あなしん/ヒレントリップ

ヒレントリップ(1) (デザートコミックス).jpg
ヒレントリップ(1) (デザートコミックス)

■生徒会を舞台にした恋愛もの、ということになるのだろうが、設定は色々と工夫あり。

ヒロインは漫画家志望、投稿するが結果に繋がらない。彼女は高校生活をマンガを描くことにあてたいと思っている。なので部活などはしたくないが、内申書を考えるとどうだろうという思いもないではない。


一方でマンガ雑誌を買おうとしたお店のレジでお金が見つからず、しかしそこをすぐ後ろに並んでいた男性に助けてもらう。彼は実は同じ学校の生徒で先輩、それも生徒会長で、ルックス面もあり校内では有名な人物だった。


生徒会が下働きを募集したことで、彼女はマンガを描きながらも出来るのではと応募、生徒会長は当初、彼女を却下するが、しかし問題が起きた際に彼女の助けで解決したことから、結局募集枠はヒロインに決定。それどころか、生徒会長は、ヒロインに、恋人になることを提案してきた。


物語の軸がどこにあるのか良く見えないが、軸が見えないのではなくて、複数ある軸のどれが主軸なのかわからない。


ヒロインが漫画家を目指す話は、とりあえず棚上げされているが、物語の伏線にはなっている。実は彼女の兄が小説家で、しかし彼から、絵がどうしても描けなかったので漫画家にはなれなかった、と聞いたことが、彼女に漫画家を志させた理由でもあった。 生徒会はスーパーな面々で、ここは突っ込みどころが実はあまりない。生徒会長はどうもヒロインのことを一方的に知っているようで、その理由が彼の血の繋がらない姉にあり、その姉の恋人が、ヒロインの兄である小説家であるという流れで、全体の構造は一巻を読むと分かる。ただし、話がどこに向かおうとしているのかは、見えてこない。


最も大きな物語は、ヒロインが漫画家を目指していることであり、そうした人生の大きな目標をせっかく掲げた話なので、そちらに向かってアプローチしていく内容となるのが正しい方向性だろう。


【データ】
あなしん
ヒレントリップ
【初出情報】デザート 2013年4月号〜7月号 【発行元/発売元】講談社 【レーベル】KCデザート-737 【発行日】2013(平成25)年7月12日第1刷発行 【定価】429円+税
【掲載情報・次巻予告】2巻2013年12月頃発売予定
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入: amazon→ヒレントリップ(1) (デザートコミックス) , honto→hontoネットストア - ヒレントリップ 1 (KCデザート)(1) あなしん デザートKC - 本



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM