室たた/放課後の賢者

放課後の賢者(1) (フラワーコミックス).jpg
放課後の賢者(1) (フラワーコミックス)

■高校教師になったヒロインが そこで賢者と呼ばれる青年に出会う。

通訳の夢破れて高校で英語教師となった ヒロイン。彼女は、学校で賢者と呼ばれる先生に 呼び出された。


生物学の天才で 数多くの著書をもち、 授業をしても面白い。 特権的な立場の人物だが本人は 人間の感情をあまりわかっていないような人物だった。


この浮世離れした人物にヒロインが恋愛感情を抱く物語。 浮世離れした賢者だが、賢者だけに嫌な人物ではなく 良い性格であるところがポイント。


そんな人が高校の教師でいられるか、 という根本的な疑問はあるが、 その辺は置くとしても、 しかし話が固定化しすぎていて、 もう少し何か違う要素も欲しかったところ。


【データ】
室たた (むろたた)
放課後の賢者
【初出情報】プチコミック 2014年2月号〜6月号 【発行元/発売元】小学館 【レーベル】プチコミックフラワーコミックスα 【発行日】2014(平成26)年7月15日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→放課後の賢者(1) (フラワーコミックス)
邑崎青磁は、市立緑沢高校の天才生物教師。 イケメンで、生徒や他の教師陣からの信頼も厚く、 授業や研究に専念している。
一方、主人公・水嶋葉子はその真逆。 新米教師で、様々な雑用を頼まれ、生徒にはナメられまくる始末。 教師として1年を終えつつあるものの、やっていける自信はない。
そんなある日、葉子は邑崎に突然、呼び出される。 驚きつつ向かったところ、彼に 「好きなんです」 と告げられて……!?
毎日仕事を頑張って。 恋もして…? 悩めるオトナの青春ラブストーリー第1巻!

■当サイトの著者他作品レビュー
室たた/いまはまだだいじょうぶ。


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM