【オススメ】 桜坂洋、竹内良輔、安倍吉俊、小畑健/All You Need Is Kill

All You Need Is Kill 1 (ジャンプコミックスDIGITAL).jpg
All You Need Is Kill 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

■【オススメ】読む前から2巻まとめて買ったが、 それで正解だった。すぐに続刊が読みたい。

トム・クルーズ出演でで映画化され、スタート週の成績はまずまずも、 評価も高くその後も踏ん張り続けている「All You Need Is Kill」(→原作はAll You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫) ) のコミカライズ。漫画は小畑健によるものである。期待しないわけがない。


内容は、「リプレイ」の一種。ギタイと呼ばれる得体の知らない敵が 襲ってくる世界で、軍隊に志願した主人公は、新人兵として初めての 戦場に出る。が、夢で見たことがそのまま現実に現れる。 読んだ覚えのある本のフレーズ、経験したことのある訓練。 そして戦場で彼は死ぬ。目覚めると、また同じ、戦場に出る前の日の朝が始まる。


死ぬと同じ場所に戻ってきて、そこからやり直す。券・グリムウッドの「リプレイ」(→リプレイ (新潮文庫) 、Kindle版は原書は出ているようですが→Replay ) というよりもビル・マーレイ主演の 「恋はデジャ・ブ」(恋はデジャ・ブ [DVD] 、インスタントビデオもあり→恋はデジャ・ブ (字幕版) )的な、ほぼ同じ日の繰り返し。戦場から逃げ出しても死んだことで、 彼は、自分が磨けることを磨こうと決意する。それは、戦場での腕。 何度も何度も出陣する彼にとっては、これは常にセーブポイントからコンティニューできる ゲームである。勿論、彼の目的は、このループから抜け出すこと。


同じことの繰り返しとは限らず、彼のとる行動によってルートは変わることがある。 一方で、何回目かのループからか、偏頭痛が止まらない。 そして、一人、戦場で女神と称される無敵の人物がおり、 彼女にかけられた思いがけない一言で、一巻は終わる。 「おまえ今・・・何周目なんだ・・・?」


2巻完結。買ってますのですぐ読みます。


【データ】
原作=桜坂洋(さくらざかひろし)、構成=竹内良輔(たけうちりょうすけ)、キャラクター原案=安倍吉俊(あべよしとし)、漫画=小畑健(おばたたけし)
All You Need Is Kill (オール ユー ニード イズ キル)
【発行元/発売元】集英社 【レーベル】SHUEISHA JUMP COMICS 【発行日】2014(平成26)年発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→All You Need Is Kill 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
honto→honto - All You Need Is Kill 1 桜坂洋(原作) ジャンプコミックスDIGITAL - ジャンプコミックス:電子書籍ストア
eBookJapan→All You Need Is Kill 少年マンガ 桜坂洋 竹内良輔 - 電子書籍・コミックはeBookJapan
人類は今、かつてない戦争をしている。敵は「ギタイ」と呼ばれる化物。ジャパンの南方、コトイウシ島で繰り返される戦闘。初年兵であるキリヤ・ケイジと戦場の牝犬と呼ばれるリタ・ヴラタスキは、まだ見ぬ明日を求める戦いに身を投じていく――。

■当サイトの著者他作品レビュー
桜坂洋、宮下未紀/よくわかる現代魔法
桜坂洋、鶯神楽/さいたまチェーンソー少女
【オススメ】 大場つぐみ、小畑健/バクマン。
【オススメ】 鷹野常雄、小畑健/BLUE DRAGON ラルΩグラド


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM