芳崎様申し訳ありません。

初出情報を調べた所で書きなおすべきだったのを修正せぬままにアップしてしまいました。・・・何の話かと申しますと、 芳崎せいむ/風のゆくえ 天のめぐり に関してです。


理解できない設定、と思ったのは、時代を感じさせる設定、と思うべきでした。実際、さすがにオカシイ、と思い調べたところ1997年作品であることにたどり着いており、そこまで記したのだから本文も訂正すべきでした。1997年当時にパソコンを使えない雑誌記者がいても、それは十分、ありうる話です。


当時はテレホーダイ後ですがグーグル以前の時代で、当時の職場ではBYOD、自前のパソコンを持ち込んで使っているような状況で、ようやく事務所にパソコンが1台入って本社とつなごうか、という段階でした。メディアでは最先端のネット、パソコンを扱うべきで、そうしている人もいる反面、背を向ける人もいました。その状況を考えれば、パソコンを使える同僚と使えない主人公、という設定は、寧ろ上手な構図であったと思います。


ところで、小説は風俗から風化して読まれなくなる、ということを言われます。漫画でも同様でしょう。当時のメディアを扱っている本作は、そのメディアを扱った部分が、17年の間に風化してしまい、違和感を覚えさせたわけです。逆にいえば、それ以外の部分は風化しておらず、だからこそ普通に読めてしまい、かつ強烈な違和感に繋がったといえます。全体に古びていれば逆に、ああ、過去の作品なんだなぁ、と思ったはずなので。全体的に、今の芳崎せいむ氏の作品と、さほど雰囲気が変わらない、ということでもあります。


時の流れを越えるのは、風化しないものだと言われます。プロダクトでも、世間は最先端の流行を追いがちですが、実際に成功をおさめるのは枯れた技術を使ったものです。なぜなら、枯れている技術は安定しており、だからこそ、その安定の上に、新たな使い方を組み立てられるからです。小説も漫画も、風化しない作品は、同時代性とは離れた作品です。


本作の場合、「考古学」という、古びようがなさそうな題材を扱っています。そこに「メディア」の人間が絡むことで、古びる要素が出来てしまっています。しかし、元々の構造を考えると、この対立しそうな二者を持ちだしたことこそに意味があるのかも?と思えます。古きを知る考古学は、日進月歩であり、日々新しい発見と理論の創出があり、進化している。一方でメディアは先端を行きつつ、実際そういう同僚もおり、また消費者におもねればいいんだよ、と言いもするのだが、主人公はその中で、それは違うのでは、という立ち位置を取りつつある。その対比がひとつの見せ所、なのでしょう。


それが、作品発表当時はヴィヴィッドに機能したが、17年経った今読むと、実際に週刊誌が死に体であることから、メディア側のあり方がまったくもって古びて見えてしまい、対比として成立しなくなってしまいました。そういう宿命にあった作品といえるでしょう。


リサーチ能力のなさ、でいえば、国立国会図書館のあとは古書店のホームページ、という流れになっており、これは漫画としての展開としては自然ですが、考古学に強い大学とか、公立図書館とかっていうのが本当のところだと思います。そうなるとこの物語の展開に合わないですし、そもそも流れを考えると仕方がありませんが、当時の記者であれば、今よりも、リサーチ能力は長けていたはずで、その点で、この主人公はなんなんだろう?という思いは、時代の違いを別にしても否めないところではあります。


ところで。本作が1997年作品であることはアマゾンで調べてわかりました。つまり旧作再発と知らずに買いました。1990年代は私は映画と音楽に金と時間を使うのが殆どで漫画はさほど読んでいなかったために本作のことは存じ上げませんでした。紙の書籍であるならば、帯に再発の旨、記されてたのかもしれません。が、この電子書籍には、初出情報が記載されていません。奥付部分も、2014年発行とあり、マルシー表記も2014です。他の情報はありません。この点は版元さんにどうにかしていただきたいところであります。




search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
会社四季報 プロ500
会社四季報 ワイド版
ダイヤモンドZAi(ザイ)


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM