七尾ゆず/おひとりさま出産

おひとりさま出産 1 (マーガレットコミックスDIGITAL).jpg
おひとりさま出産 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

■彼氏はいるがだめんずでもあるので、 結婚せずに出産してしまおう、というお話。

怖いことに実話。体張ってるなぁ。 最初に付き合った相手が同棲したらDV男で、 以来男性と一緒に住むことには抵抗があり、 かつ今の彼氏は国民健康保険すら払っておらず 口座を差し押さえられている男。 要するに、だめんずものである。


それでも子供が欲しい、というので妊娠に励み、 既成事実を作ってしまえば、あとは産んでしまえばいい、 別に相手に生活力その他期待はしていない、 という話。でも漫画じゃ生活できずバイトをするが、 そのバイトが中途半端なおかげで納税者となっており 出産時の助産制度が受けられないことが判明。 まぁ制度はいろいろ面倒くさいというか、 わかりづらいってのが日本の悪しき文化でありますね。


金も責任もないがいいコトいいたがる 意識高い系の住人ででもルックス的にはイケてるらしい いいガタイもっているという、 だめんずの典型的な彼氏の描写が香ばしい。


むちゃくちゃな話すぎて、 面白がっていいのかわからん。 生活に余裕のない親の子供なんて 不幸になる確率が高いんじゃないの?と思っちゃうんだけれど。 世の中、カネじゃない、という人もいますが、 いや、基本的に万能なものとしておカネは生み出されたものですので。 子供が育つには愛情が大事ですが、 その背後には精神的な余裕が必要で、それには衣食住が足ることが必須。 でもそれで育つのは単なる良い子であって、 可愛がられる人にはなりますが、 自分で食っていける人物になるというのが生き抜くための基本だとすると 投資してもらうことも必要。結局、カネがいります。 別に出処はどこでもいいので、カネを引っ張ってくる才能があればいいんですが、 そういうことが出来る人が困窮しているわけないですよね・・・。 うーん。まぁ、実話ベースじゃないと描きづらい題材ではあるけれど、 実話らしいことに引いてしまう。


っていうか続刊表記なく、本編にある一旦打ち切りってこの漫画自体のことなのか? だったらこのタイトルは羊頭狗肉だよなぁ。


【データ】
七尾ゆず (ななおゆず)
おひとりさま出産
【発行元/発売元】集英社 【発行日】2014(平成26)年発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★
■購入:
amazon→おひとりさま出産 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)
独身です。貧乏です。40歳直前です。だからこそ、子どもを産みたい、育てたい! 自分も子どもも幸せになる、という覚悟を持って臨みます!



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile



チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM