堀越耕平/僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア 1 ジャンプコミックスDIGITAL.jpg
僕のヒーローアカデミア 1 ジャンプコミックスDIGITAL

■少年は、憧れだったヒーローへの道を歩み始める。

一捻りした超能力もの。能力を持った子供が生まれ始め、 それは各地で発見され、超常はいつしか日常に、 殆どが特異体質である超人となった社会。 そこでは犯罪をして怪物化する者もいれば、 それを捉えるヒーロー役を買って出る者もいた。


そんななか、主人公は進路を決めなければいけない中学生。 しかし4歳のうちに個性が発揮して当たり前のなか、 彼はそうした個性がない、旧人類、無個性な人間だった。 そんな彼は、それでもヒーローになりたいと思っていた。 その願いが、意外な形で叶うことになる。


異能者ものだが、逆に異能者ばかりのなかで、 普通人が異質になった社会の話。 そこで異質な普通人が、その資質を認められて ヒーローの道を進んでいくという内容である。 捻りがあるが、 根本的にはスポ根もの、学校もの、成長ものの王道といえる。


しかし個人的には、イライラして仕方がない。 主人公をあえて窮地に陥らせる 展開が面倒くさい。ヒーローもののノリとは合わないのでは、 と思いつつ、そうした組み合わせだからこそユニークなのかも 知れないが。たぶん、幼なじみが要らないんだろうなぁ。 それをスパッと切って綺麗な話にしてくれたほうが好みなのだけれど、 ジャンプコミックス的には「要る」という判断で、 こういうところがジャンプと相性あわないんだよなぁ。


と思いつつ、作品自体は良く出来ていると思った次第。


【データ】
堀越耕平 (ほりこしこうへい)
僕のヒーローアカデミア
【発行元/発売元】集英社 【レーベル】JUMP COMICS 【発行日】2014(平成26)年発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→僕のヒーローアカデミア 1 ジャンプコミックスDIGITAL
多くの人間が“個性"という力を持つ。だが、それは必ずしも正義の為の力ではない。しかし、避けられぬ悪が存在する様に、そこには必ず我らヒーローがいる! ん? 私が誰かって? HA‐HA‐HA‐HA‐HA! さぁ、始まるぞ少年! 君だけの夢に突き進め! “Plus Ultra"!!

■当サイトの著者他作品レビュー
堀越耕平/戦星のバルジ
堀越耕平/逢魔ヶ刻動物園

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW



fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王
会社四季報 プロ500
会社四季報 ワイド版
ダイヤモンドZAi(ザイ)


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM