きたがわ翔/HONESTY

HONESTY~オネスティ~ (1) (ニチブンコミックス).jpg
HONESTY~オネスティ~ (1) (ニチブンコミックス)

■青年は天才的なプロファイラーと出会い、そのボディガードとなる。

万引きの疑いで捕まりかけた主人公、 彼は偶然居合わせたカウンセラーが真相を突き止めたおかげで 命拾いする。行き場のない彼を、カウンセラーはボディガードに雇うのだった。


稀代の天才カウンセラーだという彼は、人が読めるが、人の心を斟酌しない。 そんな人物に、熱さのある主人公が絡んで展開されるバディものである。 構造は著者の作品の典型で、絵は綺麗だが薄味。 ただ、このシンプルさが、ヤンジャンでは薄っぺらいだけに見えても、 ゴラクだと映える。主人公がカウンセラーと喧嘩してソープに行く、 という展開が非常にハマるし、絵にもなる。


一方、一番リリカルなのは、あとがき。 でもこういう後書きも、良し悪しだなぁ・・・ 個人的には、他人をダシにしたあとがきは、あまり好感が持てません・・・。 ところで題名はビリー・ジョエル的な感じの、 such a lonely word的な意味なんでしょうか。


【データ】
きたがわ翔 (きたがわしょう)
HONESTY(オネスティ)
【初出情報】週刊漫画ゴラク 2013年12月〜2014年3月 【発行元/発売元】日本文芸社 【レーベル】NICHIBUN COMICS 【発行日】2014(平成26)年発行 ※電子版で購入 アマゾンでは現時点、電子版未発売です
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→HONESTY~オネスティ~ (1) (ニチブンコミックス)
honto→honto - HONESTYオネスティ(1) きたがわ翔 漫画ゴラク - ニチブンコミックス:電子書籍ストア
eBookJapan→HONESTY〜オネスティ〜 青年マンガ きたがわ翔 - 電子書籍・コミックはeBookJapan
謎の男・不狼維斗。病院でも手に負えない特殊な精神病患者をも型破りな治療で救う天才カウンセラー!!しかし、誰にでもズケズケともの申し、世間ズレした性格もあって、多くの人に敵視されることも…。ひょんなことからボディガードとなった楠田遊具も、振り回されっぱなし。そんな二人が、治療のみならず心理学的知見から奇怪な刑事事件のプロファイリングまで行う!!人間の闇を射抜く"真実"のカルテがここに!!

■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 早川光、きたがわ翔/アントルメティエ
藤沢とおる、きたがわ翔/ソウルメッセンジャー
きたがわ翔/ガキホス
きたがわ翔/BENGO! ベンゴ
【オススメ】 矢沢永吉、きたがわ翔/成りあがり 矢沢永吉物語
【オススメ】 きたがわ翔/デス・スウィーパー
きたがわ翔/刑事が一匹・・・


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM