斉藤倫/世界を敵に回しても

世界を敵に回しても 母子家庭で家事を頑張る高校生、学校にはじゃれ合う男の子がいる。そこに舞い込む母親の再婚話。新しい父には息子がいるが一癖ある人物で、そのペシミストな義兄をヒロインは放っておけず、心が揺れ動く物語。

よくあるタイプの話だが、すぐ肉体関係に行きがちな昨今の少女マンガ(それはそれでリアルではあるのだが)と違い、描くのはココロ。だからひと味違って見えるのだろう。昔はこういう話よくあったと言われればまぁそうなんだけどね。

義兄にとっては姉の存在が大きいらしく、今後はその辺りを中心に展開していく様子。内容がある少女マンガで読んでいてほっとする。あまりほっとできる物語ではないのだが。心がわさわさする感じの話。

巻末にはネコものエッセイあり。

■続刊購入する?→★★★
少女でない身にはもう一押し欲しいが、まぁ対象外なので。

【帯】デラックスマーガレット大人気シリーズ!! まるで引力のようにひかれていく。その不思議な存在感に・・・。
【裏表紙】高1の梢子は母と二人暮し。同級生の葉平は気になる存在。だけど母の再婚によって2歳年上の義兄・喬と出逢い、そのつかみ所のない感覚に梢子の気持ちが揺れ動き始めて・・・。
斉藤倫 (さいとうりん)
世界を敵に回しても → amazonで購入 bk1で購入

掲載=デラックスマーガレット平成17年7月号〜11月号

集英社
マーガレットコミックス
2006年1月30日第1刷発行
定価=390円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM