【オススメ】 石塚真一/BLUE GIANT

BLUE GIANT 1 (ビッグコミックススペシャル).jpg
BLUE GIANT 1 (ビッグコミックススペシャル)

■【オススメ】格好いいジャズマンガ、 にたぶん今後なる予定。

まだジャズマンじゃない・・・が、 心も態度もすでに、ジャズマンではある。 そんな主人公のお話。 しかし、 サックスを吹く高校生の彼は、 楽譜は読めない、演奏も完全に我流。 でもサックスは自前。 毎日河原で練習して、大きな音でぶちかます。


一巻は、進路の話。 そしてお誘いを受けて ライブに出演する。 ・・・楽譜も読めず経験もない人が いきなりステージに出るかいな、 というのはまぁ、そういう期待も あってのことなのだろうが。 主人公のキャラクターは著者の前作 「」と変わらない、強情に頑張って前を向き 歩くタイプである。


一巻の最後に、いきなり時間が飛んで、 未来の彼について他の登場人物が語る シーンが挿入されている。 そういう構成はあまり好きではないのだけれど、 この作品に関して言えば、これを差し入れたのは 正解だと思う。ぎゅっと話が締まり、 進む先が見えた。


で、 こういうマンガを読むたびに、 細野不二彦「BLOW UP! 」を思い出すのだった。 ・・・このあいだの作品、「 そんでよし!」のレビューでも同じこと書いてるんだよな・・・



【データ】
石塚真一 (いしづかしんいち)
BLUE GIANT
【初出情報】ビッグコミック 2013年10号〜17号 【発行元/発売元】小学館 【レーベル】ビッグ コミックス スペシャル 【発行日】2013(平成25)年12月4日初版第1刷発行 【定価】600円+税  ※電子版12/4発売予定→BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入: amazon→BLUE GIANT 1 (ビッグコミックススペシャル) , honto→hontoネットストア - BLUE GIANT 1 (ビッグコミックス)(1) 石塚 真一 ビッグコミックス - 本
【公式サイト】
その音はどこから生まれてどこまで響き、どこまで届くのか。 一人の高校生が挑む底知れぬJAZZの世界。 成長する激しい音色を丁寧に描いた、石塚真一の新連載!!
小学館コミック -ビッグスリーネット-[ビッグコミック:BLUE GIANT]
■当サイトの著者他作品レビュー
石塚真一/そんでよし!
石塚真一/石塚真一短編集 東京チェックイン
【オススメ】 石塚真一/岳

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW



fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
LDK(エル・ディー・ケー)
MONOQLO(モノクロ)
家電批評
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM