではなく菌類が支配的な惑星。 牧人のアリアラと書記のエリエラは部族を超えて結ばれようとしています。 村は十年ぶりの有性生殖に沸き立ちますが、実はエリエラは第三王女の想い人でもあったのです。 果たしてふたりの運命やいかに? 人外ファンタジーの名手・村山慶のつむぐ不思議絵巻、 *WEBマガジン「ぽこぽこ」で連載された話題作!

■当サイトの著者他作品レビュー
村山慶/セントールの悩み


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM