名古屋メシの予習に最適、榊こつぶ「美味しい名古屋を食べに行こまい」


honto電子書籍ストア - 美味しい名古屋を食べに行こまい 榊こつぶ 漫画ゴラク - 電子書籍
■名古屋の魅力は特色ある食
・新刊レビューが滞っておりますが、そんな中、毛色の違う記事をあげてみようかと思いまして、何の脈絡もなく名古屋旅行記であります。名古屋は食べ物に地域色があってしかも多様、それと地下街が発達していて好み、と言いつつ訪れるのは10年ぶり。前回はひつまぶしやら何やらは食べましたが、チャレンジしていないものもあったので、事前に色々予習をすることにしました。

■予習には、ガイドブックに情報誌を中心に
・旅行する際は定番の旅ものガイドブックを参照します。今だと「ことりっぷ」や「るるぶ」が書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】では電子版も出ていて便利。iPadを持ち歩くのは重くない?と言われつつも、本を何冊も抱えるよりは使い勝手が良いです。で、ざらっと読んで、知ってる知らない、行った行ってないなどで区分けして、興味ある場所をピックアップ。で、情報誌、『東海ウォーカー 』など地域の今の情報が出ている雑誌もチェック。というのが定番です。
・今回は名古屋というキーワードで書籍も検索、居酒屋や喫茶店の本をチェックしていたところ拾ったのが榊こつぶさんの「美味しい名古屋を食べに行こまい」でした。内容としては一番まとまりが良くて非常に重宝。ちなみにネットは、調べたい情報を深堀りするには良いけれど、何もわかっていない状態ではやっぱりどうにもならず。とはいえグーグル・マップで店をブックマークしていくと移動手段も時間も一発で、これは非常にありがたい。いい時代になりました。なお「名古屋の居酒屋」「名古屋の喫茶店」は良い本でしたが、解像度低いのと背景の色味のせいで読みづらい。電子書籍はシンプルなほうが読みやすいです。

■移動はぷらっとこだまエコノミープラン
・マイル貯めて飛ぶには名古屋は近すぎて使うに勿体無い感があり、それがなかなか行かない理由になってましたが、東京→名古屋ならやはり新幹線が妥当かなということで、急がない旅なので移動はJR東海ツアーズの企画きっぷ、ぷらっとこだまエコノミープラン で。東京からだと片道7900円でドリンクつき。今回はグリーン車にせず。乗車率結構高くて席わりと埋まってましたね。

■アペリティフパーティーに行って来ました
・6月にはアペリティフの日ということで各地でイベントが開催されますが、名古屋でもありまして、たまたまアペリティフパーティが滞在中にあったのでチケットとりまして行って来ました、テレビ塔。昼開催なので4000円。狭いこともあるけれど結構な人がいて、平日の昼なんで女性が殆どですが、昼から酒のんで、いいですな。私も当然ワインを頂きます。かぱかぱと。どのお店も良かったですが印象残ったのは、レストラン ヴィトラ 名古屋 。料理もですがワインも用意されていて、お店で飲み食べするイメージがつきやすく、行きたい、と思いました。ので次の滞在時にはぜひ。っていつだろう。

■台湾ラーメン実食
・「美味しい名古屋を食べに行こまい」でも取り上げられている台湾ラーメン、本家の味仙 に行って来ました。本店ではなく矢場店ですが。学食のような大衆食堂スペースで、なんかだだっ広い。台湾ラーメンは普通のものとアメリカンを注文。もちろんアメリカンのほうが食べやすいですが、普通の台湾ラーメンも、警戒しながら食べたものの、うん、楊さんの汁無し坦々麺 を経験していればこれは別に普通だ。汗は出ますが普通に美味しくいただけます。『東海Walker 』だかであったら頼めと勧められていた白にんにくの芽炒めがあったのでラッキーと頼み、1000円しますがそれだけの味で十分に満足しました。餃子は・・・メニューでもフィーチャーされていないように、普通、かつすぐ冷める。楊さんから別れて出店した成家料理 の餃子がもっちりして小籠包っぽかったのを思い出しました。しかし味仙、いい店です。スタッフ間の仲は微妙そうですが。

■手羽先は元祖で。
・手羽先というと山ちゃんか風来坊か、といわれる二大チェーンですが、東京にも山ちゃんはあるので、ということで元祖である風来坊 を選択。実際行ったのは名駅南店。人通りのないところに現れるちょっと格好良さげな店で、もっと気楽な感じかと思ったんですがそうでもなく。手羽先は確かに美味しかったです、はい。お店の名前の芋焼酎と合いました。

■どて飯を競馬場で。
・JRAの中京開催は谷間ですが、名古屋競馬場 は開催中。行ったらたまたま東海ダービーの日。それまでに食事は居並ぶ飲食店の中で、なんかどの店もおんなじようなメニューでしたが、せっかくなのでどてメシを注文。うーん、ご飯はいらんかったか。B級グルメ堪能しつつ競馬、ですが最初はあたったもののオッズ手堅く、メインレースにつっこんだら見事にやられました。牡馬が勝つ方に賭けたんですが、牝馬強しの結果に。しかも雨まで降ってきてさんざん。事前に用意していけば、入場料はタダになるし往復きっぷ持参で有料席にも入れるし で、下調べは重要だなと反省。

■サンリオキャラクター大賞にターフィー参戦。
サンリオキャラクター大賞2013キャラが公約発表 しているというスパイス効き過ぎなパロディが展開されているのですが、これやります宣言。チャーミーキティだけがなめくさっていて「にゃあ」としか書いていませんが、他は色々。自虐的なものも多く話題になっております。他では、「うさぎキャラが1位になったら一緒にお花を植えに行きます!」という他力本願型、「ぴったり15位で高級イチゴを15名様にプレゼントします!」というズバリ当てましょう型も。かような具合にたいてい順位が示される中で、「今年だめなら 本当にイギリスに帰ります!」という、だめってどういう基準なんだろう?なピーターデイビス が切なくて哀しい。そんな中、ニューフェイスとしてターフィーが登場しています。あのJRAのキャラクターです。JRA、なりふり構ってませんね・・・。確かにサンリオとの共同開発キャラなのでこういう展開はあっておかしくないですが。「10位以内なら 競馬場にターフィーシートを作ってGIレースにみんなを招待するよ!」という公約に対し現在の途中経過は、7位 !でもその上の6位にはこれまた新顔の「ふくちゃん」、くすりの福太郎のキャラが。負けるなターフィー!名古屋競馬場でも投票を案内するチラシが用意されていました。

■Zepp行って来ました。
・雨の中出かけたのはZeppNagoyaTHE BAWDIES のチケットを名古屋会場で抑えて、それを中心にして組み立てた名古屋旅行だったのです。実は見るのは初めて。ライブ向きと思っていたんですが、楽器の音はそうだけれども、ヴォーカルが乗っかるともっさりというか、あんまり歌えていないのはツアー終盤だからなのか。客イジリのMCも含めて、暖かく応援できるファン向きという感じ。きちんとファンはついているようなので、5年10年して熟成したらいいライブアクトが見れそう。楽しそうに弾くJIMくんが素敵でした。

■ポートメッセなごやとトリトンライン
・どういうわけか名古屋くんだりまで来てエクステリア&ガーデンフェア を見に金城ふ頭のポートメッセなごや まで。出張ったあとは、水上バス、ということで、トリトンライン にのってガーデンふ頭まで。後者は土日祝のみ運航で900円。結構揺れますな。上に登ると手すりつかまってないとふらふらします。景色は、まぁ海辺はどこも、工場と倉庫なわけで、あんまり代わり映えはしません。船も内海に向かうので、大きな川を行く感じ。風があれば爽快です。

■モーニングは行けず
・名古屋といえば喫茶店のモーニング、という印象ですが、豪華なモーニングは名古屋ではないですね。それとヒルトン名古屋に滞在したので美味しい朝食をスキップする気になれず、午後でもモーニングの食べられるリヨン にも行く機会がなく。

■マウンテンは登らず
・愛知というと話題に登るのがマウンテン 。色物メニューが有名なわけで、それに挑戦する元気はないので登山しませんでした。

■駅立ち飲みも攻略できず
・実は楽しみにしていたどえりゃあ亭 なんですが・・・駅で飲める、ってんで終いはここでもと思っていたところ、調べると雲行きが怪しい・・・すでに閉店してしまっていた のでした。これは残念・・・。で、先に行かなかった山ちゃんの立ち呑み店が新幹線のりば付近にあったのでそこへ。



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM