【オススメ】 荒達哉/ハリガネサービス

ハリガネサービス 1 (少年チャンピオン・コミックス).jpg
ハリガネサービス 1 (少年チャンピオン・コミックス)

■【オススメ】 特殊な能力を持つ者のバレーボール漫画。

チャンピオンの漫画は、好みでない作品も多いが、 そうしたものも含めて、軸がしっかりしている。 こんなのはどうだ!と、読者に対して真っ向から投げ込んできている 感じが、客の反応を気にしてちらちらこちらを伺っているような 他の少年マンガ誌の作品と違って潔く、そこが魅力。


この作品はバレー漫画。公立校だが、監督は他校の指導で有名だった 人物が就任している。その監督を目的に、中学時代、実績のある選手が 入部。そんななか、主人公は、監督が珍しく直々に声をかけた人物だった。


とはいえ中学時代のポジションはピンチサーバー。それは補欠同然、 のはずなのだが、事情はあった。 彼のサーブは、狙い完璧。しかも、それは、アキレス腱を切ってしまって ジャンプ自体が禁じられた状態で、それでもバレーをしていたい、 ということから磨いたサーブだった。つまり羽をもがれた天才が できるかぎりのことに集中した結果、身につけた技術。この設定はなかなかに痺れる。


能力もあるが、弱点もある、という人物の設定として、 本作は完璧。題名が、何の漫画だかわかりづらいのは 当面は問題だけれど、まぁ、それは時間が解決するし 解決の課程ではプラスにも働くので、このタイトルでも良いだろう。 っていうか今更変えようないしね。


【データ】
荒達哉 (あらたつや)
ハリガネサービス
【初出情報】週刊少年チャンピオン 2014年26号〜31号 【発行元/発売元】秋田書店 【レーベル】少年チャンピオン・コミックス 【発行日】2014(平成26)年9月15日初版発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→ハリガネサービス 1 (少年チャンピオン・コミックス)
中学バレー部ではレギュラーになれなかった下平鉋。都立豊瀬高校ではなんとかレギュラーを目指して頑張ろうとしていると、一緒に入った同級生の3人は元・中学東京選抜であった。青春高校バレーボール巨編!!



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM