Dモーニングを購読してみた。

週刊コミック誌の『モーニング』が電子化ということで月額500円なら試してみようかという気になり、単行本派でマンガ雑誌の継続購読など今世紀になってした覚えがない身ではあるがiPad版アプリをダウンロードしアドオン契約してみた。


・容量はかなり食うが、毎週木曜に最新号をダウンロードすると置き換わるスタイルのようで、なのでライブラリの保存は無理なようだが、容量を際限なく圧迫するということはなさそう。契約期間中のバックナンバーはダウンロードすれば閲覧可能な様子。現在は当該週と、それと前週号のみが可能か。アプリダウンロードしただけの場合はダウンロード後1週間にかぎり前号が無料で見られるという仕組みの様子、なので購読開始したらまずその週と前週は読めるということかな。


・中身だが、広告の類のページはなし。本当は情報告知ページも欲しいがページの柱の部分はそのままあるので雑誌特有の情報満載感はある。目次ページから各作品に飛べる点は便利。過去旧作のピックアップはありがたいと見るか邪魔臭いと見るか。戦略としては正しいと思うが冒頭に置くことはないだろう。かわりに収録されない作品もある(現時点では「バカボンド」と「BILLY BAT」)が、それが1作2作であれば、それしか読まないという人以外にはどうということもないだろう。とりあえず私は全く問題ない。


・で、雑誌を読むのは久々だったのだが、単行本に慣れた身としては、読みづらいことこの上ない。読み切りの話はともかくも、そうでないと、こう、中途半端というか。雑誌というのは読む習慣がつかないと読みづらいものなのだ、ということを確認した。週刊誌って習慣誌なのね。 そういう点で、途切れさせない定期購読というのは有効で、電子版っていうのは雑誌媒体の生き残りには重要かもしれない。契約解除しないかぎりプッシュできるわけで。


・『モーニング・ツー』は無料でも見ようとしなかった者が、『モーニング』は有料なのに購読契約したという事実にも注目していただきたいところ。金払ったら本気になるわけで、やっぱり月に100円でも200円でもとったほうがいい。金払っているからこそ読む習慣がつく。次の号が出たら置き換わる、となればきちんと読もうとするだろう。


・まぁ読み切れなくなったらすぐに解約するという話と裏表ではあるのだけれど、読んでもいない人がずるずる課金だけ続くという状況は後々大量解約に繋がる可能性があるので、アクティブユーザーに絞り込んでタイトに運営していくほうが正しいと思う。←追記:ちょっと話が飛んだね。利益あげるには読まれてなかろうがずるずる課金できるのが売り手としては望ましい。でも課金ユーザーがアクティブかどうか、その割合が把握できていないと継続性のあるビジネスとしては非常に危険。目先の利益を最大化しようとして将来の計画を不可視化することと、目先の利益を確保するのは当然ながら将来の計画も可視化できるようにすることと、どちらが良いか。継続性のあるビジネスでは将来が見えることがリスクヘッジとして大事。なので、アクティブユーザーに絞り込んで、そこで利益を上げるビジネススキームにしていくほうが、計画に甘さがなくてよろしいのでは、というお話でございます。




search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM