アホが主役のマンガ二冊 田口ケンジ「姉ログ」、ヒロユキ「アホガール」

■アホが中軸人物のマンガ二冊。

アホマンガをたてつづけに読んだので、まとめて紹介。


姉ログ 1 (少年サンデーコミックス).jpg
姉ログ 1 (少年サンデーコミックス) は弟が良からぬ思いを抱いている、と邪推するバカなブラコン姉ちゃんを主人公にしたマンガ。それで実はノーマルな弟は色々巻き込まれるという次第。それだけでは話が広がらなそうだが、と思っていると、姉の同級生でもある幼馴染の女子、弟の同級生である幼馴染の男子、そして弟のクラスで姉に憧れてしまう女子など投入して退屈しないように仕上げている。ちなみに弟妄想に関してはアホな方向性に驀進するものの、姉は成績優秀で運動もできる美人キャラである。


アホガール(1) (アホガール (1)).jpg
アホガール(1) (アホガール (1)) はまごうことなきバカ、空前絶後のアホ。成績は0点・・・なのに高校生らしい、という時点で設定が崩壊しているわけだが。アホな女子の幼馴染である男子は隣家に住んでおり成績優秀。だからなんで同じ高校に通ってるんだ・・・一応、近くの高校で勉強時間を確保する云々と男子側の言い分はあるが、いや、そうじゃなくてね、アホな子が一緒の学校に合格できた理由が知りたいんですよ・・・。で、この子は別にエロくもないがシモネタもナチュラルに展開。そういう状況の中で、なぜか友人になった女子が振り回されちゃって気の毒という話。幼馴染は振り回されるものの、もう慣れているので扱いはかなり手荒い。また、アホな子の母親が、自分の子に困り果てていて、自身の老後のために幼馴染とくっつけたがっているという設定もあり。とはいえ、困っている割にそこまで強引ではない。という具合に話はいろいろ中途半端。キャラクターも広げるだけ広げつつ、展開に困ったら投入すればいいや的なその場しのぎ感たっぷり。ただバカな子を中軸にすると展開しづらく、バカをエスカレートさせるほかない、という点は苦しく、そこが、妄想の方向性がバカなだけの「姉ログ」と違って厳しいところである。つまらなくはないですが。


【データ】
田口ケンジ (たぐちけんじ)
姉ログ
【初出情報】週刊少年サンデー 2012年42号〜2013年9号 【発行元/発売元】小学館 【レーベル】少年サンデーコミックス 【発行日】2013(平成25)年5月22日初版第1刷発行 【定価】419円+税
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入: amazon→姉ログ 1 (少年サンデーコミックス) , honto→hontoネットストア - 姉ログ 1 靄子姉さんの止まらないモノローグ (少年サンデーコミックス)(1)_田口 ケンジ 少年サンデーコミックス - 本
【公式サイト】
この物語は…妄想が止まらない女子高生・近衛靄子の、モヤッとした日常を描くショートコメディー!! ページ数は短いですが、どうぞ読み逃しなく!!
姉ログ
■当サイトの著者他作品レビュー
田口ケンジ/DCD

【データ】
ヒロユキ
アホガール
【初出情報】週刊少年マガジン 2012年52号〜2013年19号 【発行元/発売元】講談社 【レーベル】講談社コミックス マガジン KCM4871 【発行日】2013(平成25)年5月17日第1刷発行 【定価】429円+税
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★
■購入: amazon→アホガール(1) (アホガール (1)) , honto→hontoネットストア - アホガール 1 (講談社コミックスマガジン)(1)_ヒロユキ - 本
【公式サイト】
マガメガ|週刊少年マガジン|アホガール|作品紹介|講談社コミックプラス
■当サイトの著者他作品レビュー
ヒロユキ/スーパー俺様ラブストーリー
ヒロユキ/マンガ家さんとアシスタントさんと
ヒロユキ/ドージンワーク



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM