【オススメ】 六本木綾/ベランダ絵日記帖

ベランダ絵日記帖 (花とゆめCOMICSスペシャル).jpg
ベランダ絵日記帖 (花とゆめCOMICSスペシャル)

■【オススメ】ベランダ園芸エッセイ。程よくずぼらなので、適度に知的。

園芸エッセイコミックである。田舎ではなく東京暮らし、 庭ではなく題名どおりベランダ。ただし、このベランダ、4M*6Mという、 結構に広いスペースである。そこを舞台に、様々なプランターの植物たちが 俎上にのぼる。


ほぼ見開き2ページで1植物。分量が少ないかというと、そうでもない。 薀蓄ものかというと、そうでもない。体験にうまく知識を盛り込んでいる。 植物に対して何の知識も興味もなかったのだが、これを読むと、 何か育てたくなってくるのだから、独特の魅力があるのだ。


雰囲気的には「とりぱん 」に近いが、もっと読みやすいと思う。


ちなみに。 amazonのレビューで薄いとあったが、うーん、清水玲子の「秘密 」の厚さが異常なのであって、 大型版132ページ830円はそう高くないと思うんだけど、まぁでも安くはないか。レビュー子は 連載はもっとたまっているはずなのに、アレも読みたいのに物足りない!もっと!ということのようなので、納得しなくもないですが。なお著者とは誕生日が一緒なので勝手に親近感がわいております。


【データ】
六本木綾 (ろっぽんぎあや)
ベランダ絵日記帖
【初出情報】『メロディ』掲載だが詳細不掲載? 【発行元/発売元】白泉社 【レーベル】HC SPECIAL 【発行日】2013(平成25)年9月10日第1刷発行 【定価】790円+税
■評価→ A(絶品) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入: amazon→ベランダ絵日記帖 (花とゆめCOMICSスペシャル) , honto→hontoネットストア - ベランダ絵日記帖 (HC SPECIAL) 六本木 綾 - 本
【公式サイト】

広大で日当たり良好なベランダを手に入れた著者が、失敗を繰り返しながらガーデニングに邁進するエッセイコミック。イチゴやトマトを収穫してにんまりしたり、ベランダに訪れるスズメやカマキリと戯れたり、珍種のバラにミーハーに手を出してみたり…。広いベランダはカオスだけどいつも彩りでいっぱい。読めば植物を育てたくなること、間違いなし! 2013年9月刊。
s-book.net Library Service
■当サイトの著者他作品レビュー
猪俣ユキ、六本木綾/LARRY IN A MANSION


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile



チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM