菅原敬太、稲光伸二/マーダー・インカーネイション

マーダー・インカーネイション:1 (アクションコミックス).jpg
マーダー・インカーネイション:1 (アクションコミックス)

■死んだ人を生き返らせることができる、 しかしそのために生贄が必要・・・というホラーコミック。

姉が死んだことを嘆く妹の前に、 見知らぬ少女が現れる。 彼女は、姉を生き返らせることができるという。 ただしそのためには条件があった。 24時間以内に、あることをしないといけないのだという。


死んでしまったものを生き返らせるには、 死者を3体用意すれば願いが叶う、 というホラーもの。 そんな話を持ちかける側が一応のストーリーテラーだが、 エピソード自体は願いを叶えたい側が主人公で、 ブラックな構成なので主人公側はエピソードごとに変わる、 ホラーマンガの定番構成となっている。


1巻には5話収録だが前後編などによりエピソードは実質2本。 死んだ人を生き返らせてはいけない、 というかそのために人を殺してはいけない、 という骨子が明確に現れている分、 死んだ側は生き返りたくないであるとか、 逆に生き返らせる側に別の理由があるとか、 死者にまつわる部分で仕掛けあり。


ホラーは、良識を無視してとことん 突っ走ったほうが異色作になるものなので、 常識の範疇で話を作ると、 良作佳作にはなるけれどカテゴリーキラーになるには 別にアイディアが必要。 それがジャンルもののつらさでもあり、ユニークさでもある。


【データ】
原作=菅原敬太(すがはらけいた)、作画=稲光伸二 (いなみつしんじ)
マーダー・インカーネイション
【初出情報】月刊アクション 2013年7月号〜11月号 【発行元/発売元】双葉社 【レーベル】ACTION COMICS 【発行日】2014(平成26)年2月10日第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→マーダー・インカーネイション:1 (アクションコミックス)
大切な人が死にました。ですが、ある条件を満たせば甦らせることが出来ます。その条件とは――「人を3人殺して下さい。誰でも構いません。期限は24時間」大切な人を失い、悲しみに暮れるその人が、もし貴方だったら、大切な人の為に、人を殺すことができますか? 命の価値を問う本格ミステリ、開幕。

■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 菅原敬太/走馬灯株式会社
稲光伸二/性食鬼
稲光伸二/大江戸!! あん・プラグド


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM