芳崎せいむ/風のゆくえ 天のめぐり

風のゆくえ 天のめぐり(1).jpg
風のゆくえ 天のめぐり(1)

■考古学者と雑誌記者のバディもの。

テレビの番組で有名になった二枚目の考古学者。 彼が共演した女優といい仲なのではないか、 ということで雑誌記者はそのネタを追うことに。 しかし、考古学者に直撃してみると、 彼は小学生の頃の同級生だった。


という設定なのだが、記者が気づくまでには時間がかかる。 その勿体ぶったところが著者らしいところか。 女優との恋愛ネタが最初に出てきつつも、 この話がぜんぜん膨らまず。 発射用ロケットにしてももう少し・・・と思うのだが、 引っ張り続けてはいるので、何かしら絡ますつもりではあるのだろう。


話は、考古学の面をより深堀りする方向に。 かつて革新的な、斬新な主張をした学者がいたが、 その論は葬り去られてしまった。しかし、物語の主役の一人たる考古学者は、 その論文が掲載された幻の雑誌を追い求める。


とはいえ、学者が長らく追いかけているというのに、 記者が考える手段が極めて幼稚で、本当に雑誌記者か?リサーチ力ないけど大丈夫か? というかパソコン使えないとかいつの時代の話なのか、 と愕然とする。著者の作品にありがちな弱い構成がそのまま表に出てしまったような作品で、 もう少し丁寧に組み立てたらより面白いものになったのでは・・・と思ってしまう。


《以下追記》しかしさすがにこれはオカシイと違和感を覚えまして調べたところ、こちらは2009年小学館クリエイティブから書籍が刊行されており、ということはつまり更に遡って原本があるわけで、1997年の作品であることが判明。1997年なら無理のないお話ですね・・・申し訳ありません。ちなみに、アマゾンで調べて判明しました。なぜなら、本電子書籍には初出情報がないからです。そして奥付部分には2014年4月発行の表示のみ。マルシー表記も2014年です。 《以上追記おわり》


1997年作品。2009年には小学館より再発あり。今回、2014年に電子版刊行。


【データ】
芳崎せいむ (よしざきせいむ)
風のゆくえ 天のめぐり
【発行元/発売元】講談社 【レーベル】Amie講談社コミックス 【発行日】2014(平成26)年4月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→風のゆくえ 天のめぐり(1)
honto→honto - 風のゆくえ 天のめぐり(1) 芳崎せいむ(著) - 少女コミック:電子書籍ストア
eBookJapan→風のゆくえ 天のめぐり 少女コミック 芳崎せいむ - 電子書籍・コミックはeBookJapan
自分はいま、なぜここにいるのか……。ほかのどこでもなく、なぜここなのだろう――? 新進気鋭の考古学者・上月(こうづき)のスキャンダル記事を狙っている雑誌記者の津嘉山(つかやま)。はじめての出会いなのに、なぜだか心ざわめく彼は、勢い、上月の“鏡片探し”の旅に同行することに――。芳崎せいむが贈るネオ考古学ロマン!!

■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 芳崎せいむ/鞄図書館
【オススメ】 長崎尚志、芳崎せいむ/デカガール
芳崎せいむ/うごかし屋
東周斎雅楽、芳崎せいむ/山手テレビキネマ室 テレキネシス

コメント
この作品を書かせていただいたのは、1996年頃になります。現代ものとして書きましたので、その頃の時代の話となります。
  • 芳崎せいむ
  • 2014/05/28 1:15 PM
たびたび失礼します。
改めて調べてみたのですが、当時の私自身と、なによりも当時実際に出版業界に席を置いていた担当編集者の判断でOKになったのではないかと思います。
1997年前後のパソコン事情はwikiでは以下のように書かれています。
確かにまずはヤフー検索だろうと今となっては思いますが、そこまで軽蔑されるほどの展開ではないと思うのですがいかがでしょうか?

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E5%8F%B2

1995年にGUIを大改良したWindows 95の発売が開始されると、日本でも新聞やTVのニュース番組で大きく取り上げられたため新規のパソコンユーザーを増やす起爆剤となった。さらに98互換機のエプソンもPC/AT互換機に転換し日本国内独自パソコンはホビーユースを含めて終焉へ向かった。残ったNECも1997年ついにPC/AT互換機であるPC98-NXシリーズへの転換を表明した。この頃までのパソコンは、主にワードプロセッサ、表計算ソフト、データベースなどのオフィスアプリケーションを利用するツールとして普及していった。

1998年にiMacが発売された頃からパソコンがインターネットを利用する端末として台頭する。また、Windows・Macintoshのほか、Linux・BSDなどのUnix系OSも新たに台頭した。これらの普及はワークステーションやオフィスコンピュータの領域をも侵食し、クライアント用途だけでなくパソコンでネットワークのサーバを組むことも普通に行われるようになった。
  • 芳崎せいむ
  • 2014/05/28 2:54 PM
コメントありがとうございます。

まず、ごめんなさい。さすがにおかしい、と思い調べたところ旧作とわかりましたので、その旨、織り込んで書きなおしてからアップする・・・はずが、修正しないママとなってしまいました。

1997年当時に描かれた作品として何の問題もありません。

ただし電子版は発行が2014年となっており初出情報など一切掲載されておりませんでした。芳崎様と関係ないことですが、版元の姿勢には若干疑問を感じるのも事実です。
  • happysad
  • 2014/05/28 10:07 PM
タグを「一巻読破クラシックス」にまでしていましたから、そこまで時代を認識していないとは思いませんでした。
  • 芳崎せいむ
  • 2014/06/05 4:21 AM
追記タグ付けしながら本文修正せずにレビューをアップしてすみません。本来ならレビューすべきではなかったですね。

旧作には今読んでも普通に楽しめるものと、内容が古くて違和感のあるものとがあります。本作は後者だと思いますので、リリース時に時代設定の説明も旧作再発である旨も初出情報もない時点で取り上げるべき作品ではなかったと反省しています。
  • happysad
  • 2014/06/05 7:45 AM
もう一方のレビューの方にコメントをさせていただいたのですが、そちらの承認はしていただけないのでしょうか?なにか文面に失礼でもあったのでしたら、お詫びいたします。
  • 芳崎
  • 2014/06/05 2:09 PM
すみません承認しコメントつけました。スパム対策で承認制としており、またあまりブログ管理に時間が割けませんのでタイミング的に非承認状態が続く場合もあります。本日はたまたま朝方に管理画面を開けたので逆にご心配かけてしまったようで、申し訳ありません。

なお上記は、基本的には新作新刊を紹介するサイトとして運営しておりますので、旧作であればそもそも記事をアップしない判断をすべきだった、という意味合いでのコメントです。

風俗を描けば時代を経ると古びて見えます。それが時代を描いた作品であれば寧ろ問題はないのですが、テーマが別であれば違和感が出ます。

とはいえ仕方がないのです。例えば・・・『ダイヤルMを廻せ』という映画が今見るとシンドイどころかタイトルの説明からして難しい、という事態になるとは、想像できないわけですし・・・。

題材が普遍的な分、風俗部分で混乱する、という旧作の売り方について、出版社はアイディアがあっても良いかもしれませんね。アイディア出せなければ作家さん自身が考えてご自分で電子書籍にするでしょうから、旧作の売り方を考えるのはかなり重要な気がします。
  • happysad
  • 2014/06/05 11:37 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW



fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
LDK(エル・ディー・ケー)
MONOQLO(モノクロ)
家電批評
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM