西ゆうじ、はしもとみつお/ラジオの探偵

ラジオの探偵 ビッグコミックス.jpg
ラジオの探偵 ビッグコミックス

■ラジオパーソナリティが、 リスナーの悩みを解決するという番組の話。

電子版がリリースされたが、原作者は既に亡くなっているとおり旧作で、 前世紀にビッグコミックで掲載されていた作品である。 ただ、時代を感じるかというと、それはハードボイルド風の作品にありがちな 古さであって、実は15年後の現在の話としても別に違和感はない。


内容は、主人公が依頼を受けて探偵のようなことをするという話である。 その主人公が、ラジオ番組のパーソナリティであり、最終的には生番組の中で 解決をする。「探偵ナイトスクープ」のようだが、ネタは笑いが目当てではなくて、 リスナーの共感を呼び応援したくなるものを採用するところが、 ハードボイルドである。


この表紙の人物が主人公で、その風貌もハードボイルドっぽいが、 なんとこの人物途中で顔が変わる。どういうことかは、読んで確かめていただきたい。


なお、主人公はフリーではなく局アナの様子。そんな彼の足を引っ張りたい上層部が出てくる。それは実際にもありそうな話とは思いつつも、物語の構成としてこれを入れる必要があったのだろうか。大人向けの作品なのに、少年漫画的な陳腐な構図を差し込むという、小学館のビッグコミック系にありがちな噺の作りは、作者によるものなのか編集部によるものなのか版元のせいなのか。エピソード自体も、殺人事件が絡むという最初の話は少々重すぎる。最後のエピソードが綺麗なので、そのテイストですべて揃っていたらなぁ、と思った次第である。


【データ】
作=西ゆうじ、画=はしもとみつお
ラジオの探偵
【初出情報】ビッグ コミック 1999年2月25日号、4月25日号、8月2日増刊号、10月10日号、11月25日号、2000年3月2日増刊号、8月17日増刊号 【発行元/発売元】小学館 【レーベル】ビッグ コミックス 【発行日】2000年10月1日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準)
■購入:
amazon→ラジオの探偵 ビッグコミックス
リスナーからの依頼に応じ、様々な難件を調査、解決、放送する人気DJ・城名次郎(ジョナサン)。人は彼を 「ラジオの探偵」 と呼び、慕う。今宵も、ラジオをつければ彼がいる。夜を彷徨う人々に、そっと寄り添う声が聞こえる…

■当サイトの著者他作品レビュー
西ゆうじ、引野真二/みんなのバス
西ゆうじ、テリー山本/あんどーなつ
西ゆうじ、ひきの真二/華中華
末田雄一郎、はしもとみつお/しゅっぱつ、進吾!!
はしもとみつお/鉄のほそ道


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM