金井千咲貴/魔法使いの弟子が笑う時。

魔法使いの弟子が笑う時。1巻 (デジタル版ガンガンコミックス).jpg
魔法使いの弟子が笑う時。1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)

■世界滅亡が希望である少年の話。

心がない少年が感情を手に入れるまでの話。 ファンタジックに見せつつも、 それはミスディレクションで、 その裏には少年の無邪気ゆえの残酷さが隠されていた。


ただし冒頭のカラーページで ミステリかサスペンスばりに、ダイイングメッセージのような ものが示されているので、おどろおどろしさを奥に秘めていることは 読者には事前に明示されている。


少年は、魔法使いになることと、大切な人を作ること、それができれば 感情が手に入れられる、と言われて、その教えに従っている。 なので魔法使いの下に彼はいる。それが題名のゆえんである。 しかし。この世界での魔法使いは、人を殺すため、暗殺のために 存在する裏稼業、闇稼業である。だからこそ、少年が受け入れられているのだろうが・・・ というのも、少年が生きていることを実感するのは、大切な人がいなくなる、 その瞬間だけだから。


そんな皮肉で物騒な設定が用意された話で、ただし主人公当人は 感情がないものだから、葛藤もなにもなく、読み手にとっては 悲劇というよりも怖い話、ホラーでしかない。そうであるとすると話は一発芸に近くなる。 それを連載していく上では何らかの展開が必要になる。 話としては、少年が感情を手に入れて成長するのが良いのだけれど、 魔法使いになるとしても大切な人を作るにしても、この話においてその意味は、 人を殺す、ということに直結する、という残酷な童話である。


話の構造的に、短編やそれを束ねた連作という形が向いていて、 ストーリー展開は難しそう。 そんな話に、外部から少女が話に入り込んできているが、 この子が物語の展開を担うことが出来るのかどうか。


【データ】
金井千咲貴 (かないちさき)
魔法使いの弟子が笑う時。
【初出情報】月刊少年ガンガン 2013年10月号〜2014年1月号 【発行元/発売元】スクウェア・エニックス 【レーベル】ガンガンコミックス 【発行日】2014(平成26)年2月22日Ver.1.00発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→魔法使いの弟子が笑う時。1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)
honto→honto電子書籍ストア - 魔法使いの弟子が笑う時。1巻 金井千咲貴(著者) - ガンガンコミックス
eBookJapan→魔法使いの弟子が笑う時。 少年マンガ 金井千咲貴 - 電子書籍・コミックはeBookJapan
たくさんの『感情』が欠けた少年、生江桜歌。殴られても、詰られても、眉ひとつ動かせない。生きている実感が得られない。そんな彼が、唯一『感情』を得る方法、それは、大切な人を………。これは、生江桜歌が『感情』を得るまでのおはなし。迎える終わりは、ハッピーエンド? それとも…。



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
会社四季報 プロ500
会社四季報 ワイド版
ダイヤモンドZAi(ザイ)


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM