鷲尾美枝/をとめ、咲かずに散るなかれ。

をとめ、咲かずに散るなかれ。 傾きかけた実家の旅館を再生させるため、婿を探してこいと有名旅館に働きに出されたヒロイン。大学に落ちまくったので仕方ないと思いつつ、男には免疫ないし苦手だし。最初に出逢った美形のお客さんは女性だと思っていたら男だし。

ヒロインは真剣に考えるマジメなよい子でピュア。コメディですがドタバタ感はなし。作品中で重要な常連の「先生」に関しては、巻末収録の番外編でその背景がすべて明らかに。

とりたてて珍しいことをやっているわけではないのだけれど、そのムリしない作り方が心地よい。

【裏表紙】恋を知らない18のをとめ 実家の旅館を守り立てるため母親から下された指令は「大藤屋旅館」での秘密の婿探し− 知り始めた恋 そして婿探しの行く末やいかに・・・?
鷲尾美枝 (わしおみえ)
をとめ、咲かずに散るなかれ。 → amazonで購入 bk1で購入

掲載=デラックスBetsucomi 2005年4月5日、6月5日、8月5日号

小学館
Betsucomiフラワーコミックス
2005年10月20日初版第1刷発行
定価=390円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM