大田垣晴子/偏愛博物館スケッチ

偏愛博物館スケッチ (単行本).jpg
偏愛博物館スケッチ (単行本1(5000円未満))

■コンパクトにまとまっているが、手を出しづらい価格か。

ちょっとしたパンフレット、とんぼの本感覚で読む分には良い。


さらっとまとまっていて、読みやすいが薄いかな。 1200円という値段は、買う前にちょっと考えこんでしまう。


それと、知っている所やそもそも行ったことのあるところが多く、 本では基本的に知っていることの再確認ではなくて、 知らないことを知りたいと思う身には、もうひとつ。 でも、 崎陽軒の工場 は行きたいなと思った次第。




【データ】
大田垣晴子 (おおたがきせいこ)
偏愛博物館スケッチ
【初出情報】記載なし? 【発行元/発売元】KADOKAWA 【レーベル】− 【発行日】2013(平成25)年11月30日初版発行 【定価】1200円+税
■評価→ C(標準)
■購入: amazon→偏愛博物館スケッチ (単行本1(5000円未満)) , honto→hontoネットストア - 偏愛博物館スケッチ 大田垣 晴子 - 本
【公式サイト】
人気画文家が偏愛する場所ーー充実の鉄道博物館から、乙女ゴコロを誘う竹久夢二弥生美術館、世界のカバン博物館など、都内近郊を歩いて色鮮やに描いたイラストエッセイ。街のお散歩ガイドにも最適。
株式会社KADOKAWAオフィシャルサイト|偏愛博物館スケッチ
■当サイトの著者他作品レビュー
大田垣晴子/セイちゃん


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM