【オススメ】 押切蓮介/ハイスコアガール

ハイスコアガール1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックスSUPER).jpg
ハイスコアガール1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックスSUPER)

■【オススメ】90年代にあわせて綴る、ゲームと青春の物語。

レビュー漏れしていたようなので今更ながら。著者の作品であるが、 ホラーサスペンスではない。ゲーム馬鹿な小学生男子を主人公にした話である。


彼は通知表はオール1、学校でも劣等生扱いされるが、そんなことは気にしてはいない。 普段はゲーセンを自分だけの場所としてゲームの腕を磨いていた。 そんなゲームバカの前に、彼を叩きのめす腕前の女の子が現れる。 彼女は同じクラスの成績優秀、 しかも金持ちのお嬢様。学校の目をくぐり抜けてゲームセンターに通う 彼の行く場所行く場所で、そんな彼女と遭遇することになる。


1991年を舞台にしており、当時の実在のゲームを基盤に話は熱く語られる。 クレジット万全でゲームの歴史を綴るのはさすが版元がスクウェア・エニックスの コミックスだけある。同時代の視点でゲームを語る主人公と、 淡々とゲームを共にするヒロインとの話は、 ちょっとしたラブコメのような展開を見せるが、 ヒロインは無口で思いを言葉にしないし、主人公は主人公で 恋愛とは遠いところにいて、そのためラブコメ以前の空気感のまま進んでいく。


ゲームに時代性、それと青春という要素を絡めており、 物語の土台はしっかり。主人公とともにゲームの歴史が動いていく様は 大河ドラマのようで、大河というほどの時間間隔でもないが、 同時代を記録したドラマという軸がある点がこの作品を一つ上の存在に 押し上げている。


なお電子版を買い直して読んでいるが、初出情報も掲載のほか、カバーイラストや表紙イラストも収録しており買い手に気を使った編集である。お値段は紙と同じ設定なのがちょっと悩むところだが。


【データ】
押切蓮介 (おしきりれんすけ)
ハイスコアガール
【初出情報】増刊ヤングガンガン 平成22年11号、増刊ヤングガンガンビッグ平成23年1号〜3号、月刊ビッグガンガン 2011年Vol.1、2 【発行元/発売元】スクウェア・エニックス 【レーベル】ビッグガンガンコミックスSUPER 【発行日】2012(平成24)年12月14日デジタル版Ver1.00発行 【価格】610円
【掲載情報・次巻予告】4巻まで発売中
■評価→ A(絶品) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入: amazon→ハイスコアガール(1) (ビッグガンガンコミックススーパー)ハイスコアガール1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックスSUPER) , honto→hontoネットストア - ハイスコアガール 1 (ビッグガンガンコミックスSUPER)(1) 押切 蓮介 - 本honto電子書籍ストア - ハイスコアガール1巻 押切蓮介(著者) - 電子書籍
【公式サイト】

『ポリゴン』って何? 食えんの? そんな2D全盛期だった古き良き格ゲーブーム到来の1991年。 ヤンキーとオタクとリーマンが蔓延る場末のゲーセンに、彼女は凜と座していた──。
ハイスコアガール ビッグガンガン SQUARE ENIX
■当サイトの著者他作品レビュー
押切蓮介/焔の眼
押切蓮介/ツバキ
押切蓮介/サユリ
【オススメ】 押切蓮介/椿鬼
【オススメ】 押切蓮介/ミスミソウ
押切蓮介/プピポー!
押切蓮介/ゆうやみ特攻隊
押切蓮介/ぼくと姉とオバケたち


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM